暫。 黒猫亭雑記帳
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.12.13 *Mon*

黒猫亭雑記帳

昨日はボ部(高校野球スキー繋がりで繋がった、要するに高校野球を愛しつつ、ボラを愛でる腐女子仲間。)の忘年会でございました。
四人で飲みに行ったのですが、相手二人は現在ジャイキリにべらぼうにはまっておりまして、兎に角読めと薦められました。どうやら単行本を貸してくれる心の余裕は彼女たちに無いようですw
とりあえず5巻、出来れば6巻まで読め!そこまで読んで駄目なら、多分駄目。
…とのことだったので、取り合えず6巻まで先ず読んでみようと思います。年越しの宿題がこれかw
ま、いっか。正月なんてこたつの中で本読むかミカン食べるか駅伝見るかしかやることないもんなー。
インテに出る人はこれ+原稿なんでしょうけどね。
そういえばどうでもいいことだけど、ボ部のメンバーのメツ君が

「おたくは駅伝が好きだよね!」

という名言つか暴言を吐いたのが、毎年この時期になれば脳内にリフレインします。まったくどうして、本当におたくは駅伝が好きなことか…!お前駅伝スキーに謝れよ★とか思っても、結局は自分達も駅伝好きじゃん…と思って愕然とした懐かしい過去。
つか原稿のお供に駅伝はばっちこいなんじゃなかろうか。

ちなみにあたくしたちは忘年会の前は仕事と用事があったので、夜からの参加だったのですが、あとの二人は休みだったらしく、件のあの激痛あしつぼに行ったそうで。
いやー。気にいってもらえて何より^^おれたちもまた行きたい。

こうやって年に何回か、気心の知れたおたく仲間で、お酒を飲みながら個室で(ここ重要)萌えを熱く語り合う…。
なんと素晴らしい!
そう。
おたくは、おたくに成るのではなく、おたくに生まれるのだ。しみじみ。


ということで。
本日は、絵柄にうるさいボ部の人々は、この方の絵は駄目なんだろうなぁ…(遠い目)繋がりで、この本の感想をば。


黒猫亭雑記帳 (ビーボーイコミックス)黒猫亭雑記帳 (ビーボーイコミックス)
(2010/12/10)
ARUKU

商品詳細を見る



題名:黒猫亭雑記帳
作者:ARUKU
初版:2010.12 
発行:リブレ出版

******************************************

あらすじ:
「先生、あの小説を書きましたか?」
ある日、偶然手に取った小説「黒猫の庭」。
そこには、自分と思しき主人公と男やもめのいかがわしき情交が赤裸々に綴られていた。
助教授・英にそのことを訊ねたのをきっかけに、激しい情事が徐々に現実のものとなっていく…!
話題の気鋭が放つ純潔と官能が交差する短編集。
描き下ろしあり。

******************************************


待ってました!新刊。
名前がARUKUさんに改名してからの初コミックですね。
なんというか…久々にこの絵の見づらさ(褒め言葉)とか、目と目の間が独特に近づいているあの絵を見たわー。
…と思ったのですが、以前の作品に比べたら、若干0.05㎜程目の感覚が開いている…!?
なんと!少しだけ見やすくなった…?
まぁでも絵柄の根本的なものっつーかベースは変わらないので、やっぱり苦手な人は苦手かもしれないですね。
あたくしたちはもうこれが味だと思ってますので。
寧ろこの人の描くお話に、きらっきらしたかわいらしい絵柄でもミスマッチだしなぁ。
だからこれでいいのですよ。うん。

さて今回の新刊は短編集です。
ばーっと読んでいて、ちょっと違和感を覚えたんですけど、何作品か違和感を覚えない作品もあったので、結局最期まで読み進めていったら、最後の方の原稿初出一覧を見て納得。
違う雑誌のものだったんですね。どうりでなんかARUKUさんらしくないちょめちょめ(笑)シーンが多いと思ったー。
そして比較的、ハッピーエンドが多い。
そんな中で、ARUKUさんらしいなーと思ったり、よいなーとか思ったりした作品は、同人誌からの掲載だったり、b-boyから出ていたもの。
ちなみにb-boyからの出店は最後の作品の『僕はあなたの夜になりたい』のみ。

個人的には、この最後の作品が一番好きかな。ARUKU節がきいているというか。
物語の導入の場面から、一番秀逸だと思う。物語に引きつけられるんですよね。
そしてこの話は、そういうシーンが一切無い。どちらが攻か受かもわからない。
そのような描写が一切無いんだけども、でも、その方がこの物語にあっているというか。
ちょっと浮世離れしたような世界観…というか物語。
眠りに落ちる時に夢か現かを彷徨うような不思議な感覚をもたらすお話。
けれども、描いている内容は根底に悲しみが。

大学4回生の、男前で女性にもてる彩田は、実は夜/盲/症で、夜になると周囲が見えなくなってしまう。
そんな彼の為に、主人公の杠が夜の間本を読んであげる…というお話。
言ってしまったらそれだけの話なんですけども、それが導入部分のヒヨコの話と、夜/盲/症と、同じ病気により失明した後、帰らぬ人となった祖父の話と、本当に巧みにリンクさせて描いているんですね。
特に、おじいさんの話だったりとか、なんだろう…読んていて辛い…というか胸が苦しくなる。
この物語に限らず、同じような雰囲気を持つお話(たとえばクリーニングだったり、猿喰山だったり)は、何処となく全体的に浮世離れした、少し童話のような雰囲気の中…読んでいる方としてはまどろんでいるような中でストーリーが進んでいく。
そんなまどろみの中、突然不意に血を流すような現実に引き戻されてもうどうしようもなくなる…。
でも、その前に垂れ下がる一本の蜘蛛の糸が、物語によって存在したりしなかったり。
このお話の場合は…蜘蛛の糸が…あったのだろうと思う。
猿喰山に似ていると言えば似ているかな。この話は、もっと優しい雰囲気だけど。
自分の力ではいかんともしがたい運命っていうのかな。
それに押し流されてしまいそうで、でもそこに寄り添う存在がある…というのは、決してバッドエンドとは言い難いものがあると思う。
ARUKU節、きいてるわ…。

ARUKU節がきいているといえば、表題作もそう。
や、話自体はそれこそ浮かれたハッピーエンドなんだけども、なんつーかさ。
話の内容ではなくてですね。
以前も書いたと思うんだけど…この人が描く貧乏がもうパネェwwww
やーなんていうかもう初期のガラかめのマヤとかそれ系の貧乏さ?
赤貧ってこのことを言うのだね…と思うくらいの極貧描写。砂まみれの握り飯を洗って母親と食べる…。
そして主人公の住む家の描写も然り。そりゃ猫飼う余裕なぞないわと納得。

他の短編集も含めて、何とか(?)ハッピーエンドの影を垣間見ることが出来るんですが、異色なのが同人誌からの収録の『SNOW BLIND』と、先に感想を述べた『僕はあなたの夜になりたい』ですね。
特に『SNOW BLIND』はこれは急所を外してる…?でも急所を外してても助からないんじゃ…?と思うことしきり。
ま、でもいいか。これ結局二人の気持ちが通じ合ったんだから。それでも十分ハッピーか(ハッピーのハードルが低い…)。
ARUKUさんの作品に無理やり救済措置を求めるのは駄目なのかもしれない。
…それでもクリーニング屋ァアアアアアと叫びたい。あれだけは。





彼女に愛されているという幻想にしがみつきたかった俺と…


気ちがい同然に俺に恋してるこの男と…


どっちが


どっちがよりあわれなんだろう





ストーカーの男と、その男にストーカーされている男の話『琥珀の月』より抜粋。
付き合っている彼女から金づる扱いされているにも関わらず、それを知りつつも受け入れていた主人公も、病的なストーカー男のどちらも大概だった…んだけど、結局はハピエンだった。
現実問題はそうそう簡単にはいかないんだろうけど^^
まあ、次の話がスノーブラインドだったから丁度よかったのかも。禍福はあざなえる縄の如しとはまさにこのこと。



赤い貧乏度:★★★★★(毎度毎度強烈なびんぼー具合を描いてこられる…)
B L 度:★★★☆
(ARUKUさんの中では高い方かな?でもえろっていうよりも、致してる。結合…って感じ。何故だ。)
総   合:★★★★



『僕はあなたの~…』の中で、哲学を専攻している杠がしょーぺんはうあーの言葉を言う場面があるんですよ。
『世の中はとても最低でうんざりする』と。
この言葉を見て、ふと思い出した、ボ部の仲間のメツの名言を思い出した。
【現実という名のクソゲー】そうか、こう考えると難しそうなしょーぺんはうあーも分かりやすくなるやもしれぬ…(暴言)。


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。