暫。 SUPER LOVERS ②
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.11.29 *Mon*

SUPER LOVERS ②

昨日、万里は旅行にいってまいりました。
なんと。ここの日記でしょっちゅう出てくる、かの!おさるの激暇出張所のある所にも行ってきたのですよ!
だがしかし。その日おさるは普通に仕事だったので、残念。
もし万里が行った時におさるが仕事で来てたら、ここぞとばかりにいびってやったのにw
日頃の恩返し(笑)として!

おさる「金、倍せびるけど?それでもいいならどうぞおこしやす。」
万里「家族割引っての無いのかね?ほら携帯電話ならどこでもあるっしょ?」
おさる「携帯じゃねーよ!!(怒)」
万里「あ、っていうかさー。昨日あんたのぞく家族三人で宿泊したでしょ?そしたら、私…村八分ベッドやってん…orz」
おさる「wwwwwwwwww村八分ベッド!!!久しぶりに聞いたな!!!つか、おさるが小さい時は年功序列で当然一番小さいおさるが村八分ベッドだったしな!一晩くらい我慢しよし。」

注:村八分ベッドとは、暫家内におけるホテル等のエキストラベッドのこと。正規のふかふかベッドと違い、ベッドも堅く、小さく、明らかに取ってつけたような存在。そこで独り寝ると、非常に孤独を感じる。

万里「ま、父母ともいびきの輪唱だったから離れて寝てて正解だったけどねぇ。そうそう、街中が温泉街だから色々源泉が飲めるところがあるでしょ?それで、炭酸水が飲めるっていうとこがあって、それを飲んだんだよねー。よろこびいさんで!そしたらめっちゃくっちゃまずくってさ…お水の中にさびた釘入れてるの…?みたいな金気のあるおえーっとなるお水だった…で、隣見たら父上も母上も他のお客さんもおえぇええええって言ってたから良かった…」
おさる「…そもそもそんな、えづくくらいまずい水を飲料水としておいとくなっつー話ですな」
万里「もうあんまりに耐えられなくて三人おぇおぇ言いながら近辺のお店に入って、口直しのサイダーを買ってラッパ飲みしたら炭酸一気に飲み過ぎて今度はげっぷがとまらんくなったのですよ…さるくん。」
おさる「炭酸をもって炭酸を制したわけだな?」
万里「しかし疑問だったのがね…昨日の晩ご飯前に温泉入った時に、母上頭洗ってたのねん。で、朝起きて朝風呂入った時にまた頭洗ってたのよ。んで、『頭洗う時間の間隔が短くない?』って聞いたのね。そしたら母上曰く『朝頭洗っておいたら、今日の夜に頭洗わなくていいやろ?』って。…なーんかこの考えって納得がいかないのはわたくしだけかねさるくん。」
おさる「あー…甘いよ万里くん。母上にはマイルールがあってだな。」
万里「ああ、あるよねあの人(苦笑)」
おさる「そう。母上の中ではな、24時間以内というか朝起きて寝るまでに頭を一回洗えばいい。っていう考えがあってだな。おさるも前から疑問だったが、彼女はよく『今日朝に頭洗ったから夜お風呂入る時は頭洗わなくていいねん。楽でいいやろ?』ってよく自慢げに言ってくるんだけど。でも…一番汗かくのって日中じゃね…?って思うんだけど。まあ、そっとしてる。」


ということで。
何となく、二人のとりとめもない会話をそのまま文章にしてみただけの日記ですが、本日は、『家族』が描かれたこの本の感想をば。




SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2010/12/01)
あべ 美幸

商品詳細を見る



題名:SUPER LOVERS ②
作者:あべ美幸
初版:2010.11 
発行:角川書店


*************************************

あらすじ:
苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!
日本に帰国した海棠晴と末っ子の零は、ついに兄弟4人で暮らすことに。
だけど、突然の兄弟同居がそう簡単に上手くいくはずもなく…?

*************************************


意外と早くに出ました、2巻!
とはいっても、半年に一冊だから、普通の漫画(非ボラの少年漫画…ざんぷとか)に比べたらそこまで早くはないんだけどね。
でも、ボラ本の出版の遅さに慣れてしまったあたくしたちにとっては、半年に一冊なんてまるでウサギとカメのウサギのごとしですよ。あ、ウサギだったらゴール手前で寝ちゃうな…それは困る…非常に困る…。
まぁそんな感じで、待ってました2巻^^
1巻は本当にお兄ちゃん…というか保護者と野生児レンとの心の交流がメインでしたからね。
ボラ的な要素があったら寧ろまずいんじゃないの?っていうぐらいにレンが小さかったですからね。
しかも狼と共にカナダで育っていた野生児なレンだけに、ボラの内容は差し置いて、先ず狼以外の人間と触れ合う!というのが先決ですからね。わんぱくでもいい。たくましくそだってほしい…みたいなね。
ボラの要素はほぼ皆無に近かったんですけども、2巻ですよ!
1巻のあとがきで『レンが次はおっきくなる』みたいなことが書かれていたので期待して待った2巻ですよ!
ウッホウホ。
ページをいそいそとめくってみる。


…んっ…?おおきく…なって…る…?んっ???(目をこすってみる)


確かに、年齢は大きくなっていた。だってしょっぱなからいきなり中学卒業だもん。
~そして高校生へ~

年齢は大きくなったんだねぇ確実に。…外見が…wwwwww
あたくしたちの想像では、双子の兄のアキぐらいおっきくなってるのを考えてたんですけどね(笑)。
外見だけじゃなくて、中身も…なんか野生児のまま大きくなったから世間にうとくて、まるで子供。なんですがw
まぁ、言葉づかいとか物腰はじじくさいんだけどね。
なんか、心配でほっとけないところが子供というか。
そんな感じでレンが大きくなったものだから、弟ラブのハルはもうべったべったなわけですよ。
キスハグキスハグですよ、もうそこかしこでちゅっちゅちゅっちゅですよ。
なんせ二人はメイドインカナダ。メイプルの国で育っただけあって甘々なわけですよ。
普段クールなレンも、その点は諦めた(笑)というか。
最初は嫌がっててもやっぱにいちゃん好きだからねぇ。

そんなこんなでハルの言う、念願かなっての兄弟4人での暮らしがスタートするんですな。
一つ屋根の下ですよ。ち/ぃ/兄ちゃん頑張るよ!
やっぱり、一緒に暮らすようになったら他の兄弟と色々ぶつかることも多いわけでして(つーかアキと)。
まぁいとしの兄ちゃんとられたんですからねぇ。アキの気持ちもわかるというか。シマは達観してるけどね。
アキは一見クールなレンと最初は対立するんだけども、お互い腹を割って話をしているうちに、段々と理解しあうようになっていくわけです。
つか、アキは単に怒りっぽいだけで本当はいいやつなんだけど。表裏が無くて竹を割ったような性格でちょいおばかちゃんなところが憎めない。
そして本当にシマと双子なのか…二卵性なんだろうな…。

そんな感じで双子(の片割れ)との対立もありつつ、少しずつ家族になっていくんだけども、ハルとの関係もじょじょに変化してくると。
弟ラブなハルは、家だろうが学校だろうが、ちゅっちゅし放題なわけですよ。うはぁ。
でもそれは、ハルにとっては弟に向けてのちゅう。
レンは『ハルの好きと俺の好きは全然同じじゃない』と言うんだけども、確かにねえ…。
こんな人前でもしょっちゅうちゅばちゅばされたら、周囲は最初こそ誤解するものの、段々とそれが空気になってくるというか、それがハルの家族へのあいさつなのねと理解してくる。
でもそれを一番よくわかっているのはレン本人だから、ハルの優しさに多分余計傷ついてるでしょうねー。
罪作りなにいちゃんだなぁおい…。ハル自身は凄く一所懸命に皆のことを思いやってるいいお兄ちゃんなだけに、余計にそれがあだになってるとも気付かず。あう。

しかし。そんな優しいハル兄が、地雷を踏んでしまう…嗚呼大失敗をしてしまうんですよ!


「冗談だろ!?あんな色気ねー子供にそんな気なるかって!!」


なーーーーんて言葉を…!!!!レンに聞かれてしまうのですっ!!ぎゃおす!!!!
レンばば怒りですわ。ま。そらそうですが。

このあたりから二人の関係が変わりだす…というか。
レンはかなり早い段階から自分のハルへの気持ちがライクではなくラブだということを理解していますが、難しいのがハル。
過去の哀しい記憶があるから、寂しさの為に兄弟達に過剰とも思える愛情を注いでいるわけだけれども、その愛情が果たして、どのような愛に連なっていくのか。それが微妙だったんですよね。
でも、今回の事件と、お話の最後の方に出てきていたハルにとって特別な女性の影によってハルの足場が崩れていく。
そして、自分が抱いているレンへの気持ちに対してもっと深く理解しなければいけないと、やっとわかったところで、レンの

「お前が望むなら俺はただの弟でいる」

という決意の宣言が。
…振り出しに戻って待て次巻!ですよ。

まあ、だけど…振り出しに戻ったように見せかけて、間違いなく進んではいるんだけどね。
何も考えず、何も知らずに兄弟でいた時と、お互いの気持ちに二人とも気づいて、でも兄弟の関係を続ける…っていうのとは、全然意味合いが違うもんね。
どうなることやら。

次はまた半年後かー。でも、まだ早いよね?右向いて左向いたら、きっとまた出てるよ。うん。多分。





温室育ちのピカピカな日本のイチゴは素晴らしい!!


俺が初めて日本に来て感動した食い物のひとつだ。


だけどどうしてか俺は


昔 零が俺にとってきてくれたあのブラックベリー以上の美味さを


未だ味わったことがない。





新キャラタヌキ(笑)も登場して、兄弟の住む家は更ににぎやかに。
そして関西弁の黒崎もイイヤツ。
この人の描く動物が好きでねぇ…。もふもふしたい。もふもふ。



タヌキとポメはちょっと(っていうかかなり)違うと思うw度:★★★★★
B L 度:★(ちょっと進展。)
総   合:★★★★(またまた今後の展開に期待!)



二人の今後の展開も気になるんだけど、双子視点の話もみたいなーなんて思ったり。というか、アキ視点の話。
アキって、ハル大好きじゃないですか。シマは元々自分の片割れみたいなものだし(シマはそうは思ってないかもしれないけど)、シマが淡泊だから多分アキがハルを独り占めしてるような感じだったんじゃないかなと。
そんな大好きな、自分達二人だけのお兄ちゃんが、まぁ言い方は悪いけれども何処の馬の骨ともわからないぽっと出(笑)の野生児にかっさらわれるその寂しさや如何。
そういうのを読みたいなー…って思った。
そしてそんな寂しさを、シマが埋めればよいのだと思うのです。ええ。勝手に脳内補完。ひとりあそびは得意だぜ!(…)






スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。