暫。 堕ちる花/姦淫の花/闇の花
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.06.23 *Wed*

堕ちる花/姦淫の花/闇の花

書こう書こうと思ってて忘れてたんだけど、だる様の新たな魔球の話。野球分らない方すみませんね。
元々変/化/球めちゃくちゃ持ってる選手だけど、新たな魔球が加わった!みたいな記事を見たので、ふむふむと読んでみたら…『140㌔のちぇんじあっぷ』とありまして。
それさーもうさーちぇんじあっぷじゃねーだろwwwwwと、突っ込んだのはあたくしたちだけでは無いはずだ。
ストレートでも140出すの大変だろ一般人は^^
しかも普通のちぇんじあっぷを持ってる上での高速ちぇんじあっぷだというのだから、もう…あいた口がふさがらないあばばばばばばば。
流石だわ…なんというかだる様の記事の最後に『やっぱりな…』っていうように、父ふぁるさのコメント載ってたしなw父自重しろww

それにしてもほんとこの人みてたら、神様って贔屓してるよね(*益*)って思うわけです。
野球の才能はあふれ出てて、身長高くてお顔立ちも大層整っており、スタイルもよく、性格…昔は悪いなー…って思ってたけど、後輩に対してめちゃくちゃ面倒見がいいんだなっていうのが最近ひしひしと伝わってきてるので、そこらへんのマイナスも最近無くなってきており、なんだよじゃー悪いとこないじゃんかよ!と思ったりする。
雑誌のあんあんでヌードを披露してたときはアゴはずしかけたけどな!!



ということで。
本日は、このにーちゃんとかも、絶対あんあんとかに出てるクチなんだろうなーという勝手な妄想繋がりで、この本の感想をば。






堕ちる花 (SHYノベルス)堕ちる花 (SHYノベルス)
(2008/09/06)
夜光 花

商品詳細を見る




題名:堕ちる花/姦淫の花/闇の花
作者:夜光花
挿絵:水名瀬雅良
初版:2008.9/2009.3/2009.7
発行:大洋図書


*********************************

あらすじ:
大学生の磯貝誠は、異母兄で人気俳優の尚吾とふたり、故郷である四国を離れ、東京で暮らしている。
過保護なくらいに誠を溺愛している尚吾と、弟でありながら兄を守りたいと思っている誠。
ふたりはまるで恋人のように仲のいい兄弟だった。
そんなある日、誠のもとに幼馴染みからハガキが届く。
それがすべての始まりだった…ずっと押し殺してきた想い。
兄弟として超えてはならない一線。故郷に隠された忌わしい秘密とは…。

*********************************



濃い…濃いのよ…えろすの濃度が…!!!
まるで酸欠になった鯉のような気分。口パクパクパクパクモゴモゴモゴモゴ∞みたいなね。
ちょっと文を読む目が泳いだ(笑)
もうええ、もおええから!もう尚吾(攻で兄)がおかしいぐらい弟の誠のこと好きっていうのは分った。よっくわかったから!!な、落ち着こう、な。話せばわかる。な?
…ぐらいな勢いでえろが濃かった…。
なんていうんだろう。この作品に限らず、この方の書くお話ってえろすが濃いじゃないですか。
で、お話自体の持つ雰囲気も、ちょっと薄暗いというか、湿気を帯びてるというか、常に湿度70%以上維持し続けているような、そんなイメージなんですよ。
そういうじめっとした雰囲気の中で、描かれるえろだから余計に濃く感じるのかもしれないんだけど、今回の話はそれに輪をかけて、『兄弟もの』っていう禁忌ですなぁ。しかもボラですからね。
なんか二人が兄弟でつきあってるっていうのをひたすら親や周囲の人間に隠してたんですけど、やーもう兄弟ってこともそうだけど、あなたたちそれより♂×♂ですからね?禁忌×禁忌ですからね!
なんかここまできたら禁忌キッズですからね★あーーーもう最低なオヤジギャグですね!!!!

…少し冷静になってみよう自分達。
先ず、全三冊からなる一冊目は『堕ちる花』。
まぁ…弟である誠を好きすぎてたまらない人気俳優の尚吾が、誠をこうね、避けてるんですよ。自分が何かしちゃいそうだから。
で、何も知らない誠が大好きなにいちゃんを追いかけていく…みたいなね。
所謂、二人がくっつくまでのお話。
そして、二人は今東京に二人暮ししてるんだけども、実は、彼らの田舎が…おそろしーい植物を栽培していた…。
ちょっとサスペンスが入ってるんですよ。ここらへんが夜光花さんって感じかな。
この植物、書かれている内容といい、挿絵といい、明らかにケシなんだよねぇ…。
物語の根幹つーか『犯人はお前だー!!!』っていう1巻の内容がこの花なんですけども、そもそも表紙。
表紙見た時点でこれがケシだと気づいちゃった人は「嗚呼…」と話が読めてしまうというね。
なんてこったい★
それにしてもこのにーちゃん。典型的なヤンデレですやん…。
にーちゃんは充分に病んでるので、だからにーちゃんにはこの花の匂いが効かないんじゃないのかと思われるほどの執着っぷりなのでした。
ちなみにこの1巻にだけ、誠の幼馴染の八尋の挿絵が入ってるんだけど、なんつーかもう八尋の扱いがあまりに酷すぎてねぇ…(遠い目)。
3巻とかもう…何か兄弟二人は幸せになったけど、八尋は全不幸を背負って物語終結ーって感じだったからなぁ…。気の毒でならないのだった…。

2冊目。『姦淫の花』。
お前ら、花が無くても充分盛ってますやん!題名『姦淫』だけでいいよ!『花』いらないよ!!
もうー…えろが濃い中でも特に濃いこの2冊目。
出来る限りのえろが詰め込まれているような気がした。気じゃない。間違いなく事実。
素晴らしくにーちゃんのヤンデレっぷりに磨きがかかるこの巻。
にーちゃんの仕事シーンというか、仕事に行く姿とか描かれるんだけど、そんなにえろすなことをしているのに本当に働いているのか?と余計な心配をしてしまうくらいえろす三昧。
で、2巻もやはりサスペンス調になっているんだけども、やっぱり花に絡んだ事件になるんですよね。
犯人は出てくるんだけども、2巻で明らかになるそのもっと奥のラスボスの存在…。

そして三巻目。『闇の花』。
ついにラスボスキター!!!なんとラスボスはにーちゃんの、死んだ筈の実の母親。
これがね。もう完全にね。いっちゃってるんですわ、このママン。
殺すことが愛情みたいにね。思ってる人なわけです。
このママンね。完全に救いようが無い人だから、死んで話が終結なんだろうなー…って思ってましたが、ある意味まさかの展開でした。
話の展開的に、尚吾と誠の父親が殺して父親も死ぬのか、ちょっと救われないけど、自分の落とし前は自分でつける…っていうので尚吾が殺すのか、それとも母ちゃんの自爆みたいな展開の3パターンくらいを考えてたんですけども、まさかの『八尋が殺す』がファイナルあんさーでしたからね!!!

そこオォオオオオオオオオ!!!???工エエェェ(´д`)ェェエエ工

それって奥の手っていうか、これって読者の方は皆オッケーだったんですかね??
個人的にこれ八尋がかわいそすぎね?って八尋に同情しちゃったんですが、どうなんでしょう。
そりゃー八尋は同情の余地が無いようなことを先の巻でやってるんだけども、それとこれとはちょっと違うっつーか…あれ?八尋の罪は別のところで裁かれるべきであって、こんな…尚吾と誠とその父ちゃんの身代わり?みたいな感じで警察につかまるというか…。
結局、誰もが人殺しにはなりたくないわけですよ。
相手がどんなに人でなしの悪魔のような存在であっても。
「人を殺せる人間と殺せない人間がいる」
という言葉がちらほら出てきたけど、結局3人とも母親を恨んでいるんだけども、殺せない人間だったんですね。
銃を持ち出し、刃物も持ち出したけども誰も母親を手にかけようとしない。
で、じれた母親が誠を人質にとって、誠をころされたくなければ父親を殺せと尚吾に迫る。
そこで尚吾から猟銃を渡された八尋がおかあちゃんを撃つ、っていうね。

…なんか釈然としないのは何故なんだろう…?(´-ω-`;)ゞポリポリ

ま、突っ込みはこれくらいにしといて、主人公家族が幸せになったらいいのかな…?なんて強制終了してみました(苦笑)。
誰もが幸せになれる…そんなお話は存在しないんだよね。うん。





尚吾と誠が笑いながら言葉の練習をしている。


茜は肩を震わせて泣いていた。


私も何だかもらい泣きして目頭を押さえた。


生まれてきた誠が希望を与えてくれているようだった。


きっと四人でうまくやっていける。


私たちは最高の家族になれる。


花が咲いたように笑う誠を見つめ、私は胸を熱くしていた。






↑一番最後の父親目線の短い短編が一番良かった。
全3巻通じてあれだけ沢山の事件があって、物語の最後の締めがこれっていうのがね。
切なかったのでした。




禁忌キッズ度:★★★★★(…)
B L度:★★★★★(濃い…濃いのよえろすが…!!)
総  合:★★★★



こういうえろすな本を読む度に思うこと。
何処がシャイノベルズ…?教えて大洋図書の偉い人。いやえろい人。


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。