暫。 赤と黒
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.02.20 *Sun*

赤と黒

先日がんつ観にいってきましたよがんつ。黒い玉っころ。
原作途中までしか読んでないから、そこまで原作に入れ込まずに映画を観れるかなーと思って。
あとは主演二人がどんな感じなのかな?とか。
そしたら、原作を少しは読んでる筈なのに、話の内容の覚えてなさっぷりに自分達の記憶だいじょうぶかー?とそんなことばかり心配してました^^
そもそも、あたくしたちはくろのけい=まつけん演じるオールバックのかとうだと当初思ってましたからね^^
で、ニノ氏が演じてるくろのがかとうかと勘違いをしていたり。
でもうすうす覚えてる内容を思い出してみたら、かとうのが身長高かったし、なんか人間的にしっかりしてる感があったし、そう考えるとやっぱりかとうはまつけんか。
ごめんね、ニノ氏^^いや、凄くあってたけど^^

ぐろいんだろうなー…と思って、ある程度の覚悟はしてたんですけども、戦いの時の画面というか色調補正が暗目にしてあったので、スプラッターな場面も血の色が黒だったので、まだ観れました。
にしても…。ざっくざくばったばったと人が死ぬ話よのう…。
だって前後編なのに、まつけんは前編で(一応)強制退場だし。まぁ原作に沿ってるんだろうけども。

それにしても話の内容云々はおいといて、最後の最後に出てくる予告編みたいな映像で、いきなりymdが出てきてびっくりしたお^^
他にもなんか知った顔がいたお^^ワルっぽい側で^^鴉零だがな!
後編ymdがどんな風にからんでくるのか楽しみですー。

ほんっとどーでもいいことなんですけど、くろのに想いを寄せる同級生の女の子こじまさんが、自分の描いてる漫画をくろのに見せるっていう場面が…観ててとっても居たたまれなかったorz
これ完全に痛い人やがな…!!ダメ!絶対!!!
それをして許されるのは小中学生までです!
…ほんとどーでもいいことですけどね…。

さて、これまだ原作続いてますけど、どうなるんだろうな映画の方は。
前編の引きが凄く気になってしょうがないので、多分観にいきますけど。
えすぺーの革命編も観にいかないといけないし、あとちょっと気になってるのは漫才ぎゃんぐ。
予告編観たら、明らかにゆーすけが突っ込み側なんだけど、素顔はボケ側なのにね…。



ということで。
がんつは黒い玉ですが、本日は黒だけでなく赤もある、この本の感想をば。




赤と黒赤と黒
(2007/03/28)
松岡 なつき

商品詳細を見る




題名:リンゴに蜂蜜
作者:松岡なつき
挿絵:佳嶋
初版:2007.3
発行:宙出版


*****************************************

あらすじ:
では、カズキを賭けないか? 美貌の亡命大公×日本人留学生。20世紀初頭のヨーロッパ。
官費留学生の篠崎和樹が地中海に面した小国の高級カジノで出会った菫色の瞳の若き大公イリヤ。
イリヤに挑まれた勝負に、その身を賭ける和樹の運命は。
運命のルーレットが回り始める。赤か、それとも黒か。
祖国を離れたふたりの駆け引きと甘いロマンス。しかし、身分の違いがふたりを……。
松岡なつきの華麗なるヒストリカルロマンスの幕が、再び上がる。

*****************************************


印象的な表紙ですよねー。
このイメージが強すぎて、本を読んでる時もこのキャラクターが頭の中で動いてました(笑)。

さて。松岡さんといったら外国というイメージがございます。
今回もばっちり外国でございますよ。
主人公の和樹は語学が堪能で、M国(と書かれてるけどイメージ的にヨーロッパあたり)に留学してるんですな。
和樹のM国での後見人である父親の親友の葛城子爵に、ある日賭博場に連れて行かれてしまうというね。
単なる遊びのはずだったのに、だんだんのめりこんでいたところ、見目麗しくやんごとなき身分の人に個室へと呼び出されて…。
おお!これがハーレクインってやつですね?なるほろなるほろ。
その美しい人の名前はイリヤといいまして、彼はなんと色盲だったのですね。白黒でしか世界が見えない。
だけど、その彼が和樹の瞳の色だけは一瞬、モノトーンとは違う色が見えたのだと思うわけです。
おぉ…!!ハーレクインですねっ…!!いい展開です^^
で、イリヤさんは勝負を和樹に挑むんですが、その賭けに見事勝つわけです。
その賭けというのが…和樹の体の一部に値段をつけ、掛け金の代わりにするというもの。
もし賭けに負けたらその体の一部はイリヤのものになる。

…ぐっっはぁあああああ!!!!そんなっっ…みえみえの展開ィ~はらたいらさんじゃなくても皆が答えられる展開じゃないですかww

展開は皆さんが想像する通り、ハーレクインといいますかボラ的展開になっていくわけでして。
和樹はイリヤにぱっくりといかれてしまうんですねぇ~うんうん。
これはイリヤの執念というべきなのか、はたまた和樹の運が悪すぎただけなのか、それとも物語の中のボラ神様が空気を読んだのか(笑)。
そんなたびたび二分の一の確率なのに黒ばっかり入るってどうやねん!…と。
ま、そういうことは脇にちょちょっとおいといてですね。
イリヤはやんごとなき身分の人で、しかも跡継ぎなもんですから、段々惚れていってしまう和樹には分が悪いわけで。
イリヤを狙う美しい(けど性格わろしな)お姉さま方も登場なんかしたりしてね。

でも、紆余曲折ありつつも、松岡さんが書く作品は王道が多くて、後口がいいものが殆どなんですよね。
ただ、物語の雰囲気的にわざとそうしてるんだろうけども、結構お話が淡々と進んでいきます。
センターコートとかはスポーツものというのもあって、手に汗握る展開多々あって、凄い勢いで読んでしまった記憶が。
対するこのお話はするするとストーリーが進んでいくので、疲れた通勤時間での読書本には若干向かなかったかもしれません(笑)。
挿絵が無いのは電車読書向きですけどね!本当にこれは重要ですよ?

淡々と、温度が低いラインで進んでいくので、電車のゆれとともにうつらうつらしてしまって、中々読み進まなかった^^
でも、ハーレクイン的な内容としては十分楽しめました!
安心な展開の話を読みたい時。
どんぱち激しい描写の物語だったり、登場人物がやたら多い話を読んだ後にこの本を手にとったら安心するかもしれない。
登場人物の簡潔さもよくて、何も考えずに読みたい時にはもってこいです。





出会う。出会わない。


どこかを好きになる。まったく何とも思わない。


恋にはめぐり合わせがつきものだ。


そして、ここぞと思う機会を捉えたら、自分の全て、何もかもを賭けなければならない。


その結果は二つに一つ。


ルーレットでいう『偶数と奇数』、『前半と後半』、そして、誰もが知っている、あの『赤と黒』のように。





ところでイリヤの本名長いね(笑)



【勝手に評価】
赤と黒だけど白黒つきました度:★★★★★
(うまいこと言えたと自分で思うので誰か座布団下さい・失笑)
B L度:★★★
(えろすな描写はあるんだけど、なんか温度が低くというか、さらっと感じるというか。)
総  合:★★★☆


★3.5~3.8くらいかな?
やっぱりセンターコートの躍動感が好きなので。
でも、これは個人の好みだと思うなあ。
センターコートが動だとしたら、こちらは静という対照的な物語なので。


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。