暫。 是 ⑤~⑧
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.03.25 *Thu*

是 ⑤~⑧

職場のメンバーで飲みにいった。面接担当の人が
「イケメン、とったよ!身長180以上のモテ身長!シュッとした感じ。」
それを聞いた女性陣がいつもの如く浮き足立つ。
「その子見たかもしれない!!この間面接に来てた子?確かにイケメンやったー!!!よっしゃーーー!!!!」
そんな吠えまくる女性陣を見て面接担当者が一言。
「でもね…その子…なんと…18歳。」
女性陣一同、

「Shit…!若いわ…子供やんけ…。あーーーあーーーーあーーーーーーー大人のイケメンこーへんかなぁーーーーーぁーーーーー」

と、舌打ちしてあまつさえ鼻もほじり出しそうな感じだった…。女って怖いね…。
そこへ天の一声。

「あ、でもね。25歳の人も採用したよー。」

女性陣の瞳、キラキラ。
「まーーーーーじでーーーーーーーーぇ!!!!!○○さんGJ!!!!!!どんな人どんな人!?イケメン!?」

面接者「でもねぇ。女の子。」
女性陣「ちっ…女かよ…!」

…ほんと…即物的っつーか…うん…うちの職場ってね…ほんといい職場だよ…(遠い目)。
欲望に忠実っつーかね。



ということで。
割と欲望に忠実な人々(っつーか人外)が出てくる、この本の前回の感想の続きをば。



是-ZE- 5 (ディアプラスコミックス)是-ZE- 5 (ディアプラスコミックス)
(2007/06/30)
志水 ゆき

商品詳細を見る





題名:是 -ZE-
作者:志水ゆき
初版:2007.7/2008.1/2008.11/2009.8
発行:新書館


****************************************

あらすじ:
この野蛮で卑猥で下品な男に、私は跪き懇願する。
生きるために。主人の死で、神としての死『白紙』になるはずだった紙様守夜。
しかし彼はそれを拒み、新たな主人になってもらうべく、一族を離れて生きる隆成を訪ねる。
だが、隆成は、言霊を使うことも、守夜の存在も拒み……。
完璧な紙と歪な人間の絆を描く、守夜と隆成篇、開幕!!

****************************************



さて後半戦。
突然思ったんだけど、題名が『是』っていうのはどーゆーこっちゃ?ということですな。
何に対しての『是』っていうか肯定なんだろうって考えてたんですけど、これって紙様の彼らにとったら主の言霊師はそれこそ神様に等しい存在で、彼らが言う言葉に対して否定は出来ない。応える言葉は『是』っていうことかな?と。
『かみさま』って言うのに人に支配されてるのねん。
そして支配している筈の人も、翻弄されてるというかわっきー(和記:紙様製作者)の手の上というか。
でもこの是っていう題名はナイスだと思う。そしてタイトルロゴも秀逸。あれね、大/河/ドラマみたいでお気に入り。

そして5巻!俺達のターンだぜ!!
はい。判りやすいですねー。もうね、ビジュアルから言ってあたくしたちの一番好みの組み合わせっていうのはわかるかと思いますよ。強い男×強い男。素晴らしい。
この作者さんって、前半を読む限りでは可愛らしいとか楚々とした受が好きなんかなーって思ってたんですが、ここにきてまさかこんな組み合わせが来るとは。ぶらぼー。
5巻を買いながら、『恐らくこいつ(黒髪)が受だろう…』と推測しつつ、でもあまり体格差無いしうぅん…最終的にはどっちなんだろうと考えながら読んだら的中しておってようござんした。
そして物語の構成も、巻が進む毎に深みが増しているように思われます。
3、4巻の玄間と氷見の話も良かったんだけど、5~8巻の登場人物達は恋愛以外の要素…重い過去であったりとかがより効果的にストーリーに組み込まれているような。
要するにですね。言霊師の隆成(受)は自分が言霊師っていうのをよく理解していなかった昔、口げんかした母親に向かって言っちゃうんですよ。「死んじまえ」って。
普通は死なないよね。そう簡単にはね。でも彼の場合は違っていて、言霊を使った初めての人殺しを実の母親で経験してしまったんです。ハードだ。
だから隆成は二度と言霊は使わないし、言霊を使わないから紙様もいらないって決めてたんだけど、そこへ押しかけ女房のように転がり込んできた紙様守夜。
この守夜も一筋縄ではいかないヤツでして、過去の主がまぁ一言で言うとろくでなしって輩で、つまりは主運が無かったんですね。挙句その主が死んじゃって、主のいなくなった紙様は白紙…つまり死ぬ運命だ…なーんてわっきーに言われちゃう。
「いやじゃいやじゃーー!!じゃあ自分で主探したる!だから死ぬのはいややー!」←何故関西弁。
とだだこねまくって、転がり込んだ先が隆成だった。ちゃんちゃん♪という話ですな。
でも隆成は先に述べた通りトラウマがあるから、もう絶対に言霊は使わないし紙様も不要と言い張る始末。
わっきーに「上手く隆成を落とさないとお前、死んじゃうでぇ」みたいに言われて必死に守夜は立ち回ります。
だがしかし。自分のせいで親の命を奪ってしまったという事実があまりに重い為、どうしても隆成は首をたてに振ってくれないんだよねー。
だけどまぁ事件勃発しちゃうのが漫画界の理でして。
自分の中の禁忌を犯して、言霊を使ってしまった隆成。
なんつーか、当初想像していたのはもっとこう、母親を死においやった言霊をもっとプラスなことで使うことによってトラウマを克服し、守夜と一緒に手に手をとりあってステップアップ★共に人生歩もうぜ★
…っていうような生産的なものだと思ってたんですよ。
なになに?生産的?生産されてるのはあたくしたちの妄想力だって?何も聞こえないな!
さて話が戻って、ところがどっこい。
隆成はプラスどころか言霊で再び人を殺すという荒療治(!!)によって言霊を克服(?)したのです。
っつーか当初は言霊で人を殺してその逆凪で自分も死ぬ予定だったみたいですが、そうはいかないわけでして。
守夜が「たとえどんな罪を犯しても私はあなたを許します」って言うんですねぇ。
ま…まさか。二人で共にホップステップジャンプ★どころか、共に二人で堕ちるところまで堕ちよう死ぬときは一緒だ★みたいなそんなオチならぬ堕ちだとはおもいませんでしたよヤラレター。
まぁでもね。隆成は許されたかったんだよね。

さて7巻からはまたメインカプが代わるわけなんですが、この二人がね。
ビジュアル的には一見ショタちっくなので読む前は「んん~…?読めるかなぁ…」と疑問だったんですが、無用の心配でしたな。
以外にこの話が一番好きかも。ストーリーとしては一番上手く出来てる気がする。
つか、この二人。近衛と琴葉ってカップリングっていうよりもなんか近衛が保護者って感じで親子みたい。
間違いなく近衛が一番普通の感覚を持った人間(紙だけど)なんだけども、そういう一般常識を持った人間はわっきーにとったら格好の獲物なのねん。可哀相にね。近衛。
しかし、いい加減わっきーの相手が気になるんですが。全く今まで出てきたことのない人物なのか、それともウワサに名高い力一さんでしょうか。
力一だったらなんとなくこのわっきーの態度も納得できるんだけどねー。
だって力一、もう鬼籍に入ってるもの。わっきー傷心のあまりゆがんだ性格に。あ、これ勝手な妄想ですんで。
そうだったらいいなーみたいな。でもさ、力一って皆に思われてるっぽくないですか。
しかも力一ってちょっと強そうな名前だしな。これで病弱な女男みたいだったらどうしよう。いやどうもしないけど。
ただおれたちの萌えバロメーターがぐぐんっと下がるだけさ★
お話早くかいてくれませんかね先生。力一の。っつーかわっきーの。
ま、最後の方だとは思いますが。とりあえず4月に出る最新刊をおとなしく待とうと思います。






私が許します!


たとえどんな罪を犯しても 私は貴方を許します!


過ちだと言われても 私が貴方を許す!


貴方は悪くない!


貴方の所為じゃない


他の人間が! 貴方自身でさえ自分を許せなくても


私だけが貴方を許すから……!


だから生きなさい!!


私を使いなさい!!







【勝手に評価】
三刀家の血筋断絶度:★★★★★(皆が皆紙とばっかいちゃこらしてたらねww)
B L度:★★★★☆
総  合:★★★★☆



今後は力一兄さんの登場如何によって評価が変わりそうだなー。でも亡くなった人を想うっていうつながりで言えば、坂の上の魔法使いが素晴らしいので、あれを上回る内容というのは難しいかなあ。あれはもうドンピシャ。
これで力一兄さんの登場がかすりもしなかったらもう泣く。








スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。