暫。 祈り
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.08.27 *Fri*

祈り

ネットサーフィンしてて、記事の題名を見るなり衝撃が走った件。

ttp://www.nikkansports.com/baseball/amateur/news/p-bb-tp3-20100823-669291.html

…あのー。一般人の使う言葉のチョイスって時々おたくをどきっとさせるよね?っていうレベルを超えてると思う。つーか男同士で『よりを戻す』って言葉は使わんだろーふつー。
つか、そもそも別れてねーよ!!!
別れたくなくてもミスターしらかわがちょっと残念だっただけなんだよ!
っていうかそもそもよりを戻すっていっても、この夫婦、仮面夫婦っぽかったじゃん(酷)?
高校時代からなんか仲むつまじい夫婦には見えんかったよな。
だって優勝の時の醍醐味の一つに(暫的には)、勝利が決まった瞬間に投手と捕手がお互いに駆け寄って抱きーーーっ!!!!…って抱きしめ合って、内野陣と外野陣が少し遅れて集まって、球児団子が出来る…っていうのがですよ。
それがいいんじゃないですか?(力説)
ところがこやつらといったら、アレですよ。
最後の球は三振だった筈なんですな。最後の打者は現エンジョイヘブンのたなかのまーくん。
だから優勝の瞬間は捕手側を向いてた筈なのに。
…なのにハンケチといったらば、優勝決まった瞬間、わざわざ後ろっていうか外野側を向いて手を挙げましたからね。
捕手のミスターしらかわ、しょうがないから背中を向けてるハンケチに駆け寄りましたからね。
どんだけ苦労人…。捕手って苦労人だから、優勝した瞬間はやっとこう…日の目を見るっていうのにさーーーもうちょっとハンケチ、しらかわくんを大切にしてやってくれよおおおとちょっと憤慨したw

そんな二人がよりを戻したんだってさ。
まぁ…いいんじゃないでしょうか。ハンケチちょっと自尊心高そうだもん(何様のつもりで評価してんだよお前達と自分で突っ込んでみる)。
ミスターしらかわくらいなんか苦労人みたいな人というか、王子の不幸も背負いますっていうおかあちゃん気質の子じゃないと合わないんでしょうね。と、勝手に推測してみる。あくまで推測ですよ、念のため。

…こんな記事一つにここまで盛り上がれる自分達ってお安い人間だなぁ…と思いますた。
もう一つついでに、今日食べたインドカレーがあまりに美味しくて、その美味しさを伝えたいがあまりに、もういっそランチブログを新設しようかと真剣に考えているお安い人間の思考回路ですからね。
いやもうめっちゃあたりだったんですよ!!大興奮。


ということで。
ミスターしらかわは絵に描いたような苦労人間だ…ということは、ヲたくな野球スキーには知られている事実ではあると思うのですが、この主人公も大概、不幸な星のもとに生まれてるよね…繋がりで、本日はこの本の感想をば。


祈り (ガッシュ文庫)祈り (ガッシュ文庫)
(2010/07)
綺月 陣

商品詳細を見る




題名:祈り
作者:綺月陣
挿絵:梨とりこ
初版:2010.8
発行:海王社


*****************************************

あらすじ:
来栖薫は、憧れの大曽根麻薬取締官の元で仕事をすることになった。
想像通り彼は仕事のできる紳士だった。
そしていつしか二人は互いを意識し始める。
しかしある日、薫の前に元恋人が現れて大曽根に誤解されてしまう。
「薫を幸せにするのが私なら、もっと嬉しかったよ」
いつまでもこの人を見つめていたかった。
けれどもう側にはいられない。
ヤクに侵された元恋人が関わる事件に気がついた薫は、事件解決のためにある決意をするが…。

*****************************************



なんかあらすじが微妙に的を得ていないような気がするのはあたくしたちだけでしょうか。
や、外れてはいないし、実際にそういう内容なんだけどなんつーか…主人公の薫が、マトリでありながら薬物依存であるところがインパクトが強すぎて、そこが書かれていないとなんかちょっと別の話みたいなんだよね。
ま、そこが話の肝だからあえて載せていないんだろうけども。

さて。結構分厚い感じの本だったんですが、重い内容であるにも関わらず、続きが気になって一気に読んでしまいました。
薫は一見陽気で楽天的で、新人でありながらマトリ仲間のムードメーカーなんですね。
が。実はそれはそう見えるように彼が自分を演じているわけで、本当の彼は暗い過去を背負っていたんですなぁ。
マトリの大先輩のゾネさんこと大曽根と出会って、新しい世界に飛び込んで、やっと新しい人生を歩める…という希望を胸に、彼は社会に出るのですが。そうは簡単に過去を払拭出来るわけではなかった…。
というのが大方の内容ですかね。
ただ、その過去っつーのがえらいへヴィーなんですわ。

大学時代の元彼…と言って正しい表現なのかどうかは分らないけれども、悪しき縁で結ばれてしまった同級生が、薫の明るい未来を阻むんですよ。
元彼のテツは、頭は抜群にいいけれども、その頭の良さをロクでもない方に使ってしまう輩でして、新しいドラッグを開発しては薫で人体実験をし、それを元に893などに売り捌く…という阿漕な商売をしていたという。
その上、そのドラッグを作る費用をどこから出していたかというと、薫のあられもない姿を撮影して、それを売った汚れたお金を薬の元手にしていたっていうんだから、もうほんと救えないったら。
まぁそんなテツなんだけども、ヘマしてしまって大学を退学処分となる。
それで二人は疎遠になるんですねぇ。

それを機に、薫は生まれ変わって人生をやり直そうとして、マトリになるんだけども、もうね。
運命とはかくも残酷なものか。
つまりはテツに薫の居場所がばれてしまうってことなんですけどね。
薫はゾネさんに淡い想いを抱いていて、とっても綺麗な気持ちでゾネさんを想っていたんだけども、テツと再会して、マトリである自分達が追っている事件とテツが関わっているということが分ってしまう。
しかもバラしたら、薫のいかがわしい画像ファイルを職場に送りつけるぞと脅される。
…なんかもう八方塞りでにっちもさっちもいかない。
ゾネさんも薫のことを心配して、好ましく想っているのに。どうしてこんなにも上手くいかない?
もう、物語の8割方が主人公薫の痛い場面なんですよね。テツが絡んでくる。
というかこの話で、ゾネさんと薫がラブラブなシーンなんて、ごく一部。最後も最後。
しかもラブラブ…っていうよりも、お互いがお互いを大切に想っている…神聖な儀式みたいな感じでして。
物語の殆どは、薬をうたれておかしくなって、苦しむ薫の描写…。
そしてそれを食い物にするテツ。

もうねーほんとねー。テツって人間のクズなんですけど、っていうかもう虫けら以下なんですけど、情っていうのはやっかいなものなんですよね…。
薫にとって、テツは愛してはいないけども情はある存在。
だからどうしても、彼に自首をさせて、自らの罪を償って欲しい。
たったそれだけ。その為だけに、ゾネさんへの淡い想いも捨て、マトリすら辞める。

…もうええがなーーーーー!!!!!。・゚(゜´Д`゜)゚・。

もうさっさとテツを敵の893に差し出して、ゾネさんにほんとのことしゃべって、職場にひわい画像がダウンロードされた瞬間にメインコンピューターぷちっと電源消したらいいだけの話じゃんよおおぉおおおおもうテツとかほんとどうでもいいし!!!

…って思うんだけど。思うんだけども…。情の深い薫にはそれが出来ないんです。
薫がゾネさんを振るシーンなんか、涙涙ですよ。

「私は、きみを好きになりかけていた」

∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃

ゾネさんかわいそうーーーーー。
でも薫はもっとかわいそうーーーーーーー…。
違うよ!違うんだよ!!薫はゾネさんのこと超大好きなんだよ!
でも振るしかないんだよ!この辛い気持ち分ってよ!
ただでさえ辛いこと言ってるのに、そんなこと言われたらもう…もう…。

ほんとゾネさんがいい人で、素敵で、いい人なんですよ(2回言った)。
いやだってほんといい人としか言いようがないんだもの。超人間出来てるの。
でも、そんなゾネさんも、過去に自分の大切な人を失ってしまった悲しい過去があるからこそ、こんなにも優しくなれるんだろうけども。

ゾネさんと出会った頃は、薫って太陽みたいに笑うようなイメージだったんですが、その笑顔は作られた笑顔でした。
全てが終わり、二人一緒になって、薫は以前のように陽気に笑うことはなくなったんだけども、それでも静かに、心から微笑むことが出来るようになりました。薫の本当の笑顔です。
二人で一緒に幸せになれてよかった。本当によかったよ…。
これから、二人でずっと、静かに幸せを紡いでいくんでしょうね。






いつも祈り続けてきた。


自分の足で立っていられますように。


誰にも流されない、本物の強さを持った人間になれますように…と。


「きみの笑顔には、癒される。きみの笑顔は、きみが思うより遥かに強い。私は、その笑顔を守り続ける。きみのために、私は誰よりも強くなろう」


「強く……なります。俺も、あなたのために」






梨さんの絵が凄く良かった。
薫の儚い君なところとか、ゾネさんのダンディなというか、紳士なところとか。
話は凄くアングラな感じなんですが、梨さんの一見清涼感のある絵がそのキツい内容を、阻害することなく静かに華を添えている…。自己主張しすぎずに、物語を緩和していると言ったらいいのかな?
素晴らしい絵師さんだー。



【勝手に評価】
『祈』りが『折』れなくて良かった度:★★★★★(※)
BL度:★★★★(テツと薫の描写がキツイんです。ゾネさんと薫のは崇高な儀式。)
総 合:★★★★☆


(※)昔、お正月にとある神社に行ってかけてある絵馬をたまたま手にとって見てみたら、『合格祈願』ではなくて『合格折願』と書いてあった。ああもう駄目だと思った。
もう駄目だついでに、どんな人がその絵馬を書いてるんだろうと思って、名前を見てみたら、なんと自分達の幼馴染だった。ああもう本当に駄目だと思った\(^o^)/
…そんな悲しい出来事があったんですよ。かつて。
で、最後の最後でなんですが、本編のラスト終盤。凄く大切なシーンで大曽根さんの表記が『小曽根』さんになってて電車の中で思わず吹いた件について。
大曽根さんがちっちゃくなっちゃったお…!!!!



スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。