暫。 BL社長
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.08.16 *Mon*

BL社長

甲子園行って来ましたー!
…暑かった…。朝、家を出る前に天気予報を見たら『猛烈な暑さとなるでしょう』とか言ってて、一瞬行く気を失くしました…。
試合自体はね、応援してたところは敗退しましたが、でもいい試合だったので。
つか、いつも地方大会ではパカスカ打つのに、甲子園に来ると打てなくなるんだよなぁ…この子達は!
結論としては、ヤマダがかっこよかったという話です。
彼一人が活躍しても勝てんわなぁ…(遠い目)。
3点差の開いた9回表、トップバッターがヤマダだったんだけども、なんかもう最後力尽きたって感じだったもんな。たとえあそこでHRが出ても2点差でいずれにしても勝てなかった…。
まあ、打てなかったら勝てないわなぁ~。
残念だったけど、諸々は楽しめました。

りせいの先発の子がどうやらお誕生日だったらしくて、第一打席に立った時にいきなり応援団が『ハッピーバースデー』を歌いだしたのがスゴいよかった。
歌い終わった後に素敵な拍手。スゲー!!4万人超にお祝いされた誕生日!
試合は負けちゃったけど、一生もののいい思い出だよね。
しかもとても好投してたし、よくがんばりました。
あとは、りせいの応援のウィーウィルロックユーが聴けただけでもう大満足。
まぁりせいのね。ブラバン自体はそんなにうまくないんですけども…。
でもロックユーに限っては、ここが元祖の応援なんですよね。
現日公元TOINのSYO=NAKATAの応援曲がこの曲だったので、一気に甲子園でおなじみの曲になったけど、元々はりせいの3番バッターからだったんですよ。懐かしい。
彼は今元気かなぁ…。
だから久々にりせいのロックユーが聴けて嬉しかったんですよねー。

明日はNORTH大津ですな。相手、いいピッチャーだけど今年はNORTH大津いいとこまで行きそうな気がするんだけどなー。ノリノリだし。
隣にいたおっちゃんズが「NORTH大津の打線はほんまもんやで!投手は知らんけどな」とか言ってましたからね。
しかし毎年濃いメンバーだよねNORTH大津。そして投手はイロモノ(褒め言葉)w


ということで。
本日は、いつもとはちょっと趣向を変えて、『イロモノ』な、でもボラと関係のあるこの本の感想をば。

BL社長BL社長
(2010/08/10)
天城 れの

商品詳細を見る




題名:BL社長
作者:天城れの
初版:2010.8
発行:リブレ出版


*****************************************

あらすじ:
山田卓也58歳。
どこにでもいる団塊世代のおじさんが、ある日突然出版社社長に…!
その出版社は──BLマンガ最大手アマゾネス出版。
編集部員30余名──全員腐女子! 
彼女たちには卓也の常識も理屈も通じない。
今までのサラリーマン人生では想像のつかない世界。
ウザがられ、叱られ、しょげ、それでもメゲない卓也の毎日、ご覧あれ。
仕事で心が折れそうなアナタ、もっと辛い人生だってありますよ?

*****************************************



天城れのさんは久世番子さんみたいにもういっそボラ系のエッセイストとして生きた方がいいのでは?と思ってしまった。
いや、最高のエッセイストはもう、あたくしたちの中ではヒエラルキーのトップに鎮座してるのは実は語シスコなんですけども。あの人ほんまにエッセイ漫画書いた方がいいと思うし、出たら絶対買う。
たとえ今までの漫画とかに収録されてたものが再録になってたとしてもエッセイだけが収録されてるのであれば絶対買うったら買う。イチオシ。
正直、語シスコの担当は何をしてるんだと思う。商機を逃している!さぁ担当よ立ち上がれ!!!
そして今語シスコのエッセイ集を出すのだ!!!
ボラ的内容なんだけども、エッセイならばボラが直接出てくるわけではないので、オタクであれば笑って読めるんだよね。だから絶対読者層も広くなると思うし、あの笑いを色々な人に広げたいんだけど正直…一緒に載ってる漫画がキツすぎて(…)、友達とかに貸せないのが現状なんですよ…。
いくらボラが読める人って言っても、あの人の漫画ツユダク杉。

…ってあれー???違う違う!!語シスコの話がしたいのではなく!
天城れのさんも漫画自体は、個人的な好みから云うと大好きっていうわけではないんですよね。
葬儀屋の息子シリーズはよかったんだけどね。
多分、この本が出たっていうことは先に出た『正直売れたい。』がそこそこ売れたからなのでしょう。
BL社長はまあ、エッセイではなく、フィクション入ってくるんだけども…モデルがね。
間違いなくYOU達の働いている会社の社長&社員だろ??ということで。
だって、『正直』に出てくる作者の担当インリンとイッシーもまんま出てくるし。
そもそも雑誌の名前が『V-BOY』ってwwしかも『V-BOY VOLD』って…酷すぎるw
編集部長に萩真澄氏という方が出てくるんだけども、この人って、前前から思ってたんだけどももしかしてリブレの出版物購入したら必ず最後の『発行者』の欄に出てくる牧さんって人ですか?

…で、気になってぐぐ先生にきいてみたら、やっぱそうだったみたいです。
すげーーーーすげーーーこの方がボーイズラブって言葉を生み出したんですね。
そして当時JUNEのような耽美系の薄暗かったりとか悲恋とかが多かった路線から今のボラ世界への開拓者となった方でもあるんですねぇ…偉大だ。素晴らしい。

この本のお話自体は、極普通の一般企業に勤める、極普通の部長さん(定年まであと2年)が、一見極普通な出版会社の社長になった…のですが、実はこれには大きな問題が。
そう。その出版会社は、BL本をメインに出版していたんですねぇ…。

…なんつーか読んでて色々痛かった…。
社長は仕事としてだからボラを読めるのだろうなぁ…。
もしこれが自分の父親だと思ったら、うあああああああああ…と思わず頭を抱えてしまった。
だけどこんな社長が来たら、なんつーか社員は憎めはしないんだろうけどイラッとはするんだろうな★
という気持ちは痛いほどわかったw

しかしだ。
社長が会議に参戦したのはいいものの、議題の内容が雑誌の特集の内容をどうするか。
で、出た案が「是非『尿道責め』でいかせて下さい!時代は尿道なんです!!」
――そりゃ出鼻からやる気もくじかれるってもんですよww
くじかれたどころか更に踏みつけられてぐりぐりされたって感じですな。

『正直』を読んでくすっと笑うことが出来た方なら、こちらも読んでみてはいかが?





僕くらいの年代の男性が


男性に激しく犯されている・・・





ああああああああああああああ

うちの父親と一緒に熱林を観ていた時に、本当にたまたまボラコーナーに行き着き、父親が
「何だこれは。売れてるらしいぞ?」ってぽちっとな~~~ってしたあの悪夢のような光景を思いだした…。
その瞬間、「あーーーーーー、あたしトイレ行きたいから、トイレいってそのまま寝るわああおやすみいぃぃ」ってめっちゃ挙動不審に部屋を去ったのだった(遠い目)。
その後のことは知らない。というか知りたくもないね★



【勝手に評価】
痛々しい度:★★★★★(色々と)
B L度: ― (BL会社社長の受難の話ですからね!)
総  合:★★★


たまにはこういうのも読むと楽しい。『アマゾネス出版』という名前が何とも。
歴史は女性によって作られる。

スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。