暫。 言ノ葉ノ花
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.06.19 *Sat*

言ノ葉ノ花

先日、人間玩具(by池玲文)を買いにいった時の話。
いきつけの本屋さんはいつもコミック人気ベスト10を掲示しています。
ちょっとオタ的本屋さんなので、ベスト10といってもボラ漫画が5冊くらい占めてる時もある、ちょっと一般人御用達というお店ではありません。
密かにその本屋さんのベスト10を楽しみにしていて、その日も「今日は一体何がランクインしてるかな~♪」と」見に行ってみたわけです。
するとまぁ…1位は納得の某海賊キング目指してるあの漫画。もうこれはしょうがないというか、この漫画の最新刊が出た時は2位が所謂1位だよな?的なものですからね。
丁度見に行った日はざんぷ系の発刊物が占めていたので、やっぱざんぷは強いなー上位は全てざんぷだぜ?ふむん、と流していたのですが、その中で5位か6位だったかと思うんですが、少し異色な本ありけり。
…つーかすげー見覚えがある…?こっこれはああああああ!!!!!!!

速攻、人間玩具と一緒に手に持ってそのままレジへ。
ええ、あたくしたちが購入した本はこれですとも。


マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)
(2010/05/12)
ゆうき ゆう

商品詳細を見る



うわああああああああああああ!!!!!!いつのまにコレ単行本化してたんスか?
伝説の某○○書店の神剣ゼミで一時期だけ連載されていたあの伝説の漫画を描いていたソウさんの漫画ではないですか!しかも内容が内容だから打ち切りになったあのレジェンドの…!!
しかもこれってゆ/う/メ/ン/タ/ルのサイトで連載されてたやつじゃないですか!密かに楽しみに読んでたけど、最近更新されてなくてさみしいなーって思ったらこんなところで連載されてたんかい★
この本はねー…真面目に読んじゃだめだよね…。
なんつーか、本当に困ってる人がこれ読んだらダメだと思う…。何も解決されない気が…。
まぁでも、どういう時に病院に行けばいいのか?とか、そういう入門書…敷居を大分×1000位低くして、内科とか歯科とか、そんな感じで身近に感じて利用してくれて大丈夫なんだよ?みたいなね。
うん、上手くフォローできた。やればできる子だ(…)。

そんな感じで(どんな感じだ…)、やっぱおもしれーなーと思って本を読んでたら、超お久しぶりにブラザーからメールが届いた。

『ゆうめんたるくりにっく、買ってしまったw』

売り上げに貢献しすぎだろうあたくしたち…orz
一家に二冊。ゆうめんたる(…)。これで精神的にへこむことがあっても大丈夫★



ということで。
通常、幻聴が聴こえたらめんたるくりにっくですが、そうではなくて本当に人の心の声が聞こえてしまう…そんな男性が主人公のこの本の感想をば。



言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫)言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫)
(2007/09/10)
砂原 糖子

商品詳細を見る




題名:言ノ葉ノ花
作者:砂原糖子
挿絵:三池ろむこ
初版:2007.9
発行:新書館


*********************************

あらすじ:
三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。
ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。
罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。
そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった…。
切なさ200%!!胸に迫るスイートラブ。

*********************************



砂原さんの作品って、独特の世界観ですよね。
描かれているお話というか、受と攻は王道というか、1冊を通して二人の恋愛を描いているんだけども、登場人物がマイノリティだったりする。
だから描かれている内容はマイノリティだからこその苦しみだったり、辛さがあるんだけれども、物語全体がこう…やわらかいっていうか、透明感があるというか。もちろん、全部の話がそうではないんだろうけども、この透明感は砂原さんならではのカラーだと思います。

この物語は、結婚を考えた彼女の心の声がある日突然聴こえるようになってしまった時から、人生が大きく変わってしまった、人の心の声が分ってしまう余村が主人公。
建前と本音があまりに違う人間を毎日のように見て、少し人間不信気味の余村の前に現れた、攻の長谷部。
二人は職場でたまに会うぐらいの関係だったにも関わらず、偶然余村が長谷部が自分に好意を抱いているという心の声を聞いてしまうんですね。
彼を知っていくうちに、長谷部が心の声と口から出る言葉が同じという稀有な存在だということに気づくんですが…。

普通大抵の人は、自分の好きな相手が他人の心を読めるとなったら、そりゃーイヤだよなっていう話でして。
つか、あたくしたちはイヤだ。みもふたもないたとえだけど、自分の汚い部屋(普段綺麗にしていろって話ですが)を、扉をあけっぱにしつづけて相手に見られてるのと同じ状況じゃないですか…えっ?全然違うって??そうですね。はい、すみません(土下座)。

てなわけで、余村が、自分は人の心の声が聞こえるんだと告白した時に、長谷部は拒絶してしまうんですねぇ。
余村は余村で、やっと出会えた、自分を理解してくれて、なおかつ愛してくれる存在である長谷部なら、自分の特殊な能力を受け入れてくれるだろうと信じていただけに、そのショックは余計に大きかったわけで。
どちらの考えもよくわかるんですよねぇ。
ずっと誰も信じることの出来なかったけど、やっと信じることが出来ると思える相手に出会えた余村の落胆も。
大好きだけれども、故意ではないとはいえ、好きな相手から、まさか常に自分の心が盗聴されてるような状態だったと知った時の衝撃も。

でもねぇ…。余村がね…。
打ちひしがれてぼろぼろで、よれっとしてしまって。
物語が余村視点なだけに、余計『長谷部に拒絶された…』っていう気持ちが、もうひしひしと伝わってきてしまって、お願いだから長谷部よ…余村を受け入れてやってくれ…と心底願わずにはおれなかった…。

そうして紆余曲折があって、それでやっと二人が無事に想いが通じ合ったら、今度は余村が突如、心の声が聞こえなくなってしまった…!
っていっても、本来はそれが普通だし、最初は余村も大喜びするわけです。
でも、日がたつにつれて自分にとって聴こえる筈の声が聞こえないという不安がひたひたと押し寄せてくる。
元々、思っていることが表情に出ない長谷部の心が読めないことへの不安、仕事面や対人関係での不安…。
今まで相手の心の声が聞こえたから、相手が何を本当は求めているのか分ったし、求めているものを与えることも出来たけど、それが出来なくなってしまった…。
長谷部は『人の心が聴こえないのが普通』とは言うけれども、余村にとっては『人の心が聴こえるのが普通』なのであって、決して自分の苦しみは誰にも理解してもらえない…。ということで、また思い悩んでいくのです。
余村…はげちゃうよ…?
そういうときこそ、ゆうめんたるくりにっくへ…!!(決してまわしものではありません)

長谷部が長谷部で、本当に良かった。
長谷部は決してセレブでもないし、めちゃくちゃ仕事が出来るというわけでもないし、背は高いけどものすごくかっこいいというわけでもないし(○貞ですよね…?)、話上手というわけでもない。
本当に真面目がとりえ!という男なんだけれども、話す言葉には決して嘘偽りが無い。
だから余村も、長谷部を信じようと思えたし、心の声が聞こえなくなったことをプラスに考えられるようになるんですよね。

物語の最後は、魔女宅のジジが『にゃあ』と鳴いてキキに擦り寄るシーンと少し似てる。
余村の能力は、戻ったのか戻らなかったのか…実際はどうなんだろう?っていうところで、含みを持たせたナイスな終わり方。
いい余韻で終わりました。幸せであれ。
というか、この二人なら静かに、長く…幸せになれるだろうなぁ。






「…不安なんだ。怖いんだ」


悪い夢から覚めたら、そこは輝く希望に満ちた世界だと思っていたのに、実際は違っていた。


「だって、聴こえないんだぞ?なに考えてるか、ニコニコ笑ってたって腹ん中でなに考えてるか判らないのに」


もう一人で抱え込んでいられなかった。余村は振り返る。


「君はどうして普通にしていられるんだ。僕の心の声は君に届いているのか?怖くないのか?」


「俺だって怖いですよ、不安です。だからこうしてあなたを追いかけてる。不安だから、あなたの気持ちをその口から聞きたいんです。聞いて、信じたいから」


興奮するでも間違ってると責めるでもなく向けられた、真摯な言葉。


「あなたがなくしたのは、たぶん力じゃない。人を信じる気持ちです」






(´;ω;`)




透明度:★★★★★(表紙の淡い水色が、凄くイメージとあってる。)
BL度:★★★(そんなに多くないんだよね。★2.5か迷ったくらい。大切なのはソコじゃない。)
総 合:★★★★☆



心が汚れきってしまった貴方に。心の処方箋、若しくは清涼剤としてどうぞ。



スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(1) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)ゆうき ゆう少年画報社 刊...
2010/06/25(金) 16:23:32 | これ欲しい [Del

プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。