暫。 エス 残光
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.06.20 *Sun*

エス 残光

本日、裁/判/所から封筒が届いていたんですね。まあ、祖父宛になんですけども。
祖父の仕事に関連して裁判所からもちらほらと封筒が来たりもするんですが、ま、それはいいんですよ。
問題はだ。今日届いた封筒の切手だよ切手…!!


カオス切手


…わけがわからん。

何このカオス?何でこんな組み合わせ??解せぬ…!!
左上の切手は明らかにれっかの炎…。その下は多分あーむずだろう。右は明らかにすぬーぺーなんだけど…。
この三つの切手の内容があまりにカオス過ぎてどうしようかと焦った。しかも裁/判/所から…。
いきなりなるほど君が登場して、

「くらえっ!!!これを送った所員は、おたくに違いないっ!!!!」

と、声を大にして私達の心の中で叫んだのです。
ちなみに真ん中の黒いのは住所がばれるので消しましたことですよ。
…にしても…凄いカオス。カオスすぎる世界だ…。これは日記のネタでしかないと思った。
ネタ提供をありがとう裁/判/所の所員様。



ということで。
本日は、そんな(どんな?)法の裁きを受けることなく、姿を永遠にくらました893が影の主人公の、この本の感想をば。
…むりやりつなげたぜ…!!



エス 残光 (SHYノベルス170)エス 残光 (SHYノベルス170)
(2006/10/27)
英田 サキ

商品詳細を見る




題名:エス 残光
作者:英田サキ
挿絵:奈良千春
初版:2006.11
発行:大洋図書


*********************************

あらすじ:
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事である椎葉は、拳銃の密売情報を得る言わば拳銃応酬のスペシャリストだ。
その、捜査方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った情報収集活動に重点がおかれている。
ある日、大物ヤクザであり椎葉のエスでもある宗近が何者かの銃によって倒れた。
宗近を守るため、ある決意のもと宗近から離れた椎葉は、五堂によって深い闇を知る。
複雑に絡まり合う過去と因縁。錯綜する憎しみと愛。
奪われた者は何で憎しみを忘れ、奪った者は何で赦しを得るのか。
この闘いに意味はあるのか?
闇の中でもがき続けた男たちの鎮魂曲!

*********************************



終わった…。

一つの長編映画を観終わったような心境。
良い映画を観た後って、放心して…終わってしまったことに一抹の寂しさを感じますよね。
たとえそれが幸せな結末だったとしても。

先ずね。
毎回言ってる中表紙。カラーでなくて、中扉の白黒の方ね。
もう…泣きたい。これを観ただけでも泣きたかった。
この中扉を見ただけで、このお話というか二人…椎葉と宗近の運命がどうなるのか、想像がつくというか。

話の感想は…そう、五堂というとても大きな嵐の前に揺れる、小さな小舟のような椎葉の存在が、もう切なくて。
3巻目でようやく一人で戦っているんじゃないって実感したはずなのに、その矢先にまた敵陣に乗り込んでいく…。
読んでいてやきもきするんですよ。
そもそも4冊ある中で、しぃしぃが宗近に対して『お前が好きだ』と告げるのは、この最終巻ですからね!
どんだけじらすんだ読者を…!
じらしにじらされて、それで一人で戦いにいってしまうものだから、うわぁあんしぃしぃ…と泣きたくもなるわけです。ただ、五堂の下に留まったのは、宗近を愛しているからこそなんですけどね。
でも、そこがまた宗近の想いとすれ違ってて、しぃしぃそこは違うから…!って思うんだけども、やっぱり一人で戦おうとするしぃしぃ。嗚呼。
五堂の闇は本当に暗くて、深くて、底なしの沼のよう。
五堂は完全なるヒール役なんだけども、『悪』って感じなんだけども、でも読者はそんな五堂を完全に憎みきれないんだなぁ。
五堂はずっと自分を理解してくれる相手を求めていて、始めはそれが宗近だと思った。
なのに、宗近は彼のもとを去り(まぁ宗近にとってはいい迷惑ですよね…)、一人になった五堂。
結局彼自身は誰も愛することが出来なかったその代わりに、自分を殺してくれる人間を探していたんですよね。
それをしぃしぃに求めたけども、でもしぃしぃは彼を殺すことが出来なかった。
結果的には、しぃしぃが人を殺さなくて良かったと思う。その役割は、宗近が負ったんだけども。
殺してしまったなら刑事でなくなってしまう…っていう現実的な問題もあるんだけど、それ以上に、しぃしぃは五堂を撃っても後悔しないとは言っていても、もし撃ってしまったら絶対に…後悔はしなくても、心に永遠に重圧を背負いつづけて、きっといつかそれに耐えられずに押しつぶされてしまうだろうと思うから。
対する宗近はそれに耐えうることの出来る人間であり、唯一この物語と、五堂の命を終わらせることの出来る存在だったわけで。

五堂の遺体が出てこない…という結末は、何というか…某U沢N樹氏のモンスターを彷彿とさせたのでした。
ま、モンスターの方は確実に生きていて、後口めっちゃわるーいわけですけども。
こちらでは、明らかに五堂は死んでるんです。
何故言い切れるかというと、宗近に一杯撃たれたからとかそういうことではなくて、紀里が五堂の子供を身ごもっていたから。
このシーンは秀逸だった。
五堂がいなくなり、自分の保護者だったおじいさんも亡くなった紀里に対して、「これからどうやって生きていくんだ?」と問うしぃしぃに、言葉のしゃべれなかった筈の紀里が、息だけで応えるんですよ。
「大丈夫」と。
この時、しぃしぃは思い出すわけです。
自分がドラッグをうたれて悪夢にさいなまれている時、『大丈夫。悪い夢はすぐに覚める』という声に救われたことを。そして、その声が紀里だったと悟る。
そして、今の「大丈夫」という意味が、紀里のお腹の子供のことを意味していると気づいて、しぃしぃは胸がいっぱいになるんですねぇ…。

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

このシーンは本当に胸が詰まる。
かつて五堂は自分の子供を妊娠した母親と、その子供を殺害した過去があるけれども、図らずも自分の血を残すことになってしまったわけなんだけれども、因果だなぁ。と。
一体どんな子供が生まれるんだろうな。
自分の血に負けない子に育って欲しい。結局、五堂は自分の血に負けてしまったのだから。


そしてやっぱりしのさんが素敵だ!!!!!っていう話でして。
しのさん愛してる。やっぱり愛してる。しのさんは自分のことを『立派な人間じゃない』って言ってるけど、そんなしのさんが素敵。というかしのさんが立派じゃなかったら、一体だれが立派なんですか?教えて偉い人。

宗近としぃしぃはね。こんなに色々あった二人なんだけども、これからは静かに愛を育んでそうですよね。
うん。
最後のその後の話なんか、もう話の展開なんてみえみえなんだけど、今までがあまりにすれ違い&じらしプレイだったので、これぐらいの幸せな終わり方でよかったよ…って。思いました。
しぃしぃも、宗近も、しのさんも、紀里も、小鳥遊も…皆、この物語が終わっても彼らの人生は続いていくのだと思ったら、凄く感慨深かった。
なんだかね、卒業アルバムを見ている感じ?今は会ってなくても、この空の下で頑張ってるんだなって思えるような。








「――誓う。何万回でも誓う。お前を愛してる。お前だけを……」







しぃしぃーーーーーーー!!!!!!!!!!

。゚(●゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚●)ノ゚。。゚ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン!!


よくぞ言った…!この一言を言うのに、四冊かかった…!
しぃしぃもぼろぼろに泣いてましたが、これを読む全読者も泣いた(独断)。




映像化出来そう度:★★★★★
(英田さんのこういうお話…デッドロックとかもなんだけど、物語が映画のようにシーンが思い浮かぶんだよね。挿絵の画力もあるんだろうけども。最強ストーリーテラー×最強挿絵。)
B L度:★★★
(あんま高くないです。糖度も低い。そんなハードボイルドシリーズ。でも最後は染み入るように幸せだった。)
総  合:★★★★★


もしボラじゃなかったらあっという間にテレビ化してそうだと思った。えすぺーみたいに。
でもボラじゃないと話は進まないっていうか特にこの宗近としぃしぃの、刑事とエスの関係はボラじゃないと書けないからやっぱりこれでよかったんだな…。

えーっと最後に言っちゃうと、表題の『S』という文字がですね。
いつも小文字の『f』に見えてしょうがなかったのでした。
や、凄くいい字体だおと思うけども!二人の関係を如実に表していて。
でも、エフにしか見えないんだよー『エス』の『エ』の部分がどうしても横棒に見えてしまうんだってばよ…!




スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。