暫。 永遠のボーイフレンド
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.02.07 *Sun*

永遠のボーイフレンド

知り合いにおねい様キャラのお方♂(ようするにおかまちゃん)がおります。
まあ、見た目はガチムチ(*益*)なんですね。
もう…お世辞にも美しいv…というような人ではないんですが、つーかどう見ても♂なんですが、いっつもその人からは石鹸のよいかほりがしてるんですね。さぼんのかほり。
そして、動きが凄く可愛い。くねくね。
そんな方と話をしていた時のこと。

おねいさん「あのねぇ。○○さん(厘刈りの♂。やっぱりガチムチ。)ってねぇ。どーこかで会った気がするのよねぇ~。」
おさる「でも、会うところって限られてません?」
おねいさん「そうなのよぉ~。一瞬、バーのママかと思ったんだけどぉ~。それも違うしぃ~?」
おさる「バーのママは普通厘刈りじゃないと思います(きっぱり)。」
おねいさん「えぇ~いるわよぉ~~。ま、私が行くところは特殊だけどぉ。」

・・・。



凄くいい人なんですよ。人気者。底抜けに明るい感じが、凄く愛されキャラ。



と、いうことで。
本日は、そんな素敵におねいさんキャラが主人公のこのお話の感想をば。



麗人セレクション 永遠のボーイフレンド (バンブー・コミックス 麗人セレクション)麗人セレクション 永遠のボーイフレンド (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2010/01/27)
吉池 マスコ

商品詳細を見る




題名:永遠のボーイフレンド
作者:吉池マスコ
初版:2010.2
発行:竹書房


****************************************

あらすじ:
繁華街で小さな花屋を営む、顔はゴツいけど、心はオトメなみちる姉さん。
惚れっぽくて、世話好きな彼女(?)を慕って今日もたくさんの人々が店を訪れる。
店のバイトくんの先輩・克彦もその一人で毎日店に顔を出しては、みちるに憎まれ口をたたいて帰っていく。
克彦を見ているとなぜか懐かしい気持ちになる、みちるだったが…!?
みちる姉さんの切ない恋を描いた表題作他、麗人本誌で大好評を博した心優しきオネエのみちるさんシリーズが遂にコミックス化☆
ツンデレ塾講師と大学生のぎこちない恋愛シリーズ作品と描き下ろしを収録した最新コミックス!!

****************************************



や ら れ た ・・・ !



うわあああああああああ早くも今月一押しコミックになってしまったかもしれん。
や、この人の本って結構持ってる方だとは思うんだけども、今回のはやられた…。いい意味で裏切られた。
そうだよ。『永遠の』なんだよ。
そこを深く考えずに購入した私達が浅はかだったんだ…。

この漫画、大きく2作が収録されていて、前半は表題作を含むみちるさんというガチムチおねいさんキャラと、彼女を取り巻く人々の恋愛模様悲喜こもごも。後半はいつものマスコ節なんですけども。
この前半三作。
みちるさん…!!

不覚にも涙がほろり。夜中に読んで枕濡らしそうになった。つか心が弱い時によんじゃダメだこれ。

切ないんだよ。すっごい切ないんだよ。
基本はコメディなんだよ。いつものようなマスコ節なんだけど…もうみちるさんが…みちるさんがァアアアアア(半狂乱)!!!!!
みちるさんは花屋さんをやってるんだけど、女だけど男手つーかおかま手一つで孤児の比呂樹を20年間育てます。
その愛息子が「紹介したい人がいる」っていう。
胃をキリキリ痛めるみちるさん。
でも、自分のいとしい息子が選んだ人ならば、同じように素敵な女性だと思いながら祝福する気持ちで受け止めようと思っていたその眼前に現れたのは、お・と・こ。
しかも学校の担任だよ。そりゃポカーンだよ。
普通でも反対するだろうけど、みちるさんは自分がおかまで苦労してきたから、そんなしんどさをかわいい息子に味わわせたくなくて、そりゃー猛反対するわけですよ。乙女なみちるさんがまるでレスラーのように筋肉ムッキムキにして大反対ですよ。

でもね…。

みちるさんは結局、このにっくき先生に「よろしくお願いします」って頭を下げるんだよね。
そのページのみちるさんの顔のコマが…!
吉池さんの絵って、線が基本ざつ目というか、時々読んでてきちゃねーな(苦笑)って思うんですけど、
もうこのコマは…そのざっくり感が逆に効果的に胸に迫ってくるんだよ…。
それまで比較的に淡々とコメディもえろも交えて進んできたのに、もういっきなりなんですよ。
それがまたみちるさんが、今までこらえていたものを一度に溢れさせたようで、もうほんとうにほろりとくる。
大切に守ってきたものを手放さなければならなくなる瞬間…。うっうっ…。

二話目は、1話目からちょっと引きずってる傷心のみちるさんの仕事場へ、新しくやってきたバイトの子のお話。
この話ではみちるさんはめんどうみのいいおねいさんとして活躍するんですよね。
なんだかんだいいながら世話をやくのが大好きなみちるさん。

三話目。表題作。

うっ…。あかん。なみだ目になる。
しかしすっごい泣ける話なのに、ところどころにちりばめられているギャグがハイクオリティ過ぎて泣いたり笑いころげたり大変ですお。
まあ、この話はみちるさんの過去が描かれるんですが。
純愛。なんだよね。
大好きだったけんちゃんと離れ離れになってしまい、再会できるかもしれない…。
なのに、約束の日に彼は来なかった。そのまま彼は…。
題名の『永遠の』という言葉は結構重い言葉です。
歳を重ねた彼の姿が描かれていないというのも示唆的。みちるさんの中で、けんちゃんの時は止まってるんですよね。
彼とのことはとても切なくて、辛い思い出なんだけどもそれ以上に喜びをもたらしてくれた存在であり、とても綺麗なもの。だから、心の中の一番美しいところに住まっている。
だから、話を聞いた時に涙が出なかったんでしょう。時が止まって永遠になったのなら。

お願いだぁ…みちるさん。命が尽きて天国へ逝く前に、この現世でも幸せになってくれぇ…。
っていうか、かつひこ!!!おめー幸せにしろよっ!!!!!みちるさん泣かせたらもう承知しないんだからコイツ!
「俺らにはブス好きデブ専の遺伝子情報が刷り込んであって加えて俺には枯れ専の傾向も…」
ブス好きデブ専枯れ専上等ー!おーいえー!!!!
それでみちるさんが幸せになるならヨシ。

しかしそれにしても、えろがやはりどぎついんですよね。
私達の中では、えろのコ/ー/キ/ュ/ー/ト/スには語シスコが鎮座ましましてて(一冊だけ持ってるんだけど、あまりに激しすぎて通読出来てない…エッセイは好きなのに…)、そのちょっと上?らへんに阿仁谷ユイジあたりと一緒に仲良くいそうな感じ。
だからこのえろが無理…っていうのだったらお勧めできないんだよね。私達も正直、初めてこの人の漫画を読んだ時はうっ…ってなった。でも慣れたけど(笑)。だってバンブーだもの。だって麗人だもの。相○み●をっぽく言ってみた。
でもこのお話はなんだかえろが無理だったらそのページすっとばしてもいいから読んで欲しい切なさてんこもり。
ドライアイな貴方にお勧め★







大事に育ててきたのよ 


一生守ってやるって!!


あの子を泣かせたら


不幸にしたら


許さないんだから~~~!!







【勝手に評価】
思わず涙ほろり度:★★★★★
BL度:★★★★(あくまで吉池マスコの作品の中では、という評価。注意してね。)
総 合:★★★★☆(表題作は間違いなく★五つなんだけど、その後の話は普段のマスコ節ということでこの評価。)





スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。