暫。 ジンと猫は呼ぶと来ない
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.04.04 *Sun*

ジンと猫は呼ぶと来ない

おかまの日ですね。
本日は厄日でしたよ。ふぅ…。
というのも、まず職場のパソコンが全台!イカれるという寧ろファンタジスターな現象が勃発。
あああああああありえねええええええええ(頭抱え)!!!!!!
更に、やんごとなき理由による本日のみの人員不足の為に、人手が全然まわらず。
挙句、電車が遅れて他の職員が時間通りに会社に来れないという不測の事態。
しかもおさるにはノータッチの業務の発表が何故か振り当てられている…?WHY????なんのこっちゃ。
とどめは冷蔵庫が壊れて、中に入れていたものどもが凄く残念なことに…。
まぁ冷蔵庫に関しては、壊れたのはこれがはじめてじゃなかったんですけどね。
前回故障した時は、『ぶおおおおおおおおお』っていう明らかな異音と共に冷蔵庫の下からしびびびびびびびびっと水が噴射したらしいですからね(対応者談)。今回は静かにお亡くなりになっていたからまだよかったものの。
っていうか冷蔵庫いい加減買い換えろって話ですよねあははん。
業務の発表は適当(…)にやってやりましたよ。だって他の社員、「ちょっとのどが痛いから…」とかいって目ぇ逸らすんだもんよ。こういう時は口で乗り切るのですよ。こうして大人になっていく。汚れた方向に。



ということで。
本日はもやもやデーでしたが、今宵はカップリングに微妙にもやもやがのこる、この本の感想をば。



ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)
(2010/03/29)
SHOOWA

商品詳細を見る




題名:ジンと猫は呼ぶと来ない
作者:SHOOWA
初版:2010.4
発行:芳文社


****************************************

あらすじ:
パリの下町に蠢く情報屋ジンと相棒の殺し屋マリ。
ガキの頃からつるんでいる二人だが、マリはパシリのように扱われていた。
わだかまりを感じながらも側を離れないのは、幼馴染みの腐れ縁ってヤツなのか、それとも…。
気ままな暮らしを危ぶむマリをよそに、ジンが連れ込んだ新しい男は…。
―――超話題作「向日性のとびら」のスピンオフシリーズを収録。

****************************************



向日性のとびらのスピンオフということで、待ってましたSHOOWAさんの最新刊。
これ1冊丸まる表題作の話かと思っていたら、短編集でした。四つのお話から構成されてます。
で、問題なのはこの四話の話の内、気持ちよくカップリングが成立しているのが一つも無い…ということ。
この時点で『カップリングはしっかり固定して』という人や、『明確なハッピーエンドが好き』という人達は先ずふるいに掛けられます。
表題作なんか、お互いがお互いのことを想っているのにくっつかない…というか、両方受体質だから…カップルとして成立しないという、何!このもどかしいカップル!!とじれじれしちまうんですなぁ。
しかも主人公のマリはすげーいい奴なんですよ。だけど幼馴染のジンはなんつーか…マリをないがしろにしすぎだよ。
あっちにふらふらこっちにふらふらして、色々な人に熱を上げてこう、盲目的になってマリをいつも邪険に扱ったりするんですよ。それは、マリが結局自分のことを絶対に見捨てない…というかなんだかんだ言って離れられないって判ってるからなんですけど、マリがいい奴なだけにジンてんめぇええええええって思うことしばしば。
マリ!あんた、こんなジンみたいなロクデモない奴、見捨ててしまえぇえええええそしたらジンも正気に返るわぁああああって思うんだけども、苦労人気質が抜けないマリなんだよね…。単なるMっつーよりもほら、あれだ。
尽くし疲れたM。寧ろ彼の場合のMはママンのMなんだろう多分。
だってさー…この話終わっても、この二人の関係かわんねーんだもんよーうぐうぐ。
まぁ実際、そんな関係はあるだろう。
…でもなぁ…。マリが…。もう少し報われてもいいだろう?って考えてしまうんだけど、性質が二人とも受体質だからしゃーないのか…?つーか新しい話だよねある意味。二人とも受て。
よく、攻×攻っていうのはあるじゃないですか。はい。ごちです。うまうま。
受×受っていうのもあると思います。受受しい二人。だがしかし本当の受受って…。
成立するわけがない。のですよ。なんてことだ!
そう思うと斬新なのかもしれない。…けど釈然としなーい!(-谷-)
マリが好きだから。

っていうか、カップリングとしては成立しなくてもいいから、ジンが思い知ればいいと思うだけなんだよ。
マリが自分にとってどんだけ必要かってこと。
別にフィジカルな関係などなくても、強い絆ってある筈だから、そこは固執しない。
…んだけど、今の二人の関係ではマリの立場が単なるジンにとっては都合のいい人としか思えないんだよぅ…。
ジンとくっつかないなら、髭やちっちゃい子に想われる方がなんぼかマシだ。
マリに幸あれ。


二つ目の話。
四つの話の中でまだカップリングが成立している…んだろうと思われる作品。だが読後感は悪し。
この世界のどろどろがよっく判るだけに、読んでて身につまされたというか…orz
暴力事件で試合に出れなくなるっていうのがねぇ…。先輩痛すぎる。
つか、これが描かれた2007年の少し前って、こういう問題が結構テレビで取り沙汰されたから、その影響もあるんかなぁ?と思った。この人の作品って時々リアルだよね。
カップリングとしては一番成立している方なんだけど、お互いが『好き』と言えていないからね。
カップリングっていうよりも、その事件。先輩がずっと囚われているその事件と、その事件を知っている主人公の子が、その囚われたままの先輩を見守る…といった方が正しいのかもしれない。
先輩は立ち直れるんだろうか。わからない。わからないよ…。


三つ目の話。
まさかのNON Tea Roomのスピンオフ。
つーかこれ…!何これ!NON Tea Roomで出てくる受の僕ちんの過去の話とは思わなかったよ。
しかもアーサーって…。ぐっはぁこいつも過去に囚われたままの男だったのねん。
…まぁ直ぐに忘れることなんてどだい無理な過去ではあるんだけども。
にしてもこの終わりってえええええ。…だからNON Tea Roomに続くんだけど…だけど…。
寧ろこちらの物語が始まりの筈なのに、どうしてか判らないんだけど、この話で『終わり』のような感じがするのは何故なんだろう。
ふと、ナリセコノハラのHOMEを思い出した。
あの話って結局、攻が、愛する受の愛を手に入れる為に、受の過去の思い人(故人)の顔に整形する。というオチ。
対するこの話は、自分の顔(受)が愛する人(攻)の元付き合っていた人(やっぱり故人)とうり二つだということを知る。そしてショックを受け、自分はその人の身代わりだったと思い、顔を変える代わりに黒かった髪をブリーチするというオチ。
やってることは真逆なのに、どちらの話もお互いのことを思っていて、凄く痛いんですよ。
アーサー…。オワタ。本当になんだか、この話の方がNON Tea Roomよりも先な筈なのに…終幕…。
とても不思議な感じの話。
あまりにアーサーに救いが無さ過ぎるので、救済措置を作者にとって欲しいと思うのは私達だけでしょうか。
っていうか今回救われて無い人々が多いなぁ…。
ジンはてんめぇーゴルァって感じ。
でも、アーサーの場合は違うんだよなぁ。アーサーの気持ちはよくわかるんだ。
自分にとってかけがえの無い人が故人になってしまったなら、誰でも愛する人の面影を誰かに探してしまうなんて当然のことだと思う。
そのままで話が進んだら流石にどうかと思うけど、顔は似ててもやっぱり違う人間で愛しい存在なんだって、アーサーが気づきかけてたところでこの仕打ち。テーマ曲はサボ天の花ですよ。
そんなかわいそうなアーサーに救いの手をプリーズ。


で、救いの手をプリーズぅぅぅって思ったところで四つ目のお話。天使。これぞSHOOWA節全開。
この話だけ書店で雑誌たち読んだんだけど、向日性が終わった直後だったから、
「嗚呼…ついにリバウンドがきたか…」ってうっすら笑ってしまった記憶が。
そしてこれも何気に微妙な関係のまま終わるんだけど、もうこの話は話があってないようなものだからなぁ。
人を幸せにしてるはずなのに、どうしてこう釈然としないんでしょう…。
ああ…天使が不特定多数の人といちゃこらしてて、肝心の主人公とは精神面だけでやっと分かり合えたというオチだからですか。いや、そういうわけではない筈だ…。






恋のよかん。


いよかん。


いい予感…。







恋の羊羹と言ったのは新井理恵。




【勝手に評価】
何か釈然としない度:★★★★★(このもやもや感…)
B L度:★★★
総  合:★★★☆



話の構成自体はとても上手いしSHOOWAさんだーって思うんだけど。このもやっと感。
しかし期待を裏切らないのは著者近影。絶対う○こで来るよね…?って思ったらキターー!!!
しかもクワトロて。クワトロう○こて。
クワトロなんて…某ピザでしか目にしたことが無かったですよ!






スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。