暫。 胡桃の中 Ⅰ~Ⅲ
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.10.23 *Sat*

胡桃の中 Ⅰ~Ⅲ

本日万里はお料理教室でした。ええ。件のね…。
いつもより早めに現場へいったんですよ。ミッションを遂行する為に…!
入口の所に受付台があり、そこにいつも忘れ物等が置かれているんですね。
でも、その受付台の上には『誰か忘れてへんか!?忘れ物とっていけよ!』みたいないつものような感じでおいては無かったんですねぇ…。
先生は、生徒さん達が来る前にお料理の材料の準備をする為、受付のところには人が不在になるのを知っていたので(割と策士・笑)、受付台の中に回ってこっそりと探してみました。
そしたら…。

あったぁ~…(思わず涙目)

ええ、あったんですよ!確かに!あったんです!ただ…。
なんかスタンプ台とかの下にこっそりひっそりと置かれてあったんですねぇ…先生どゆこと??
何、忘れ物扱いされてないってわけなんでしょうかコレ。

おさる「ね?これ確実に先生中身見たよね???見ちゃったよね????」
万里「皆まで言うな…!!!!!おれはいまもうれつにおちこんでいるorzorzorz」
おさる「いや、気を落とすでない。先生はもしかしたらこの一週間でまるまる一冊読んでしまったかもしれないじゃないか!これを機会にはまるボラの世界。ただし忘れていった本は続きものの完結編だがな…!」
万里「…先生がいないのを見計らってこっそりと回収したよ…もうさぁ、ばれないようにほんとうにさっと!!さっと回収してきたんだけど…だけど…先生は本が無くなったことに気づいて…るかなぁ…『最近物忘れが激しいの~』とか言ってるから、そのついでに忘れててくれたらいいのに!!(必死さからくるトンデモ暴言)」
おさる「こらこら先生を勝手ににんちしょうにしないこと!!大丈夫。何が大丈夫かは知らないけど、大丈夫。そんな気がする。もういっそ先生に言ってみたらどうだい?『先生、デコイ読みました?YOU仲間★』って握手求めてみたらどうだろう?保障はしない。」
万里「あんたが職場の人にそれをいうことができたらね…!私もやってやろうじゃないのよ…!!!」



…なーんて事件の勃発もありましたが、さてさて。
本日は、『入れ替える』というか『盗品』(万里の場合は奪還したんですよ!もう!!)とかが出てきたりする、この本の感想をば。



胡桃の中 (ZERO COMICS)胡桃の中 (ZERO COMICS)
(2007/10/10)
川唯 東子

商品詳細を見る



題名:胡桃の中 Ⅰ~Ⅲ
作者:川唯東子
初版:2007.10/2007.10/2010.10
発行:リブレ出版


**************************************

あらすじ:
“坂を登った突き当たりにある、さびれた画廊――…”
その画廊の店主・谷崎は、実は…
だらしないその風貌はどう見ても人間嫌いの変わり者だが、天然系の中居が傍に来てからは、彼の周囲が一変して…!?
谷崎と中居の出逢いを描いた「マイビューティフル・ワールド」と、描き下ろしも収録したファン必読のコンプリート新装版!!

**************************************


面白かった!三冊一気読み。
…なんだけど、面白かったから何だか一気読みもったいない気がした。
一冊が出てる年月の長さを見て余計にね…。もったいないお化けが出るぜ…!

川唯さんの絵って、凄い少女漫画的な絵柄じゃないですか。
だから初めて手にとった時は、『ま、気晴らしにちょっくら読んでみっか~』という軽い気持ちだった記憶があるんですが、この物語にしろ他の物語にしろ、単なるアマ甘なボラではなく、読ませる話を描かれますよね。
特にこの話は、美術館であったり、絵画というか芸術そのものを、作者は本当に愛してるんだなぁ…というのがひしひしと伝わってきて、読んでいるこちらも美術館巡りがしたくなりました。

さて。
1巻は大分古いものが収録されていますから絵柄もかなり年代を感じます。
初版が2002年なんですけど、2巻目が発売されると同時に1巻も復刊されて、それが2007年。
で、3巻が出たのが2010年なんだから、4巻が出るのは…
うぅん…考えないようにしよう…(遠い目)。

主人公は二人ですね。
多分、根本的には攻でギャラリーのオーナーである谷崎が主人公なんでしょうけど、っつーか表紙全部谷崎だし!中居哀れ^^好きなんだけど。
でも、谷崎の考えは少し屈折しているというか、心象的にとっつきにくい箇所があるんですよね。
それを補うのが中居なんですよね、きっと。
ちょっとすれてる谷崎とは違って、中居はワンころみたいに素直な心の持ち主で、感受性が豊か。
だから、彼がいると読者としては感情移入しやすいんですなぁ。
良い組み合わせだうんうん。この二人。

で、谷崎はうらさびれたギャラリーのオーナーなんだけども、実は贋作師という顔ももっています。
しかもその才能は、一流の鑑定士でもなかなか見抜けない程の卓越した腕の持ち主。
そんな彼を頼って、持ち込まれる絵達はそりゃーね。色々とわけありなものばっかりなんですよ。
一枚の絵を通じて、その絵にかかわった人々の人生の悲喜こもごもが物語として描かれていく。
1巻で一番印象に良かったのは、作者も凄く好きな作品と言っている、くれーの天使の話かな。
くれーの絵をチョイスっていうのが、この物語にとてもマッチしているというか。
子供がメインで出てくるからなのかもしれないけど。子供と天使の組み合わせって何だか最強タッグじゃないですか。だって。
そして、話のオチの、幸せだけどちょっと寂しい…というのも、絵の雰囲気とよくあっているなぁと。
そいでもって、この話もそうなんだけども、有名画家の絵を作者オリジナルで描くという冒険を、この物語の中ではされてるんですよね。それも見ものかと。
谷崎と中居のラブっていうのは、1巻が一番度合いが高くて、2,3巻に至っては傍に寄り添ってるって感じかな。3巻なんかもう精神的な繋がりのみに近い気がする。
でもそれでも十分楽しめるのですよ。

2巻で印象的なお話は、亡くなった父親が所有していた絵を売りに来るお嬢さんの物語。
これが好きかな。
完璧な勧善懲悪ものと見せかけて、最後に少しだけ悪い顔を覗かせてしまう谷崎を描いているのがよいです。
単純な『いい人』では無い谷崎のずるさ、狡猾さがあるのがいい。
そしてそれに対して、ほんとーに何も考えてない(笑)ように描かれているものの、その底抜けの明るさで知らず知らず谷崎を救っているという中居も大好き。
興奮すると鼻息荒くなるところとかめっちゃ好きですよ(笑)。そしていつも何かお土産を谷崎の為にと買ってきて、しっかり自分も毎度それを食べているあたりもね。ちっとも色気ないし!

3巻には、今の歪んでしまった(…)谷崎を育成したじっちゃんが出てきますよー。
じっちゃん、男前だけど(仏蘭西人とのハーフだったっけ?)時々着てる服が…何だかこいぐちシャツみたいですよ…?下にももひき着てそうだよ…?
ま、それは置いといて、谷崎の歪んだ人格形成の元になった悲劇が過去回想で描かれるわけなんですが、過去の呪縛から離れられない谷崎を、直感で生きている(褒め言葉)中居が救いあげていく。とな。
実際、そんなにコトは軽々しいものではないんだけどね。それでもほんと谷崎の傍に中居がいててよかったよ=3


題名であり、ギャラリーの名前でもある『胡桃の中』という名前は、1巻にも出てきましたけど、あの有名なしぇいくすぴあ作のメランコリックで優柔不断男、はむれっとさんの発言からということで。

胡桃の中の無限に広がる小さな世界。
谷崎は元々、学生の時には有名モデルだったのに、今はうらさびれたギャラリーのオーナー。
広い外の世界から、一見外界からは遮断されたようなところにいる谷崎。
小さいそのギャラリーという閉ざされた世界に、オーナーとして君臨しているんだけども、その閉じられている筈の世界は、実は芸術を通じて世界に無限に広がっている。
これから中居と二人で、どんな風に無限の世界を感じていくのか、とっても楽しみ。





――美を造り出して世界を彩るためなら


エゴ丸出しで人を傷つけて人生売りとばして


なんでそこまでして何かを表現しようとするんだろうな…


ホント芸術家ってのはしょうがねぇイキモノだな


…でも


それでもあの絵がキレイなことは変わらないし






あとがきで、一話毎に出てきた実在する絵達の名前の一覧が出ているのですが、その絵が何処にあるのかを探すのもひそかな楽しみ。



【勝手に評価】
美術館に行きたい度:★★★★★(物語の中に出てくる絵と出会ったらテンション上がりそうですよ)
B L度:★★☆(ただし一巻のみ。2、3巻は無味無臭に近い気が…)
総  合:★★★★☆



続きが早く読みたい!ということで、せかす意味もこめてこの評価。
限りなく5に近い面白さ!
えろ度は低くてもいいから、おもしろいというか読ませるボラが読みたい!という方にはぜひぜひお勧め。





スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。