暫。 天国に手が届く
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.01.16 *Sun*

天国に手が届く

職場の大先輩♀Yさんなんですが、とっても素敵な人で大好きなんです。
ちっちゃい子供達がいるにも関わらず、バリバリに働いている方なんですが、なんつーか…しゃべることがすべからくあけっぴろげでねぇ。
この間、一緒に呑みに行った時の会話も素晴らしかった。
一緒にいた男性社員Tさんがひょんなことからした質問から、とんでもないことへと事態が…。

Tさん「前々から疑問だったんですが、女の人って水着を着てる時にトイレするじゃないですか。その時、どうするんすか?水着、いちいち脱ぐんですか?すくーる水着とか脱ぎ着しにくそうじゃないですか。」
Yさん「そんなの~いちいち脱ぐわけ無いじゃあないですかぁ~。こう、マタのところをぺろっとめくって(ジェスチャー付)、そこからするんですよぉ。脱ぐなんてそんなめんどくさい★」
おさる「えええええええええってちょっとちょっとちょっと!!!この世全ての女性がそうやってトイレしてるみたいな誤解を招くような発言をしないで下さいよ!私はちゃんと脱ぎます!つかトイレ行かないように水分とらないようにしたりとか、事前にトイレ済ましますよ!?」
Yさん「おさるさん~いちいち脱いでるんですかぁ?たぁ~いへん!横からしたら簡単ですよ?」
Tさん「えっ…でも片手で押さえってるっていうことは、こう…拭く時はどうするんですか?片手ふさがってるじゃないですか。右手で押さえてるのを…左手で持ち替えて…右手で拭く?みたいな?」
Yさん「そうですねぇ?寧ろ私は…『水分を振り落としますv』」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

全員の空気が固まったwwwwww
嗚呼…こうしてプールの水は汚れていくのねん…。
Yさん曰く「塩素消毒に任せますv」だそうで。ひどすぐるwwwww
更にYさんの暴走は続く。

Yさん「海だと当然そのままですよねぇ?自然に還すんです。」

( ゚д゚)えっ

Tさん「…Yさん…ちょっと待って下さい…?それは流石にオレらでもしないです…。だって…女性の水着だったらそのまましたら自分のアンモニア成分が水着をつたって胸まで上がってくるんですよ…?ムリでしょ…?」
Yさん「だからぁ、それはさ~胸のところをこう…ぱたぱたわさわさってして、おしっこを逃がすんじゃない~」
おさる「…もう…なんていうか…ね…」
Tさん「Yさん…なんか、Yさんは海に行ってもビーチできゃっきゃいってるんじゃなくて、さざえとか獲ってそうですよね…(しみじみ)」
Yさん「あぁ~獲ってた獲ってたぁ~。学生の時とか、友達が浮き輪の上できゃっきゃ笑ってる時に、こうスパァーって海に潜ってさざえ片手に『獲ったどーーーー!!』って…言ってた言ってたぁ~♪」

★*゚*(感´∀`動)*゚*★

ええ…なんかもうここまで来たらいっそすがすがしかったです…。きらっきら眩しかった…ハハ…。


ということで。
『清々しい』繋がりで、本日はこの本の感想をば。
ええ。いっそ清々しい。





天国に手が届く (ディアプラス文庫)天国に手が届く (ディアプラス文庫)
(2010/12/09)
夕映 月子

商品詳細を見る




題名:天国に手が届く
作者:夕映月子
挿絵:木下けい子
初版:2010.12
発行:新書館


****************************************

あらすじ:
登山が趣味の会社員・佐和は、あこがれの登山愛好家・小田切に出向先で出会った。
思い切って山に誘うが、小田切の心の傷になっている、亡き有名登山家の叔父・叶の話を持ち出したせいで、冷たく断られてしまう。
ある日、一人でクライミングに来た佐和は、偶然同じ場所に来ていた小田切が原因の落石でケガをする。
彼の罪悪感に半ばつけこむように、登山の約束を交わすが…?
孤独な心に寄り添う、天上の恋。

****************************************


初読み作家さんであり、新人さんです。面白かったです^^
正直言うと、『もっとここをこうしたら…』とか、ちょっと消化不良なところとか、小さいところを言い出したら出てくることはあるけれども、作者の山に対する愛情がそれに勝ってるんですよね。
作者が書きたい!好きだ!と思っている、情熱をかけているものに言及している文章を読むのは好きですね。
そこに愛があるから(正座)。
文章も『んっ??』ってなるところもあるにはあるんだけども、新人さんなのにきらっと光るものがあるように思えました。
まぁ…細かいところは好みの問題だとも思うんですが。
物語の構成が暫の好みだったといいますか。
人によっては尻切れトンボに感じた終わりかもですが、暫は個人的には、この終わり方が凄く好きです。
題名を見て、この内容を読んでいた時に、何となくそういう文章が出てくるかもなとは感じていたんですが、その文章を最後に持ってきたのが巧みだなぁと。
そこですぱっと切れて終わるのに、余韻がしっかり残る終わりを愛してるので(笑)。

この物語の題材も、自分が熱くなっていることに対して、同じ道を歩む者同士がぶつかり合いながらも共に歩んでいって、友情がやがて愛情に変わり…。
なーんていうね。スポーツものには鉄板の内容がもうめっさ好きですので^^
いいよね~。大好きですよ。大好物。

さて。
この話は、スポーツはスポーツでも登山という、なかなか珍しい題材を扱っています。
ま、過去読んだことあるけどでも、珍しいことには変わりは無いですよね。
で、やっぱり作者さんの趣味が登山とのこと。書いてる内容も一朝一夕で調べた内容じゃない、結構濃ゆいもの。
でも、読んでいてそれをマニアックとは感じないのがこの作者さんの読ませる腕なんでしょうね。
時々、その内容についてめちゃくちゃ調べてるんだろうなーとかそういうことはひしひしとは感じることはあっても、文章説明とかに走りすぎてて、読み手の感情とかがついていかない本とかもあったりするんですけども、この本はそんな疎外感を感じず、するっと読めてしまう不思議。
主人公で受の佐和の、天然なんだけども負けず嫌いなところ。そしておおらかな性格も好感が持ててよかったです。
まあ、そんなに攻の小田切に憧れてたなら、一緒に山に登っていた叶が山で亡くなったから、小田切にその内容はタブーだって気づきたまへよ!ちみぃ…!!
…とは突っ込まずにはおれなんだが。まあいい。
叶を亡くしてからずっと独りで山に登っていた小田切と彼に憧れ、生前叶から小田切を宜しくと頼まれた佐和との心の距離が段々と近くなっていくのが、凄く丁寧に描かれていたので、そんな小さなことは無問題ですよ。
本当に心の移り変わりが繊細に書かれていて、木下さんの挿絵がどんぴしゃに嵌っています^^

二人が登山のパートナーとしての絆を深めて、お互いに無くてはならない存在だというところに多くページ数を費やしているので、信頼できるパートナーから恋人っていうステップを登っていく過程を描くのにページ数がさけなかったのかな…?と、ちょこっと思う後半の駆け足具合でしたが、最後を綺麗にまとめていたのでもうそれで全て良し!というオチ。
でもわかるなー。
なんか、スポーツの世界の濃厚な人間関係というか、それは下手な恋愛感情よりも遥かに強い絆を感じるのですが。
登山って、その中でも特に生命の存在に直結している部分がかなり高いかと思うので、パートナーの占める重要性が多いと思われるのですが。
兎に角、小田切がトラウマを乗り越えて他人と心の絆を再び深めていくまでの過程が描きたいんだぁああああ!!!山って素晴らしいんだああああ!!!っていう作者の熱いソウルが感じられました~。
そして、この主人公二人がお互いいい年なんですけど、スポーツものならではのきらっきらした感じもあって、なんかまぶすぃ~な~…と思いますた。

今回はこの方の、登山という得意分野で描かれた話でしたが、他の題材ではどのようなお話になるのか。
凄く気になります。
夕映さんはチェロも趣味とのことなので、いつかきっと音楽者来るかしら~なんて期待してるんですよね。
何にしても、二作目が真価を問われるのかな?なんて思いました。
でもこの方の文章、基本的には好きだなー。





「叶さんが、……いなくなって」


押し出すように小田切が言う。


「ずっと、一人で歩いてきたんだ」


「……うん」


「まだ、あの人が、どこかの山を歩いてる気がして」





登山ってほんと、命がけ…。
それなのに山に魅せられるその心は、やっぱり『そこに山があるから』なんでしょうか?
でも、あのうえむらなおみ氏が言っているように、
『冒険で死んではいけない。 生きて戻ってくるのが絶対、何よりの前提である』。
二人にはいつまでも、元気で仲良く山登りしていて欲しいな。
天国に、より近い場所にのぼっていったとしても。


【勝手に評価】
ふぁいと一発!!度:★★★★★(山登りっていうよりも□ッククライミングに近いよね?)
B L度:★★☆(最後に駆け込み訴え・笑)
総  合:★★★★


★4か4.5か迷ったんだけど、新人さんっていう期待も込めてこの評価。
そう。おれたちも登山をしている。人生は登山だ!常にラックラック言うとるw(落ちる専門か!)

スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。