暫。 空のアンテナ
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.09.21 *Tue*

空のアンテナ

前日の日記の須藤氏。
彼女が自分の日記で、こんなことを書いていた。

『おさるくんから借りる本は、運命の一冊になるかトラウマの一冊になるかの割合が五分五分くらいな気がする。』

だそうで。最高の褒め言葉ですね!!
トラウマになる1冊っていうのは色々なところに心当たりがありまくりなんだけど、運命の一冊なんてあったっけ?あったのならば寧ろ暫が教えて欲しい(最低だ)。
以前、一体何を貸した…自分達…?

ちなみに返却した本、何も考えずに須藤氏に渡したんだけども、彼女曰く

『返してもらった本見たらおめぇこれ五年以上前に貸した本じゃねーかー!というのが出てきて度肝抜かれました。貸したことどころか買ったことも忘れてたよ!』

^^
あれ?そんなにも月日は経ってたっけ??(白々しく)5ヶ月前の本とかじゃなかったっけ???(目線を合わせない)
どうやら地層の乱れがあったようです。おさるのウォーキングクロゼットの中で。
だってあれだろ?須藤氏のものはおさるのもの。おさるのものはおさるもの。w
多分もっと古い本、きっとおさるの手元にまだあるぜ(自慢げ)。
そうだな、先○ンブリア代ぐらいのヤツがだ。あんもないともびっくりさんようちゅうもあるよ!ぐらいだと思う。
呑みに行った時に、また持っていくよ。飲み屋に大量の本。いい迷惑。
そもそもお互いの家がチャリ2分というスープの冷めない距離だというのに、家に持っていかずにわざわざ飲み屋に持っていくあたりが健全な仲ではないですねw


ということで。
本日は、トラウマな一冊ではなく、運命の一冊になりうるこの本の感想をば。
今日はいい感じにつなげたぜ!…書いてる内容はサイテーだけどね…。



空のアンテナ (HANAMARU COMICS PREMIUM)空のアンテナ (HANAMARU COMICS PREMIUM)
(2010/09/17)
杉本 亜未

商品詳細を見る


空のアンテナ (ジュネコミックス)空のアンテナ (ジュネコミックス)
(1997/10)
杉本 亜未

商品詳細を見る




題名:空のアンテナ
作者:杉本亜未
初版:2010.9
発行:白泉社


******************************************

あらすじ:
ミュージシャンとして成功したい普通の青年と、
音楽は天才的だが社会性のない青年が互いに惹かれつつ自身と葛藤しながら生き方を探る表題作ほか、
著者の初期傑作BL4作品を収録。

******************************************



新刊の方は熱林に表紙がアップされてなかったので、表題作が収録されている旧版の表紙も一緒にあげてみました。

杉本さん、好きなんですよー。凄く好き。
この人の描く登場人物の瞳が好き。とても澄んだ瞳で、心惹かれる。
美麗で、流行の絵っていうわけでは決して無いけれども、忘れられない絵と物語を描く作家さんかと。
どの物語も、杉本さんのカラーがしっかりとにじみ出ていて、誰にもマネ出来ない『杉本亜未』という一つのジャンルを形成してると思う。
なかなか評価されなかった不遇の作家さんではあるけれども、そこそこ売れているであろう今の話も、過去80年代の物語も、根本は変わっていない。軸のぶれない、骨太な作品を描く人かと。
JUNE時代の編集長さんが、疲れきった作者に『やめずに漫画を描くんだ』と励ましたらしいですが、この編集長さんは絶対この時から、杉本さんの才能に気づいてたんでしょうね。
売れなくても、描き続けていたら、いつか評価される時が必ずくるということを見抜いていたと。
元編集長さん(というか今某大学准教授ですよね)ありがとうございます(正座)。
その一言があったから、今連載中のお話が読めるのだなぁ…と感慨深い。


さてさて。
今回の本は巻末書き下ろし以外は全て古い話です。
一番新しい表題作の『空のアンテナ』でも97年作。
他3作品中2作品はなんと89年。もう一つは90年。一つの時代を感じる…。
でもこの、『空のアンテナ』が本当に名作だった。復刊万歳。

表題作『空のアンテナ』。
主人公の鳥井は何処にでもいるような大学生。
当時流行りだったバンドブームにのっかり、自らもバンドを結成し、将来会社員にはならずに音楽でメシを食っていこう!…という夢を持っていたんですね。
ただ、ブームなだけあって似たようなバンドは沢山あって、だから自分達だけのカラーを出さなければ…と考えていた所、バンドが所属している会社の社長が、とある男をつれて来たわけです。
それが運命の出会いだったと。
ヤマギシマモルというその男は、ギターではなく胡弓を操る風変わりな男。
風変わりなのは楽器だけではなくて、何処か性格も浮世離れしている。
だけど、音楽の才能には溢れているんですね。
そう。バンドは売れたわけです。ヤマギシの胡弓のおかげで。
言ってしまえば、ヤマギシの胡弓がなければ掃いて捨てる程ある数あるバンドの中の一つに過ぎない。
鳥井以外のメンバーは、ヤマギシを煙たく思ってるんですね。
まぁ気持ちはわからいでもない。社長から押し付けられたに等しい、傑出した才能を持つ男一人の力に、自分達のバンドが劣るのか?とイライラを募らせるわけです。
でも事実、お客さんはヤマギシがいないとブーイング。
ヤマギシはますます孤立していくんですけども、鳥井だけは違っていたんですよ。
鳥井は、名声や成功に囚われないヤマギシの自由な音楽に、純粋に心惹かれるんですね。
そしてそんな音を奏でるヤマギシ自身にも惹かれていくんだけども。

ヤマギシは一見明るくて、天才とバカはなんとやら…というような人物に、鳥井とか中の登場人物達は感じているんだけど、第三者的立場から読んでいる読者は、そうは思わない。まあ、鳥井はその笑顔が少し淋しいということに気づいてはいるんですけども。
私達が、単に明るいだけの人物だと思わなかったのは、なんだろう。
杉本さんの作品って、どんな作品にも共通して言えることだと思うんだけども、全編を通してとうとうと流れる寂寥感のせいなのかな。
全てに、人間の悲哀だったり、悩み苦しみだったりするものが、はっきりとは描かれていなくともベースに組み込まれているような気が。
真っ白な用紙に物語が描かれていくのではなくて、その用紙はもともと薄い色をしている。
その薄い色=悲哀だったりするんだけども、その、元々薄い色から喜びや幸せも描かれているから、一抹の深いところにその寂寥感がにじみ出てくる。そんな感じかも。

題名の『空のアンテナ』は、どういう意味なんだろうと思っていたら、絵本の題名だったんですよ。
その絵本が凄く重要。渡り鳥に恋したカエルのお話。
両想いになったのに、空のアンテナに呼ばれて、渡り鳥は飛び立っていってしまう。
そして、渡り鳥を見送ったカエルは冬眠に間に合わなくて、死んでしまう。
だけどカエルは死ぬ間際には幸せだった、と言う。
最初、鳥井はこの絵本を読んだ時、鳥の気持ちもカエルの気持ちも理解出来なかった、とヤマギシに打ち明けるわけです。
そんな鳥井にヤマギシが、『それだけ”愛”はデカいんだよ』と返すんですね。
杉本さんて、絵本をよく効果的に利用していると思う。ファンタジウム然り。
子供の読み物に託して、伝えたいことを伝える…というのは凄く素敵だなあ。

はじめは、才能のあるヤマギシが渡り鳥のように去っていってしまうのかな、と考えてたんですよ。
だけど、そうじゃなかった。
飛び立っていったのは、その名の如く鳥井。
自分のバンド活動の不安から、海外へ音楽を学びに行ってしまう。
せっかく結ばれたヤマギシを日本において。
でも、本当は鳥井は、ヤマギシについてきて欲しかったんですね。
その時に鳥井は、絵本の渡り鳥の本当の気持ちを知ったわけです。
だけど当の本人ヤマギシは、

「待ってるよ 百年は少し長いけど…そうじゃなければ」

と言って、さらっと鳥井を送り出す。選別代わりに絵本を渡して。
そして十年経って、夢破れて帰国した鳥井は、小さな会社に就職して普通のサラリーマンになっていました。
そんなある日、たまたま見た記事に、有名になったヤマギシのことが出ていたんですね。
ヤマギシのことが気になった鳥井は、彼の実家があったところに行き着き、この十年間にあった彼の、悲しい真実を知る。
そして、ずっと未開封だったヤマギシからの贈り物を開ける。
そこに書かれている愛の言葉を見て、鳥井はヤマギシに会いに行きます。
渡り鳥は、カエルの元にやっと帰ってきたんですね。
十年経ったけれど。絵本とは違う結末を携えて。

君と好きな人が、百年続きますように。






百年は待たなかったろ?十年は経ったけどさ


昔――言ってたじゃん


絵本の話


ずっと心で思ってれば変えられないって


ただしあの物語とは結末がちがうけどさっ


見なよ!!


あんなに空が低くて――


いまにも手がとどきそうだ






短編集なので他にも物語りは収録されてますが、表題作の感想でエナジー使い果たしたので(弱っ)割愛。
どの話も、今より絵柄は古くても、内容は杉本さんだなぁと思わせてくれる作品群でした。
全てがハッピーエンドではないけれどね。
ま!特筆すべきは書き下ろしの眼鏡奇譚ですけどね!!
眼鏡スキーの人、この題名に惹かれて買ったら失敗するお^^



【勝手に評価】
はなみずき度:★★★★★(ずっとかわらず百年たっても想ってるよ)
B L度:★★(一応裸はあるので…でもあっても無くても変わらないような…)
総  合:★★★★★


いつもは収録されてる全作品の総合評価で★をつけてるんだけども、この短編集は表題作のみで★5つの価値があると考えましたのでこの評価。
是非沢山の人に読んでほしい作品です。






スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。