暫。 エイジ・コールド・ブルー
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.06.17 *Thu*

エイジ・コールド・ブルー

何処モのテレビCMが新シリーズになってから、めちゃくちゃ嵌っております。
素敵すぐる。超もえる。
けんさんが携帯だなんて…なんて素敵なのっ…!!!
前のバイブのやつも好きだったけど、今回の防水タイプの宣伝が凄く好き。
けんさんなのにCUTEなんだよっ!?べりきゅーvvvvv
ベンチに放置されて、一人雨にうたれて、ご主人様を待つけんさん…。
慌ててけんさんを探しに行くおかだくん。
濡れたけんさんをハンカチでこしこし拭いて、

岡「うわぁ、濡れちゃったよ」
けん「ちょっとだけね」
岡「ごめんね」
けん「ま、雨嫌いじゃないし」

すてきぃいいい!!!!!!(絶叫)けんさんみたいな携帯ならばっちこい!!!
ちなみに、あべさだおとべーだー卿のも好きだけど。
卿の『解せぬ!!』が、「だぁ~よねぇ~wwww」と思いながら観てるw
きむらかえらのもいいよね。っていうかこのシリーズ凄く可愛くて面白いのだった。
続きのシリーズが楽しみ。最近毎日ようつべで観てる。
今、擬人化の波がこんなところにも来てるんですなぁ…。


ということで。
本日は、『擬人化』ではないけれども、
『ギターに不毛な片想い』
という、帯の言葉に騙された(というか勝手にあたくしたちが擬人化と信じて騙されただけ)、この本の感想をば。
わーるどカップやってるし、蹴り球といったらこの方。という発想で。




エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)エイジ・コールド・ブルー (MARBLE COMICS)
(2008/01)
えすとえむ

商品詳細を見る




題名:エイジ・コールド・ブルー
作者:えすとえむ
初版:2008.2
発行:東京漫画社


*********************************

あらすじ:
ルームメイトでバンドのメンバーのビリーとニック。
メジャーデビューを夢見るビリーに想いをよせるニックだが、友情以上になれず破滅的に。
自由過ぎる生き方のニックにバンドのメンバーも嫌気がさし、それでも突き放すことができないビリーが音楽をとるかニックをとるか、決断を迫られ出した答えとは?
ほんとうに離したくないものとは何か…?
ビリーとニックの出逢い編を描き下ろし、シリーズ4編のほか読み切り2編を加え、それぞれの儚くも美しい青い時代を熱く描く!

*********************************



なんのことは無い、『ギターに不毛な片想い』とは、決して擬人化・人外などでは無く。
バンドのギタリストに片想い、っつーことだったわけでして。うん、まあ…普通そうだよね…。
デビュー作の『ショーが跳ねたら~』の方に収録されてる話の本編みたいな感じかな?
前回は青年とおっちゃんの話だけど、一見年齢差があって繋がりのなさそうな二人が、大好きなバンドのピートが亡くなったということをきっかけに、出会う…そんなお話。
で、読者はきっと誰もが『ピート…?』って思ってたんだろうけど、今回はその本編で、先ずはその青年とその青年と付き合っているニックという男のお話。
そしてもう一つのお話が、そのニックとピートのお話。…なんだけど、これが前回のおっちゃんの物語に繋がってくる。っていう。
四人の話が絡まりあっているんですよね。
えすとえむさんの、全ての物語の世界観が繋がっているというところが好き。

なんというか、改めて読み直してみると、主人公ビリーの相手のニックは、所謂ダメ人間。
音楽の才能には溢れているのに、ドラッグやってるし金使いは荒いし金持って逃げるし(…)、尻軽だし。
バンド仲間は愛想をつかして、白い目でニックをみるんだけども、ビリーだけは彼を見捨てることが出来ない。
話の結末は結構な終わり方ではあるんだけど、決して絶望だけじゃないんですよね。
失ってしまったものは沢山あるけども、パンドラの箱の中のように希望は残った。みたいな。

もう一つのニックとピートとおさーん(ジョーって名前がちゃんとあるのでし)の話の方が、結末がわかっている分、余計に切ない。だって前作の方にも出てくるけど、ピートは鬼籍に入ってしまうからなぁ…。
耳が聴こえなくなってしまったピートは、ジョーと喧嘩別れをして5年も音信不通のまま。
けれど、ニックと会ったことで、ピートはジョーに会おうと決心して連絡をとる。

『最後に殴り合いになったあのパブで待ってる』

だけど、約束した張本人が待ち合わせの場所に来ることは無く、今生の別れとなってしまう。
うぎぃぃいいいーーーーー(ハンケチかみ締め)!!!!
この二人の若かりし頃のお話をもっと読みたい…。いつか出ないかしら。
まぁでも終点はわかってるから辛いんだけど…。
それにしてもピートとジョーの受攻はどっちよ?そういう匂わした描き方も好きですな。


そしてこの表題作とは別に、同じく『ショーが跳ねたら~』の方に出てくる話のスピンオフ…といえばいいのかな?
この話、好きです。えろすで。
攻がどうしようもない野郎だけど、つーか豊太郎(byもりおうがい)並にふざけた野郎だけど、受が裸になって絵の具と絡まるところがすんげーえろすで綺麗。この人のこういう絵が凄く好き。
にしてもこの攻め…!!いい人オーラ出しておきながら、人畜無害ですYO★って顔しておきながら、こういうヤツに限って…限って…かぎってぇえええ!!!…許せないのであった。いつか天誅されろー!!と思うんだけど、それ以上に受のリュシアンが幸せになってくれと祈るばかり。でもその続きが収録されてる『ショー~』の方では幸せになれるので、これで一安心。

もう一つのお話。宇宙飛行士を目指していた青年二人の物語。
そしてその青年の片割れが年を経ておじいさんになった時にたまたま公園で出会った若人と語り合う。
『青年とおっさん』という組み合わせを描かせたらえすとえむさんの右に出るものはいないですね!
しかも二人が直接的にボラ的関係にあるというよりも、お互いに別の相手がいて、それを話し合う。みたいなのが凄く上手。
というかこの話にしろ、表題作にしろ、おさーんの相方は亡くなってますからね。
ふおぉぉおおおおおお!!!!(突っ伏し)

どの話も、何処か一抹の寂しさが残る作品群なのでした。






ビリー、もしも


もしも俺が お前の母親なら簡単に言えたのかな


「おやすみ」なんて言葉と一緒に


どんなに歌を書いても


一番 伝えたい事だけ 言えない






うたうたいのばらっどを思い出した。
そうだよなぁ…。そうなんだよなぁ…。
『愛してる』って言葉はどうしてこんなに伝えるのが難しいんだろうね。




セクスィーえろす度:★★★★★(芸術的なえろす。)
B L度:★★★(そういうシーン自身や描写は少ない位。)
総  合:★★★★☆


この方のえろすシーンは描写は少ないのに描かれる男の人が凄く色気があるんですよね。
バリバリにその手のシーンばっかりを描いてる作品よりも、よっぽど胸がドキドキ。
っていうか結局あたくしたちはこの方の絵が好きなんだよなーということでした。





スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。