暫。 秘書喫茶 -ビジネスタイム-
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.01.18 *Tue*

秘書喫茶 -ビジネスタイム-

何だか社内のパソ達にとんでもない奇跡のコラボが発動し、全てのデータが鬼籍に入りました。
誰が上手いこと言えとw
ま、正確に言ったら奇跡じゃなくて…呪いだよな…なんですがねー。
あーオソロシー。まっちろけになったパッソを前に、固まる社員達。
なんかアレね。経験してみて初めて分ったけど、あまりの事態に直面したら、人間、瞬間反応出来ずに「あー」とか「ふーん」っていうようなポカーンな状態になるのね。
で、しばらくしたら笑いが出てくるのよね。そっかそっかー♪みたいなね。
あははははははどうすっかなーーーーーー…
多分、期間をおいて徐々にぎゃーーとかわーーーとかあぁあああ…とかいうような阿鼻叫喚の断末魔が聞こえてくるような気がする…。
ちなみにあたくしは「おっ…おぅ…ほーかほーか?」という状態ですな。今のとこね。
いやぁ~…怖いですねぇ…パソコンって。



ということで!
本日は、こんな非常事態にこの話に出てくるような超やり手の秘書が助けてくれたらいいのになー…っつーことで、この本の感想をば。




秘書喫茶―ビジネスタイム (リンクスロマンス)秘書喫茶―ビジネスタイム (リンクスロマンス)
(2010/12)
火崎 勇

商品詳細を見る




題名:秘書喫茶-ビジネスタイム-
作者:火崎勇
挿絵:いさき李果
初版:2010.12
発行:幻冬舎


****************************************

あらすじ:
亡くなった父親のあとを継ぎ、社長となった鮎川は、社内の反対派に無能な秘書を付けられてしまう。
秘書の仕事まで自分でこなし、頑張っていた鮎川だったが、忙しい生活にも疲れが見え始めていた。
そんなとき、秘書喫茶という場所を紹介され足を向けた鮎川はそこで大倉というモデルのような人物に出会う。
有能すぎる大倉を最初はお試しでプライベート秘書として雇うことにした鮎川。
しかし、仕事の出来る大倉と毎日過ごすうち、鮎川は彼に惹かれてゆき…。

****************************************


題名に惹かれて購入~。題名ホイホイ^^
面白くて、先が気になって。凄い短時間で一気読みしてしまいました。
なんとも視点の付け所が面白いんですよね。
メイド喫茶、執事喫茶、ならぬ『秘書喫茶』。しかも副題に『ビジネスタイム』とあるからには、そうなんです。
この秘書喫茶は、なんちゃってではなくてビジネスをするのです。おぉ…!
ま、簡単に言っちゃえば、秘書の派遣業みたいな感じなんですがね。
契約している間は同じ秘書がずっと担当し、会社だけではなく、依頼人のプライベート(食事等)の面倒も見る。
しかもその喫茶店で働く秘書達は皆、ずば抜けて仕事が出来る。
まるでスーパーマンのような人達ばかりなのです…!!
ただ、この秘書喫茶は、完全会員制なんですな。
お昼にお試し版みたいなのはあるんだけど、それは一回きりの場合。
普段は完全会員制で、会員の紹介が無いと会員にはなれないという、なんとも秘匿性の高い、それ故に興味を凄くそそられるシステムなんです。

さて。
このお話は、主人公の鮎川が、社長だったお父さんを突然の事故で亡くし、勤めていた会社を辞めて父親の後を若くして継ぐことになる…というところから始まります。
だけど。
こう…いきなりぽっと出で、しかも元々別の会社で働いていた、まだ若年の鮎川が突然社長の座につくことを良しと思っていない人物もいれば、元々社長である父親の代から敵対してた勢力もあり、鮎川の苦労は絶えないんですねぇ。
しかも、人事にも敵対勢力の息がかかっており、社長である鮎川についた秘書というのがなんというか…何も出来ないボンクラだったという。
いや、何も出来ないどころか前に居た会社を潰した★っていうロクデナシっぷりなんですけども、それはさておき。

兎に角、鮎川の周りは敵だらけで、鮎川はこう…孤軍奮闘しすぎて疲弊してしまうんですよ。
そりゃそうだ。
物語は鮎川の一人称で進んでいくんだけども、一人称だからこそ出来る詳細な心理描写のおかげで、もう鮎川が読んでいてもう可哀相で可哀相でならないんですよー。
しかも、この主人公がいいなーと思うのと同時に話を面白くしているのが、鮎川が秘書に頼りきらずに自分で頑張って戦おうと努力していることなんですね。
だって、凄く頑張ってるんだもん。
そんな頑張っている鮎川ですから、もちろん応援している人物もいるわけで。
前の勤めていた会社の社長が、実は亡き父の知人だったんです。
それで、公私に渡って鮎川の相談にのっていたんですけども、困っている彼に救いの手を差し伸べたのです。
それが『秘書喫茶』。

こいつ…秘書の大倉が何でも出来るヤツでねぇ~。
おいつめられていた鮎川を素晴らしいサポートでもって手助けするんですな。
ただし、会社には出社もしなければ、大倉の存在自体が秘密で、鮎川の自宅で働くのみ。
秘書喫茶の秘書は、基本的には色々と理由があって、会社には出社しないで働くというのが前提。
だから対外的には、社長は一人で全てをこなしているように見えるわけです。おぉ!

こうして、個人秘書・大倉の適切なアドバイスと手助けにより、仕事も軌道に乗り出し社長として素晴らしい働きを見せる鮎川を、またそれをよく思わないショッカー達はあらゆる手を使って鮎川を社長の座から引き摺り下ろそうとするわけで。
無理やり酔い潰されて、その帰りにショッカーの雇ったチンピラに襲われるという事態に。

もうこのあたりの鮎川が切なくてねぇ…。
「私の部下など一人もいない」と言って涙を流すシーンは読んでいるこちらまで思わず涙がちょちょぎれそうになってしまったお!
そうだよね…泣きたくもなるよね…会社をよくするために必死に頑張っているのに、身内からその邪魔ばかりをされるなんて。
いや、世の中味方ばかりじゃないっていうのはわかるんだけども、鮎川の場合は、特に自分は独りだ…っていうような悲壮感を常にしょってるので、余計に読んでいる方も涙が表面張力になるんですよ。
そんな頑張っている鮎川に、大倉がくらっときちゃうのも当然なんですが。
面白いのは、秘書として働いているのは夜中の0時までというシンデレラタイム★なんですけども、それまでは仕事モードなので鮎川のことを社長と呼ぶし、言葉遣いも丁寧なんですね。ふむん。

が。

シンデレラタイムが過ぎた途端!超尊大な態度に^^
舌打ちもすれば煙草も吸うし、社長、ではなく鮎川と呼び捨て。何この様変わりwww
だがしかし、そこが良いのですねぇ~。
鮎川も、そんな素の大倉に惹かれちゃうんですねぇ。うんうん。
男前な鮎川は、大倉に対して自分の気持ちを伝えるんだけども、こうね。
大倉はすげなく返して真面目にとりあってくれないんですよ。
本当は自分だって鮎川に惹かれてるっていうのにね。
ま、そんななかなかくっつかない二人の間に、当て馬がいい具合に登場してですね。
すったもんだありまくった上で、やっと二人の気持ちが通じ合うんですけども。まったく、大人ってやつは難しいよね。いや、自分も大人だけど(笑)。

晴れて二人は無事くっつくんだけども、大倉は秘書としてはいずれ別の会社へ行くという暗示がされています。
というのも、大倉は問題のある会社や社長を立て直すという作業が面白くてこの仕事を続けているのであって、鮎川がいずれしっかりと会社をもちなおせば、仕事としては大倉にとっては魅力的なものではなくなってしまうんですな。なんという軍師肌。
そして、それと共に嬉しい誤算が。
ボンクラだと思われていた、本来の秘書の堀内君が、実はやればちょっとは出来る子(笑)というか、今までのことは悪気があってのことではなくて、単にものを知らなかったということが発覚。
寧ろ意外といいやつじゃんということがわかりまして、鮎川よかったねーと思ったり。
これで大倉がいなくなってもよかったね。というところで、お話は終了。
もちろん、秘書としては手放しても、プライベートでは大倉は鮎川のものですので。きゃっv





「痛ッ!」


声を上げるほど強い痛みが走る。


「酔って階段から落ちたというような傷じゃないでしょう」


「…触るなと…。もういい、帰れ…」


こうして私を唯一心配そうに見つめてくれるのが金で雇われた人間だというのが、余計に惨めな気持ちにさせた。


「…もういい」


「社長」


「…社長? 誰が…? 私の部下など一人もいないのに…?」


笑いが止まらなかった。


涙も。





。+゚(゚´Д`゚)゚+。


あゆかわ…。
周囲に人がたくさんいるにも関わらず、孤独を感じなければならないというのは凄く切ないことだと思うなぁ。



【勝手に評価】
面白設定度:★★★★★(ナイス発想^^)
B L度:★★☆
(最後の方だけなんですよ。しかも描写は軽め、というか若干朝チュンっぽいけどこれはこれでOKかと)
総  合:★★★★☆


最後に、大倉視点の話が入っているんだけども、大倉、鮎川にめろめろですな!
よきかなよきかな。


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。