暫。 もう二度と離さない
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.11.24 *Wed*

もう二度と離さない

毎度お世話になっている美容院に昨日も行って参ったのですが、そこでいつもの担当さんとこんな会話をしました。

担当さん「心/理/テストです。広い牧場に羊と馬が合わせて100頭います。それぞれ何匹ずついるでしょう?」
おさる「……(しばらく考えて)馬80、羊20。」
担当さん「それは…貴方のSM度です。なんかね、馬が多い人の方がS度が高くて、羊が多い方がM度が高いんですって。だからやっぱりおさるさんはS度の方が強いんですねぇ。」
おさる「そういう担当さんは何と答えたんですか?」
担当さん「私?私は…逆でした。おさるさんの。馬20、羊80。M人間みたいです…w」
おさる「ぽいぽいww」
担当さん「そういえばね。お客さんで、『この人は絶対にSだろうな~』っていう女の人に、同じ質問をしたんですよ。そしたら…その人、『馬99、羊1』って答えたんですよぉー!!!凄いでしょ!?しかもそれは、なんでですか?って理由を聞いたら、『だって馬の方がかっこいいやん』って。」
おさる「おおおおおおおおそれは凄い…!!ドSですね…!」
担当さん「でね、もっと凄いのはね、その人の旦那さんに同じ質問を奥さんがしたらしいんですよ。旦那さんは普通の人らしいんですけど、なんと…『馬1、羊99』って答えたんですって…!!凄いでしょ!?しかもそう答えた理由が『だって馬の方がかっこいいやん。で、俺が馬。一頭だけ。あとは羊。』って言ったらしいんです…!!」
おさる「おおおおおおおおおおおおおおおおおお…もうその夫婦、需要と供給がモロにマッチしてますね…?つか、旦那さん…なんか…自分を追い込むようなその考え…うわっ…ドMですね…」
担当さん「凄い夫婦ですよねw」


ちなみに万里はフィフティーフィフティーと答えて、おさるに一番面白くねー答えだと唾棄された…。
万里「なんてことだ!一番バランスとれてんじゃん!」
おさる「心/理/テストだって言ってるじゃん。それで一番あたりさわりのない50/50を選ぶなんて…面白くないやつだ…ちっ…」
万里「じゃあどういう回答を私に求めてたわけよ!?」
おさる「そりゃー少なくとも、羊90馬10くらいの答えはコメディアンとしては当然でしょうよ?空気よめねーな。ちっ。」
万里「あたしコメディアンじゃないし!!!コメディアンはじむきゃりーだけで十分だよ!!」


ということで。
本日は、物語の中で牧場が出てきて、羊さんを見てまったりする場面が出てくるけど、実は割とえげつない内容だったりするこの本の感想をば。


もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)
(2006/08/02)
樹生 かなめ

商品詳細を見る



題名:もう二度と離さない
作者:樹生かなめ
挿絵:奈良千春
初版:2006.8 
発行:講談社


*************************************

あらすじ:
日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。
小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。
そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき…。

*************************************


えっ…?えっえっ…??(゚ロ゚)

えっ…これはこれでいいの…?えっ…つか世間的に許されるの…???えっ?えっ…???
なんか、突っ込みどころ多すぎて逆に突っ込んだら駄目なんかな…?んっ?んっ??

この作品を読んで、受け入れられない人は受け入れられないだろうなー…なんて思った。
まぁ、あたくしたちは「きふかなめ…またやらかしたな…(つってももう大分前の作品だけどw)」なんて思いながらさらっと受け入れられましたけどね。
…内容を受け入れたっていうか、もうきふかなめが書いたものだし、これもありだよね~という諦観?
だって作者はざます星という他の星からいらっしゃった方なのですもの。
ぶーだったり、E/Dおじさんが出てくるんです。
ずっと同じものを偏執狂的に食べ続ける男が出てきたりするんです。
だから今更、犯罪者が出てきたって何のそのですよ。

そう。このお話。
まぁ…ぶっちゃけいっちゃうと、攻が犯罪者なんですわー。
正確には主人公で受でもある司も人の命を5人も絶っているんだけれども…。
こちらは正当防衛というか、裁かれていて無罪が確定してるんですけども。
攻の渓舟は、というか彼だけに限らず、彼を取り巻く仲間が全てグルで犯罪者ですからね!
WAO吃驚だお!
それだけでも吃驚なのに、渓舟は超有名な日本画家の息子でありながら、自分は洋画家の道を歩んでいるという。
ま、それも理由があるんですけども。
で、渓舟は見た目も大層麗しく、画家としても順風満帆なんですね。
更に更に、渓舟には裏の顔がありまして、非常に優秀な催眠療法士なんですな。

…???

なんかよくわけがわからんぞな?
ぶっ飛んでる設定だなぁー?と思いながら読み進めていくんですが、最初は読んでいて「???」と思う箇所が、実は伏線になっていて、ちゃんと後で回収されるあたりはやっぱり上手い作家さんだなーと思うんだけど、まぁいずれにしてもぶっとんでることには変わりないよね?うん。(褒め言葉)
冒頭に出てくる、サナトリウムでの渓舟と司の美しい出会いの物語が、実は渓舟の催眠療法によってつくられた、偽りの記憶だというのも後でわかる種明かし。
偽りの記憶ではこんなに二人の出会いは美しいのに、上書きされてしまった本当の過去の真実は、なんとも壮絶なものだったんですよ。げっ。

物語は、偽の記憶を渓舟によって造られた司が、渓舟のスキャンダルを狙うフリーライターの言葉によってだんだんと自分の記憶に疑問を持つようになるんですね。
そして真実を渓舟から聞いた司は、全てを理解した上で、渓舟と共に生きることを最終的には選ぶと。
まったくもって、今はまじめ一徹になってしまっている渓舟&仲間達が、昔は本当にどんだけやんちゃやってん…!おまいらそれやんちゃっていうレベル超えてっぞ!?っていうね。
お話の雰囲気は、この作者の普段のお話よりは全体的に少しトーンを落とした静かな感じで進んでいくのだけども、渓舟の、司しか見えてません!司の為なら理不尽なことでもなんでもします!
…っていうスタンスは、あぁやっぱこの人の書く本だなー…って思ったり。

「ロシアに行こう。涼しいはずだ」

いやそれ涼しいっていうよりも寧ろ寒いんじゃね?

そして文章のところどころに出てくる、

「は……」

っていう言葉が何ともきふかなめ。
紙上なら倫理やモラルなんて気にしないぜ★っていう方、是非(笑)どうぞ。





自分には生きる資格があるのか、自分は生きていていいのか、サナトリウムの中で自分に問い続けたことをこの場では問わない。


渓舟が熱望してくれているのだから、生きていてもいいのだろうと、自分で自分を肯定出来る。


催眠療法を否定するつもりは毛頭ないが、この先何があろうとも自分の記憶を操作する必要はない。





真実が解って、司がもっと思い悩むのかと思ったんだけども、思い悩んだのは自分の罪であって、渓舟が犯した罪については結構スルー。色々なところで衝撃がありすぎて、どの文章が印象に残った…っていうチョイスがなかなか難しいのでした。



確かに離れなさそう度:★★★★★
B L 度:★★★(ホワイトハートって感じ)
総   合:★★★★


奈良女史の絵も、繊細でとっても素敵でした。
なんか、下唇がぽってりしてて、今とはまた違った奈良千春ワールドを楽しみました。
下唇をムニムニしたくなる~。



スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。