暫。
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.04.09 *Sat*

月に笑う 惣一編3 (同人誌)

本日、初めてあにめいとでびゅーしてきました。実を言うと初めてだったんですよねー。
で、場所が分らなかったので、少し前の休みの日に、何処にあるのか場所確認だけしに行ったのですが…。
ああいうおたく的なお店って、もっと一般社会から隔絶されたところに作って欲しいものですよね!?
と、あたくしたちは思ったのですがいかが。

だって…!!行った時間も悪かったけど、なんかリーマンが大量にお茶というかタバコ休憩してるし!!
その目の前にあにめいとの入り口があるし!!
ちょっと勘弁してよーーーーーー!!!!
店に入ってしまったら問題ないけど、入るまでが問題だって…。
右見て、左見て、もう一度右見てそそくさと入る…。
ああ、あたくし達だらけでも同じような行動してますけどね。
あたし達が時々行くだらけは飲み屋街の中にあって、なんというかもう行きづらい…というか生きづらい…orz
あーーー一般人の友達とか会社の人達と入るような飲み屋がすぐ近くにあるぅぅぅううううう
いやあああああ(*益*)
辛い。辛いのよ…

とはいえ、そこで諦めないのがやっぱりおたくなあたくしたちですので。
いや、限定版さえなければいつものおたく本屋で充分ですから。
ちなみにその限定本、しっかりゲットできましたとも!!ひゃっほい!!!
その本の感想についてはまた後日。テンション↑↑↑


ということで!
本日は、購入する時は毎度テンションMAXになる、この本の感想をば。
でも、読後は…。


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.04.07 *Thu*

飴色パラドックス ①

うちのじーさまが何を思ったかチョコを買ってきたのですよ。
それはいい。チョコは大好きだ。だがしかし。
買われたチョコに問題があった。



taberenai.jpg


た…食べられないよっ…( ノД`)


こ…こんなつぶらな瞳で見つめられたら口に運ぶのをためらってしまうじゃないの…。
なんか、ひよこまんじゅうたべる時の心境に近い。

…とおもいっきり悩んでたら、うちの父親と母親は大喜びでガツガツとチョコを食しておりました…おぉう…。
ちなみに左側から…。
ブルドッグ→父上、シバ→万里、プードル→ばーさま、ぶち→母上、みみたれ→おさる
という順番で食しましたとも。ええ結局食べましたよ。親に横から掻っ攫われるくらいなら自分が食す…!!
でもしばらく、ワンコの瞳と見詰め合ったけど…。美味しかったけど…。ええ…美味しかったんだけどね…。



ということで。
本日は、『甘いもの・お菓子』繋がりで、この本の感想をば^^

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.04.03 *Sun*

青空へ飛べ

宴もたけなわの高校野球。
応援している高校は負けてしまったのですが、やはりこの時期はそわそわするものです。

先日ボ部のMと会った時に自分達がかつて高校時代の時に愛でていたBOZU達の話になったんですね。
大体高校の時は爽やかでも、プロに行ったりすると何年かしておっさんみたいになってたりする中で、未だ輝き続ける子を見れば、ちょっと感動が…。
変わることのないあどけなさときらっきらしたフレッシュさというか、可愛らしさというか…。
竜のどのうえ弟がもう本当にぷりちーでねぇ…。永遠の弟って感じなんですが。
同じく竜の選手のお兄ちゃんは完全なるゴリさん(酷)なのに、何故このように育ったのか遺伝子の神秘というか。
でも、似てないっていうところがいいんだよね?
ほらあれだ。不朽の名作すらむだんくのゴリとはるこさんみたいな兄弟関係かと。
大好きだなー。この竜兄弟。凄く好き。
いつまでも兄弟仲良く、麗しいままでいて欲しい…。

ちなみに、兄弟仲良しは見ていて悶えますが、それと同じ位大好きなのが幼馴染でございます。
今、鯉のエースをしているまえだのコン太には、それはそれはかーいらしー幼馴染がいるのでございます。
あたくしたちは彼のことが大好きでございます。
性格きっつい、負けず嫌いでいかにも投手なコン太。
その彼と、小学校の時からずっと一緒だった、優しい捕手のなかたに君。
二人は家も近所の幼馴染。
やんちゃで名の通っていた二人は、犬をペンキで塗りたくったり、悪さを色々したり。いつでも一緒。
野球を始めたのはなかたに君が最初だったけど、それに誘われてコン太も野球を始めることに。

そして、中学で有名チームに入ったコン太。一端二人は違うチームに所属。
しかしそこにいい捕手がいないと知ると、すぐさま別チームに居たなかたに君をコン太が召還。
いやいやいや。これ、簡単なことのようで、有名チームとなると選手の移籍はそう簡単なことじゃありません。
それを成し遂げてしまうなかたに君の懐の深さといったらない。
そしてそのまま野球で有名なぷーえるに二人揃って進学。
一年生の時からマウンドで投げるコン太。ベンチに入れないなかたに君。
同じチームにいるのに、少しずつ立場の離れていく二人。切ない。
あたくしたちはそんななかたに君を常に応援していたのですが…。

だって何か…本当にお母さんって感じなんだもの!
母親のような愛情なんだもの!
きかん坊をあの手この手でなだめすかしつつ、叱咤しつつ、自分の主張もうまいこと通す。
ええ女房です。
試合で、どうしても三振を獲りたいコン太の傍に駆け寄り、

「けんた。三振はいらない。打ちとればいいんだ。」

↑もうね。この言葉ね。あたくしたちの中でのベスト名言に入りますからね。

(´;ω;`)

彼らの最後の夏は忘れもしません。だって目の前で見たもの。
最後の打者はなかたに君だったんですよ。
夏の大会の前に、テレビインタビューを受けた二人がこう言ったんですよ。

コン太「二人でバッテリーを組むのは最後かもしれないから。」
なかたに君「二人でバッテリーを組むのは最後だから。」

コン太の『最後かもしれないから』と、なかたに君の『最後だから』。
語尾の可能性と、断定の言葉の違いがものすごく胸につまる。
小学校の時からずっとずっと凄い選手と言われていたコン太の傍で、彼を誰よりもずっと長く見つめていたなかたに君だからこその実感なんだと思いました。
プロに行く幼馴染と、プロにはいけないであろう自分の実力。
違いをまざまざと見せ付けられて、それでも一緒にし続けるという心理は、果たしてどのようなものなのだろうとずっと考えていたのですが、ここに来てやっと理解した気がします。

最後の打者になった彼は、うずくまったまま動けず、試合が終わった後もそのままだったのですが、コン太の足元でひざまずいて泣いていたなかたに君の姿を忘れることが出来ないんですよ。
あれから何年も経つのにね。
彼が大学で野球を続けてくれていて良かった。
今、4年だけど、どのような形であっても、これからもずっと野球と関わり続けていて欲しいな。
私達の中では、コン太となかたに君は永遠のベストバッテリーなのです。



ということで。
ちょっと長くなりましたが、本日はこの野球に関わる小説の感想をば。

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.03.30 *Wed*

狼さん、そろそろ準備はいいですか

先日、インテいってきましたよ。がんばって朝起きて。
何とか会場に入場したものの、自分達の買いたかった作家さんとかがご来場ではなかったんですよね。
というか春はこの時期は全体的に参加数が少なくて、毎年そんなに購入することはないんですけども。
今回は何と初めてのO冊でしたおおおおお…。

何も買わないのは、何だかパンフレットを買いに来ただけみたいで切なかったので、何かないかなーと周囲を見回していたら、もうどうけんが募金活動をしていたので、そのグッズを購入してよしとしました。
グッズを買ったついでにちょっとワンコを触らせてもらいましたー。
肉きゅうがもう…幸せ…www
私達みたいな人が結構いて、ワンコを触ってにこにこしながら募金をしている人達を沢山みかけました。
ワンコ偉いな…。こうやって募金活動をお手伝いするんだね。

そしてその後、ボ部のメンバーと合流して、いつものおたく本屋&だらけに行って本を買いました。
ボ部のMの「次のブームはこれが来るらしいよ」「弟×兄。弟の方が背が高いっていうね」の言葉にホイホイされて思わず青のえくそしすと1巻を購入しちゃいましたしねー。
そしたらなんか見事に続きが気になってしまって次の日2巻、本日3巻買ってもういっそ普通に大人買いしろよと自分で突っ込んでしまったり。
うぅん…確かにMの言った通りだお!弟×兄ですねわかります。ゆきりんですね。ふむん。
あ、でもシマも好き。ふじょしのツボをよくついてるなーと思ったら作者さん女性でしたね^^
腐腐腐…


ということで、本日はそんな新刊ラッシュの中で購入した、この本の感想をば。


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.03.26 *Sat*

居候には逆らえない

時々利用しているボラ本・同人誌通販サイトさんがあるんですな。
そちらでチャリティみたいなことを色々企画されてて、10枚1万円のCDセットの売り上げを全て義援金として扱うというものなんかがありまして。
何でも150セットが完売。追加生産でさらに150セットって凄い…!
オタクの力ってほんと凄いなってちょっと感動した。
あたくしたちは残念ながらボラCDは聴かないのでこれは購入しなかったのですが、新たな企画としてブックカバーの売り上げ半額を義援金として送るというものが出てたんですね。

あら。ブックカバーならば使用できるじゃない。あたくしたちでもこれならば売り上げに貢献出来そうじゃないか!
…といきり立ち、全身全霊を込めてクリッククリックですよ。
で、出てきたブックカバーの説明と画像が、これ↓

ttp://www.comicomi-studio.com/boys/mainFrameShowInit.do?share_frame_url=contents/bookcover-ivbl/index.html

使えるかァアアアアアアアアア!!!!!!!!!(ちゃぶ台ひっくりかえし)



『IBL』

…って何主張しちゃってんの!?おまっ…!!!!
これは何だ。ブックカバーにブックカバーをしろっていうのか!?
バ カ な … !!

人◕ ‿‿ ◕人 「わけがわからないよ!」

このブックカバーのデザインした人正座。責任者出てこ~~い!!!!
しかも『NO BOY`S LOVE,NO MY LIFE』
みたいな標語とか、何入れちゃってんの!?NO MUSIC,NO LIFE的にかっこよくいっちゃってんの!?
かっこよく言ったところで所詮あたくしたちは日陰者だよ…?
日陰者は日陰者らしくこっそり生きていたいというのに、何よこの仕打ちorz
哀しみの涙と共にブラウザバックしましたよ…。



ということで。
非常に困ったちゃんなブックカバーのお話でしたが、本日は『困ったちゃん』繋がりでこの本の感想をば。
こんな攻、初めて見た…w

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.03.22 *Tue*

ネガティブ君とポジティブ君

ご無沙汰しております。…ご無沙汰と言う程でもないかもしれませんが。
やはりまだ節電しなければいけないので、何日かに分割して少しずつ文字を打ったりしています。
本の感想を書き出すと、どうしても長文になってしまうし、そうするとどうしてもパソを使う時間が長くなってしまうので、まだもうちょっとは不定期更新かな?
その間にも読書はしっかりしてますので(笑)、感想をいつでも書き込めるようにスタンバイしておくことにします。

ところで、日参しているサイトさんがあるのですが、そのうちの一つが真面目なサイトさんでして。
いや!私達も真面目なんですけど!?真面目に熱くボラを語ってるんですけど!!(必死)
そういう真面目ではなくてですね。一般人が観て『真面目だな』と感じる真面目なサイト(…)さんなんですよ。
その世界を極めている…という意味ではおたくっちゃーおたくなんでしょうが。そのサイトさん。
生き物の美しい写真を撮影してらっしゃるんですね。
その方の撮影する写真があまりに美しいので、思わず通ってしまっているのですが、その管理人さんが、地震後にとても素晴らしい言葉を書いてらっしゃったんです。


どんなに傷ついても、弱っても、生物は脱皮をすることによって、生きる道を模索しようとする。
古傷が無くなることはないけれども、脱皮によって再生することが出来る。
再生とは決して全てをリセットすることなのではない。
過去の古傷も辛かったことも全て、自分のものとして取り込み、背負い、そして前へと進んでいく。


というような趣旨のことを。
その管理人さんは数多の生物の生き死にのサイクルをずっと見守ってきた方なのだと思います。
だからこその言葉の重みと、そして見つめてきた生命の力強さと。
ようつべで観た、被災したおじいさんが笑顔で『ま/た/再/建/し/ま/し/ょ/う』と言った言葉に、救われたのは多分、被災した方々だけではない筈。
支援する側の人間も、おじいさんの言葉を聞いてきっと、強くなれる筈。


暫は阪/神/大/震/災の被災者ですが、その時に流されていたCMが忘れられないと、ブラザーが話していました。
残念ながら暫は二人とも忘れていたのですが(苦笑)。
ブラザーが『勇気を貰った。もう一度あのCMを流したらいいのに』と。
CMは本当にシンプルで、道路際の水道に張り紙が貼られていて、そこをただ撮影しているだけなんですね。
おそらく自分も被災したと思われるおじさんの声が繰り返し流れるんですが。
「水、もってってや~」「水、あるよ水~」「水あるけど、生では飲まんといてや~」みたいなことが延々と。
そして最後に画面が切り替わって言葉が映る。

『人/を/救/え/る/の/は、人/し/か/い/な/い。』

再生への道のりは本当に険しいと思います。
募金をしたけれども、決して一時的な送金による自己満足で終わらないように。自分達の肝に銘じないと…!
自分達にも出来ること、模索していきます。



前置きが長くなりましたが、こんな時こそポジティブで前向きな考えでいることが大切だよね…!!
ということで!
本日はこの本の感想をば^^



Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.03.13 *Sun*

皆さん大丈夫でしょうか?

暫は関西在住なので、さほど揺れることはなかったのですが、関東・東北在住の方。北海道・海岸沿いの方々の安否が気遣われます。
このブログには簡単な解析機能がついていて、どの地方から来訪しているのか時々見てみたりするのですが、その中に、今回被災にあった地方の方もおられるわけで…心配でなりません。
関東圏にいる知り合いや親戚には安否の確認をとることが出来て一安心できました。
ですが、テレビや号外を見て、大切な人達の安否確認が出来ない方々の気持ちを思うと胸が引き裂かれそうに辛いです。
なので、正直今、テレビをつけることが出来ません。苦痛です。
ただ、自分達が出来ることはしなければと、わずかながらでも節電であったり、明日以降募金にいこうか…と思っていたら、既にひとり暮らししているブラザーは国/境/な/き/医/師/団に募金したとのこと。
嗚呼…!!いっつもやることめっちゃ遅いブラザーに、こんな一番大事なところでフットワークの軽さに負けてしまった私達って…。
とりあえず、身元がしっかりしてるところにお金を託そうと思います。確実に届くように。
もしもボランティアとかに行くことの出来る距離ならば…と考えたりもしたり。
もどかしい。

ということで、もう少し落ち着くまで、本の感想はお休みしておきます。
こういう時だからこそ、明るくなるような読書感想を書く!…というのも気持ちを明るくする手段の一つではあるのですが、やっぱり被災された人達のことを考えると…。
周りの日参サイトさん達もどうされるか、様子を伺いながら、ぼちぼち再会しようかなーと思っています。
それまでは節電、かな。

少しでも多くの人が、一刻も早く無事に見つかりますように。
| その他 |
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。