暫。 薔薇の血族
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.01.25 *Tue*

薔薇の血族

少し前なのですが、家族でランチに行ったんですね。
食事が終わった後に、コーヒーでも飲みたいね。ということになり、なんでも父親いきつけの喫茶店が近くにあるというので、そこに行くことに。
父親曰く「お店は昭和な感じや。それで、そこには看板娘が三人おるねんけど…三人とも『娘』というよりは寧ろ…ごにょごにょ』とのことでして。
ふむん。兎に角百聞は一見に如かずということで、そのお店に向かってみました。
すると…。
お店の近くに来た途端、母親がいきなり体をびくつかせて、「ちょっと!ここ私、来たことある!」と大騒ぎ&大喜び。
母曰く「看板娘がおばさん…っていうか寧ろおばあさん三人なお店でしょ?私の方が若いわ★みたいなね!」
あまりに母が嬉しそうなので、一体どんなお店じゃーと入ってみて、しばし瞠目。

迎えてくれた看板娘三人は、確かにおばあさん★
しかも皆一様に、ワインレッドカラーのプリーツワンピース。腰高にベルト。
店内も一様にまっかっか。赤い店内を見渡すと、片隅に電飾でギラギラに輝いたリースと、雪だるまの置物。
それとは反対の壁の方には、沖縄に植わっているようなやしの木と、その下に何故か石燈篭。
天井にはミラーボール。時計を見れば大きなのっぽの古時計。それからステンドグラスも…。

カオス過ぎる…

メニューを開いてみると、ケーキセットがあったのでそれにしようと決めて、看板娘を呼ぶ。

暫「すみませーん。ケーキセットを頼みたいんですが、このケーキって何がありますか?」
娘「チーズケーキ」
暫「ええっ…チーズケーキ?のみですか???」
娘「チーズケーキのみです。」
暫「…えっと…コーヒーで…。」

父親は本当にこのお店の常連なのか?と聞いてみたら、お店が広いから休憩時間に落ちついて本が読めるとのこと。そして、この店ならいつ来ても空いてる(笑)
そういえば周囲を見渡せば、ちらほらと席が埋まっていて、しかも来店してる人は一人な人が割りといたり。

…まぁ確かに。
しかしあそこはなんというか強烈な空間だった…。真っ赤!店内がほんとに真っ赤!
カオスな空間に、(ある意味)時を越えた看板娘が存在している…。
つれていかれないと絶対に自らは入らない感じのお店だったので、ま。よい経験ですよ。


ということで。
本日は、テーマカラーは『赤』繋がりで、この本の感想をば。
薔薇は赤いのよ…!


薔薇の血族 (SHYノベルス)薔薇の血族 (SHYノベルス)
(2010/11/27)
夜光 花

商品詳細を見る




題名:薔薇の血族
作者:夜光花
挿絵:奈良千春
初版:2010.12
発行:大洋図書


******************************************

あらすじ:
俺が守護者である意味が 今 やっとわかった――

十八歳になった夏、自分の運命を知った高校生の相馬啓は、一見平穏な日々を送っていた。
けれど敵の存在がある限り、薔薇騎士である啓の未来には闘いが待っていた。
薔薇騎士のそばには、常に守護者の存在がある。
守る者とと、守られる者。
両者は惹かれ合うことが運命づけられていた。
啓には父親の守護者であり、幼い頃から自分を守り続けてくれたレヴィンに、新たな守護者であるラウルというふたりの守護者がいる。
冷静なレヴィンに、情熱のラウル。
惹かれ合うこの感情は恋なのか、それとも・・・
薔薇を持つ男たちの運命は複雑に絡み合い!!

******************************************


熟成期間を経て、まだ早い段階で読むことが出来ました。
やればできるはまほうのあいことば。分る人だけわかって…元ネタ。

さて、2巻です!
実は、発売されて当日に購入したはいいものの、挿絵だけ見て満足してそのままおいていて、更にいつもの本屋にいったらサイン本が残り一冊だということを発見して購入したもののそのままに…。
うん。いいの。だってサイン本だし^^

ちょっと話が進んできましたねー。
でも、謎が少しずつ小出しにされてきてはいるんだけども、まぁ…あと一冊では終わらないよねーこれね。
しかも次の本の題名が『薔薇の陰謀(仮)』でしょ?陰謀では終わらんだろーやはり。

いやぁー。一巻とうって変わって二巻では夜光さんの濃いえろすっつーかもう夜光さんの本領発揮★ですねぇ。
もっと正確に言うと、えろすシーン自体が濃い…というよりも、二人の守護者から求愛される啓っていう構図がなー。
しかも守護者二人に限らず、薔薇騎士団のメンバーそろいも揃って、啓にみんなめろめろってところがね。
うん。めろめろ。
みんながみんな、こう…「啓かわいい。啓よしよし」みたいな愛情たっぷり感が読んでいて非常に満足でございました。主人公総受ってやつですね?
なんだけど、啓が女々しくないから許されると思われ。
夜光さん本人も、啓が作中で一番かっこよく成長したらいいって書かれているけれど、どんないい男に育っていくのか楽しみです。

まあね。話の内容はまだまだ続きなんでおいておくとして(丸投げ)。
沢山の攻様がこの本の中では出てきます。
メインはレヴィンとラウルなんだけど、アシュレイとか雄心とか沢山の男達がいますよね。
このキャラが好きだわーって思いながら読むのが楽しいんですが、まぁそこは夜光さんが上手いってことなんでしょうな。
間違いなく、作者の手のひらの上で転がされてるぜ…と分りながらも踊らされるおいらたち。
ちなみにですね。
あたくしたちは雄心が好きです。あはっ。
なんか凄い誠実じゃないですか。ほっこりするというか、雄心と啓の会話が可愛いんですよ。
啓よ、レヴィンかラウルかどちらか選べないなら、いっそ雄心はどうだい?お薦め物件だぜ?と思わなくも無いあたくしたちでした。

それにしても、啓はほんと、どっちとくっつくんでしょうねぇ。そもそもどっちかを選ぶのか?
それともいっそ「おれはどっちも愛してるんだー!」ってことになるのか…。
だって1巻ではレヴィンが最後に灰になってしまうって未来しか無かったように書かれていたけど、2巻で救済措置っぽいことがかかれてましたからねー。あれ?もしかしたら滅ばずに済む?
でも、そうなったら益々三人の愛の行方は泥沼化だよね…。
ただ、この巻だけでいうなら、気持ちのあり様を見ると、恋?っていう面でみたらレヴィン有利っぽく見えたんだけど…身内に近い愛情ならラウル?
だって、さわりあいっこもちょめちょめ(笑)も、レヴィンの方が手ぇ出したのが早いしね…あんま関係ないかな?
ま。レヴィンはもう包み隠さずブイブイ言わせてるけど、ラウルはまだちょっと猫被ってるというかもうちょっと何か笑顔の下に何かを隠してるって感じがするんですが、いかが。

そうそう、奈良女史の美麗な表紙もさることながら、密かに白黒の中表紙を楽しみにしてたりします。
前回はビアズリー調に描かれたレヴィンが扉を飾ってたんですが、凄くお話とあっていて綺麗な絵だけじゃなくて、こういう絵も描けるだなんて素敵だなーと思ったんですけども。
今回はラウルでしたね~。いい背中です^^

ついにラスボスアダムが出てきましたが、まぁ…予想通りのラスボスっぷりですよ。
まぁ強いこと強いことw
例えて言うなら、そうですねぇ~。
自分達のレベルが50とか100にやっとこさなって、バトルポカリ(効能:のどを潤す)とかが出せるようになったところで、これから戦う敵のレベルを聞くと、
『ルチ将軍のレベルは1300だ!』
とか言われ、戦意喪失するようなレベルの話ですかねー。何の話かって?ええ。あたくしたちの聖書の話(真剣)。
話はそれましたが、つまり啓はそれくらい落胆するというか壁にぶつかるというか、アダムの強さに恐怖を覚えるんですねー。
さぁどうなる啓!?
と思ったら最後の最後で爆弾投下。
まあ、うすうす想像は出来たことなんですがね。
啓が、ラスボスアダムの血を引いた、つまりはローズナイトであり、不死者の血を引く子供だった…。
というところで待て次巻。
レヴィンとラウルの啓争奪戦も火花がちったところで、幕間ですからね。
やこーさんひっぱるねぇええ!!






「レヴィン!ラウル!喧嘩は駄目だ!絶対するな
 
 俺――二人とも好きなんだ。大切なんだよ。だから――どっちとも何もしない!」


ぽかんとした顔で二人が啓を見つめる。


「啓、それは考えられる中でも最悪の選択肢だよ。好きなほうを選べばいいんだ。簡単なことだろ?」






啓^^^なんて小悪魔発言★
レヴィンとラウルが気の毒でならない。目の前ににんじんぶら下げられたお馬さんのよう…。



【勝手に評価】
どっちも選べん度:★★★★★
B L度:★★★★(さあ二人に待ったをかけた啓だけど、どうなる次巻。)
総  合:★★★★☆



構成力の上手さが夜光さんだなーと思ったり。
次は陰謀(仮)ですが、今の段階でも十分陰謀づいてるんだけどね(笑)


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。