暫。 リンゴに蜂蜜
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.02.18 *Fri*

リンゴに蜂蜜

ネットをふらついていたら、『検/索/し/て/は/い/け/な/い/言/葉』というものがある…ということを偶然しりまして。
まあ、そのまんまなんですけどね。
要するにぐぐ先生にお世話になって、その言葉を検索すると、どえらいもんに行き着くよ?っていう『さわるな危険』的な言葉達のことらしいんですが。そんなものがあったんだねぇ。しみじみ。
で、その検索がタブーとされている言葉一覧が書かれているページには、直ぐにその危険なページには行かないのでまぁ安心なんですけども。
その言葉と、言葉を説明する文章が出てくるんですけど、読んでたら鬱になるというか…。胸悪くなるというか…。
つか、なんでそんなもんが普通に見れるようになってるんだよ!?おかしくね!?と突っ込みたくなるようなものありけり。
だめだわ~グロ系はダメだわ~…。絶対にムリ。
でも、それを実際に観た人の感想は凄く気になるのが人間の心理というか、野次馬根性。
なもんで、感想とかをちらちら探してみたら、みんな…よく見ましたねというか見れましたね…?と思ってしまう。

で、ですよ。
検索タブーな言葉で必ずトップらへんにあがってくるとある動画の感想を見てみようと思い、ようつべさんに行ってみたんですな。
んで、動画は見ずに下に出てくる感想だけを読んで退散しようとしたわけです。見るつもりなんてさらさらあるわけでも無く。
そしたらいつも言うことを聞かずに動画の読み込みも遅いうちのぱっそーがですね。
何故か本日に限り超活動的に処理能力を発揮しやがってですね。
よりにもよってだな…!
その題名をクリックした瞬間に動画がはじまりやがったわけですよ…!
おまっっっ!!!
いっつもいっつも見たい動画の時は読み込むまでに5分はかかるようなダメパソのくせに…!!!
たまにいい仕事したと思ったらこれかよ…!!!
大慌てでものの2、3秒でブラウザバックしたともさ…!!こちとらネズミの心臓だよ今…!!!超早打ち。頻脈頻脈。
なんかちょっとだけ見ちゃったしな…。少し肺に入った…そんな感じ?
あーーーー心臓に悪かった…。絶対に見たくなかったからギリギリ間に合ってよかったよ…。
なんでも4秒目くらいから危険な映像が始まるらしかったから本当にギリセーーーーフ!!!!
あーでもほんとにちょっとだけ見てしまったorzorzorz

やだやだ。というかようつべでしらべなければよかったんですけども、まさかそんな危険な動画が直ぐに見れるようになってるとは思わなかったんだよ…。うかつだった。
せめてワンクッション…。
未だ心臓がとっとっとっとっ…ってすごい速さで鳴っておる…。
おれたちのライフは限りなくゼロに近いわ!!



…こんな恐ろしいものを見てしまった日には、心のライフゲージを一気にMAXまでに引き上げてくれるような漫画乃し小説の感想にしないとやってらんねーぜ…!

ということで、本日は待ちに待ったこの方の新刊の感想をば!
本当は違う本にしようと思ったんだけど、急遽こちらに変更(苦笑)。




リンゴに蜂蜜 (MARBLE COMICS)リンゴに蜂蜜 (MARBLE COMICS)
(2011/02/20)
秀 良子

商品詳細を見る




題名:リンゴに蜂蜜
作者:秀良子
初版:2011.3
発行:東京漫画社


*****************************************

あらすじ:
松田夏樹・大学2年生…ゲイ。
付き合っている男に突然結婚すると言われ、年下の男に唐突に「カレー部入んない?」と誘われた。
寂しさも哀しみもカレーが大好きなアイツが現れてから少しずつ幸せへと形を変えていく――。
すごく甘くてちょっぴり可笑しいコマノ&夏樹シリーズほか10年振りに訪ねてきた同級生とのひと夏を描いた『世界の終わりのなつもよう』を収録。
コマノと夏樹のラブな描き下ろしも収めた極上の逸品v

*****************************************


秀良子ワールド全開でした^^
この方の描くお話って、ほんと独特というか。内容というよりも空気感…雰囲気を楽しむのが醍醐味だなぁ…なんて思うんですが、いかがでしょう?
全体的にまたーりとしてぼやかした感じ…言葉ではなく、感覚で悟るようなお話達なので、この空気感自体が苦手な人には楽しめないかもしれないとは思ったりもしました。
私達は大好きなんですけどね!この、言葉ではなく行間を読むような、あえて言葉が足らないからこそ想像の余地があるようなストーリーが。

この人の作品を表すなぁ…と思うのが、まぁあたくしたちだけかもしれないですけども『こういう内容だから面白かった!!』という風にはっきりとした感想を書きにくいと感じるところですかね。
単に語彙が足らないだけという説もありますが!でもそれは自分達が悲しくなるだけなので(ごにょごにょ…)、おいといて。
つまりは、『面白い!素敵なお話だ!!』と感じたことを伝えることは出来ても、その『良い』と思った理由を明確に書きにくいんですよ。だから人に勧めるとしたら『ここがこう面白かったから読んで!』というよりは『兎に角良かったから読んでみて!』…というぼやけた言い方にしかならないのが恨めしいorz

でも!
この方の本が売れて欲しい(笑)ので、頑張って感想を言葉にしてみようと思います。
ま、ここで書いたとて…売り上げに左右されるかとなったらそうではないけどね。気持ちです気持ち。
こういうのはハートの問題ですよ。おれたちの熱いソウル(プ)を感じてもらえればね。


お話は二つ収録されています。
最初に表題作2編と、『世界の終わりのなつもよう』3編、最後に表題作の番外編という収録内容です。
これ…皆さんは読んでどう思ったんでしょうか?
私達は、『世界の終わり~』の主人公カプが、最初に収録されている表題作に登場する、受の夏樹が子供の頃に、夏の海で見たゲイのカップルだと思ったんですが…。
そのカプは後ろ姿しか描かれてないんですが、何となく二人のたたずまいと髪型が似ていたのと、あと中扉のカラー絵が明らかに海に行く格好をした『世界の終わり~』の二人だったから、そう思ったんですが。

何故そんなに気になるのかといったら、この一冊を通した中で、一番印象に残ったシーンが、パラソルの下でくつろぐ後姿だけしか出てこない二人の場面だったからなんですよ。
その二人を後ろから目の当たりにしてしまったまだ小さい夏樹だったんですけども。
このシーンが本当に印象的。
夏樹の回想シーンは言葉どころか効果音、モノローグすらも入らない。
だけど、映画のワンシーンのように美しいと思ってしまう。
このシーンがあまりに印象的で、やっぱり旧題の『渚の青いパラソル』でもよかったのにな~とちょっと残念~。

後半に入っている『世界の終わり~』は、一歩間違ったら電波さんに間違えられちゃうYO★っていう始まりなんです。
高木という青年が、いきなり何年も会ってなかった同級生宮脇の家に突然押しかけていき、
「ずっと好きだったんです!世界が終わる前にもう一度会いたくて」
なーんて告白をする…そんなびっくりさんなオープニング。
ま。普通だったら「ヤンキーゴーホーム!!」って追い返すところなんですが、電波とは程遠い真摯でまっすぐな高木の気持ちに、宮脇は段々とほだされていくんですなぁ。
登場人物達が『ここで恋に落ちたんだな』と明確に描かれているようなシーンや大きな山場があるわけではありません。
起承転結の『転』が無いといえばいいのかな?
だからといってそれで不完全というわけではないんですね。

相手を『ああ。好きだなぁ…』とか『愛しいなぁ…』と感じる気持ち。

それがまるで、岸辺にひたひたと繰り返し打ち寄せる波のようなんですね。
その波が砂浜に、静かに沁み込んでいく…。
海水は吸い込まれてなくなってしまうのだけど、打ち寄せる波は永遠に繰り返される―…。
沁み込んだ分だけ、愛が重なって重みを増してくるようなイメージかも。
そうして、高木の胸の内に想いが重なり続けたまま眠っていたところ、たまたまテレビで見た『今年の12月に人類が滅亡する。人類最後の日にあなたならどう過ごすか?』というテロップに、目を奪われるんですね。

『1位が大切な人と過ごす』

この言葉がきっかけになったんですね。想いを発露する為の。
対する、押し掛けられてきた宮脇は、当然最初は迷惑千万^^
…なんだけど、ひたひたと押し寄せる高木の想いに少しずつ心が動いていくんですねぇ。
宮脇は、実は小説を書くのが好きだったんですが、はっきりとは書かれてないけれどもその想いにずっと囚われたまま、社会人になっても怠惰な生活を送っているみたいです(と、ここでも言葉を濁して書いてみる・笑)。
過去の想いに囚われているのは高木も宮脇も同じだったわけなんですよね。
でも、宮脇は高木に出会うことで、過去と同じところでずっと立ち止まってたらいけないんだって気づく。

最後の二人がどうなるかは、読んでみてください。
ぼんやりっちゃーぼんやりなんだけども、もしも私達が思ったように、『リンゴに蜂蜜』の世界にリンクしているのならば、世界はやっぱり滅亡しなくて、未来も彼らの世界もずっと続いていくんだってこと。
そう思ったら、凄く幸せ。
言葉にせずに、意図的に空気だけでそう読ませることが出来るんだから、やっぱり凄いなぁって思ったのでした。






ありがとな


会いに来てくれて


ごめんな


お前の好きなやつに会わせてやれなくてさ






…それにしても。
宮脇がメタボっていう設定にワロタwww
ですよねー!こんな怠惰な生活送ってたら絶対にメタボになりますよねーですよねー!!
にしてもこの宮脇の下腹ぽってりな質感が半端なくリアル^^
対する高木は細マッチョでお洒落ボクサーパンツっていうあたりがうんうん、ぽいぽいvと思ったり。
あと、こまごまとしたところに秀良子さん的笑いというかツボが。
魔女宅とか^^本編じゃないけどまるでかるしふぁーのような作者さんの姿(カバー裏)withガンダーラ(笑)
ガンダーラを歌うとは…なかなかの手練ですな^^


【勝手に評価】
いのうえようすいっぽい度:★★★★★
(しょうねんじだいの歌詞がしっくりくる。わたしのこころはなつもよう~♪)
B L度:★★☆(書き下ろし番外編で頑張ってはった^^いや、カプではなく作者さんが^^)
総  合:★★★★☆


前作『イケメン君~』と比較すると、より一般受けするとしたら前作の方かな??明確さ、と言ったら。
…うーんでもやっぱり同じような感じかな~?
帯には『君に甘い甘い好きをあげる。』とあるけど、ちょっとイメージではないかも?
もうがっつり描写には飽きたのよ!とんこつ背脂こってりは食べ飽きた!
胃に優しくておなかじんわりなおじやが食べたいの!
そんな方は是非。…どんな薦め方…。
でも、お米は基本の食糧なんだぜ…!


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。