暫。 龍の烈火、Dr.の憂愁
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.07.11 *Sun*

龍の烈火、Dr.の憂愁

現在新たな本(新旧含めて)を必死に読んでいるところ。
でも、面白くても一向に読み進まない本と、一気にばばばばばって読み進めてしまう本ってありますよね?
今読んでるのがナリセコノハラ氏だから読み進まない読み進まない。
いや、読み進む分もあるけどさ、時間が無い時に読む本じゃないよなって読み始めて気づいた。
嗚呼、こんなことならざます星のありのまま~を読んでおけばよかった。
軽い本…軽い本が読みたい…。THE★ボラ!って感じのやつ。典型ボラ。


ということで、本日は感想に困ったら、の清和くん。
来月新刊出るし、ちょっとでも感想をアップしておこう…。



龍の烈火、Dr.の憂愁 (講談社X文庫―ホワイトハート)龍の烈火、Dr.の憂愁 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/02/05)
樹生 かなめ

商品詳細を見る




題名:龍の灼熱、Dr.の情愛
作者:樹生かなめ
挿絵:奈良千春
初版:2008.2
発行:講談社


*********************************

あらすじ:
明和病院に勤める美貌の内科医、氷川諒一の年下の恋人は、暴力団・眞鍋組の若き二代目、橘高清和だ。
十九歳の年齢にして不夜城である新宿の主となった清和には敵も少なくなかった。
男でありながら清和の『妻』として『姐』として生きる決意をした氷川だったが、ある日、とうとう組同士の争いに巻き込まれてしまった。
闘いを決意した清和に心が乱れる氷川だったが―。

*********************************



この巻の名言は、本編では無い。間違いなく作者後書である。
前巻でまさかの清和くんのムスコがnot一番だという氷川発言がありましたが、それに対してやはり読者から多くのコメントがあったようで…。

『清和が可哀相』

…ってそんなアナタ。そんな言葉をファンから貰うこと自体が可哀相だよ…!!!
なんでだろうね。清和くんって身長190近くで、男前で、インテリ893のトップで、こうね。口数も少なくて、でもやるときはやる。
ほらっ、こんなにもカッコイイ要素が詰まっているというのに…!!!
でも読者が清和くんに受ける感想は、
『カワイソス( ノД`)』とか『なんて不憫な…(´;ω;`)ホロリ』とかね。
なんでだろうね。こんなにも無敵な条件が揃っている筈なのに、可哀相オーラがぷんぷん出てるっていうのは…。
清和くんって貴重な存在ですね。
つーか清和くんがどうのというよりも、清和くんが氷川にほれ込んでしまっているあたりでもう清和くんの運命が決定してるんでしょうけどね!

そんな清和くんですが、この巻では題名の如く、藤堂に対してめらめら&バチバチと闘志を燃やし、一触即発状態。
そりゃそうですよなぁ…。前巻で氷川があーんな目にあったらねぇ。
しかも一般人で、学生時代の友人の滝沢から氷川がラブコールを受けたりしてたら、ただでさえぴりっぴりしてるのに、まぁ空気がもう最悪なわけでして。
一番得意な発言「…………」→三点リーダー連呼(?)でも、こう怒りの雰囲気というか嫉妬というか、膨大な量の感情が含まれてまして、それを氷川は全て察してるんですねー。すげー。
そうしてしばらく三点リーダーを連呼した後、挙句「滝沢、始末する」
えええええもうちょっと穏便に行こうよっていうか寧ろ助動詞くらい文中に使って!とか関係ないことを思ってみる。
でも清和くんは氷川に対して自分が893っていうことに負い目を感じてるから、こう…一般人の人から氷川がラブコールされてるって思ったら気が気じゃないんですなぁ。
ここらへんは清和くん若いねーまだまだだね★(死)なーんて上から目線をしてみるのだった。
でもそんな負い目に氷川は気づいてないからね。それをね。おっとこまえーで素敵vvvvな橘高さんがね。
フォローするわけなんですよ。ああもう悶える。橘高さん大好き。

まぁそんな感じで(どんな感じだよ)、後半からは桐嶋&氷川&京介の愛の逃避行(違)になるんですが、もうなんつーか…この巻の後半はレジェンドオブ京介っつーかなんかもうサーガですよ。
京介の、京介による、京介の為の話ですよ。りんかーんもびっくりだお!
そして京介が出張るのと比例してショウの扱いが虫以下になっていくという体たらく。
踏みつけても踏みつけても起き上がってくる不死身の○○○○…みたいなね。GですよG。
なんか京介も京介で凄いんだけど、死んでも死なないショウって…。
やはり伝説を作るにはショウという存在が不可欠なんですよね?ね?そうなんだよね??
p189の挿絵とか、最終兵器京介。なんですけど。
そして桐嶋とタッグを組む氷川。
そしてここでも桐嶋は氷川に頭が上がらなくなるんですけど(苦笑)。
ホワイトハートでDr龍シリーズの特集のページに行ってみると、眞鍋組のメンバーの紹介文が載ってるのはいいんだけど、氷川以外みんな弱点が『氷川』ってどうなのよコレ。凄いな姐さん。おらびっくらこいただ!
つーか祐の弱点は氷川っていうよりも安部さんだろ?と、思いつつ。

みんなの弱点を握ってるね。氷川がね。
ずーっと清和くんが893であることを反対していた氷川がね。
この巻の最後の最後でやっと、893であることを認める発言をするんだよね。ま、橘高さんの助言なんだけど。
清和くんよかったね…ほろり。






一分もたたないうちに、苦笑を浮かべた京介の手でショウは地面に倒れた。


少しの間、ショウは痙攣していたが、今はピタっと止まっている。


京介は掠り傷一つ負っていないし、呼吸も乱していない。


「京介くんもすごいけどショウくんもすごい。倒しても倒しても起き上がってくる……そういえば、そんな人形があったよね」






えーっとおおおお…ドクターストップドクターストップ!!!氷川あんた仮にもドクタァァァアアアア!!!!(突っ伏し)
つかこの発言酷くね?「そんな人形」ってあーたおきあがりこぼしのことだよね?
清和くんがそんな目にあってたら核弾頭になるくせに、嗚呼この扱いの差といったらない…。
ショウはただちょっと筋肉バカで単細胞なだけなんだよ…えっ?これも結構酷い?





【勝手に評価】
清和くんやっぱり不憫すぎる度:★★★★★(滝沢のこともあいまって、不憫度アップ。)
B L度:★★(今回はいつもと比較して匂わす程度が多かった)
総  合:★★★★☆



この巻の挿絵も神々しいですなぁ。ほんと眼福。




スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。