暫。 それなりに真剣なんです。 上・下
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.06.05 *Sat*

それなりに真剣なんです。 上・下

本当にあったこわいこわいお話。
そう。それは暫の父親の悪友の身に起こった。
悪友氏は、同窓会の幹事をやっていたのですが、同期お友達ーズの間で少々トラブルというか行き違いがあったとのこと。
で、何とか揉め事を上手く抑えたものの、それにちょっと疲れてしまったので、悪友氏はうちの父親に対して愚痴メールを送ってきたのでございます。

『○○と、▲▲と、□□と××は、陰険で根暗だから、付き合ってたら疲れるねん~』

うちの父親は、メールを見て『ふむん』と納得。『まぁ、確かに根暗だよな。秘密主義っていうか?』と。
だがしかし。父は、そこであることに気づいたのです。

『…もしかして…このメール…自分以外の同期にも送られてないか…?』という事実に。

そう。悪友氏は、うちの父親だけに送ったつもりで、同期のメーリングリストを使ったために、同期数百人に対して、全く同じ内容のメールを一括送信してしまったのです…!!!
もちろん、陰険で根暗vと言った本人達にもwwwwwww

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ま、同窓会ですからね。同窓会に参加しなきゃいい話なんですけどね。
でも、悲しいことに悪友氏は幹事ですからねwww
その後、父に泣きメールが入りました。



『悲しいです(´;ω;`)』



うあああああああああ悲しいどころじゃねーーーよもうこれ自分達がもしやっちゃったらもう軽く死ねる。
どんな公開処刑((゚゚((Д))゚゚))ガクガク



ということで。
今日のつれづれコメント↑は『それなりに深刻なんです。』
てなわけで、本日の感想は、それなりに繋がりで、この本の感想をば。




それなりに真剣なんです。 上 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)それなりに真剣なんです。 上 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
(2010/05/29)
麻生 海

商品詳細を見る




題名:それなりに真剣なんです。
作者:麻生海
初版:2010.6
発行:芳文社


************************************

あらすじ:
大沢直樹は小料理屋「今井」で料理人として働きながら一人娘・千都を育てるシングルファーザー。
恋という感情はとっくに忘れた日々を送っている。
そんな大沢を現在口説いているのが、「今井」の常連・吉岡誠一。
名前を裏切るかのような恋多き男からの誘いをいなしていた大沢だったが、吉岡と同居することになって…。
オトナの恋を描いた大人気作ついにコミックス化!

************************************



麻生さんの挿絵の本は読んできたものの、コミックは初読みだったりします。
なんていうか甘い運命(笑)。
だけど、これは実際は08年度からの連載なので、甘い運命よりも古いんだよね。
麻生さん、甘い運命のお話を読んでどう思ったんだろう…^^
話のあらすじは料理人でシングルファーザーの主人公大沢くんと、その大沢くんが働いているお店に、いつもご飯を食べに来る、ゲイで手の早い節操無しの吉岡。名前が誠一なのに、ちっとも誠実じゃない過去を持つ男(笑)。
で、大沢くんの子供、千都ちゃん。
主にこの三人がメインのお話なんだけども、大沢くんの働くお店の店長があたくしたちは超好きです(*益*)
巻のしょっぱなからギックリ腰で仕事休業中で姿が見えず、代わりに大沢くんがお店を切り盛りしてるっていうから、どんなじいちゃんが出てくるんかィと思ってたら、意外に若い…?っていうか寧ろ吉岡と同期っていうか。
最初はなんか無精ひげぼっさぼっさ&もてなさそうなダメガネおっさん(酷)っぽく、しかもぎっくり腰はこれで四回目ってどんな十字架!?肝心なところで役に立たない奴め…と思っていたのに、最後の方になるにつれてこぎれいになっていき、株が上がりっぱなしですよ奥さん。
一番最終体型は、見た目がレストランシリーズの一、でも性格はくがしゅうじみたいなね。
しかも何気に主人公カップルを一番理解しているという美味しいスタンスでございました。
流石伊達に若年でぎっくり腰のつわものなだけはある。←一応褒め言葉。
吉岡との掛け合いも好きです。漫才のようだ。

話は戻って、大沢くんは男手一つで子供を育てる頑張りやさん。
大沢くんは自分が辛い時、周囲の人間に頼ることの出来ない性分というか、自分で抱え込んじゃうんですね。
だから、千都ちゃんが夜中に熱を出しても、全部一人で解決しようとする。
最初はそんな頑張りやさんの大沢くんを、ちゃらんぽらんな感じの吉岡がほだしていくんかな?と思っていたんですが、そうではないんですねぇ。
対する吉岡も、実は大沢くんと同じかそれ以上に他人に頼るのがニガテで、どうしても他人と一線を画してしまう、ATフィールド全開ほどじゃなくてもまぁ静電気並?ぐらいには壁をつくってしまう男なわけです。
それは、後から判ってくるのですが、吉岡の生い立ちにも関係がありまして。
結局、物語の本質は、愛情に不器用な男二人の想いが成就するまで…なんですねぇ。

吉岡も、来るもの拒まず去るもの追わずみたいに駄目駄目恋愛繰り返してるんですけども、じょじょ~にその理由が明らかになると共に、大沢くんや千都ちゃんと家族になっていくんですね。
…恋人の前に家族…?とも思うんだけど、吉岡の過去を知ったなら、納得。
もういいじゃん別に家族でも!大沢くん、吉岡と同棲しちゃえよ、千都ちゃんと一緒にさー。
…とはそう簡単に問屋が卸さないわけです。
それでも、二人の仲がじり、じりと進んでいくのは、娘千都ちゃんの力なんですねぇ。
まさに子はかすがい。この千都ちゃんがかわいくてねぇ。ほんと甘い運命の海ちゃんみたいな感じ。
話がすすんでくると、髪の毛を二つにわけて括るんだけど、それが初音みくみたいなのだった。
しかもネギまで出てきた時には(笑)。

そうして、ストーリーは分かれた奥さんが新しく出来た家族に千都ちゃんを引き取りたいということで、一大騒動になるわけなんですけども、どうやって話を終結させるのか…!?とハラハラしていたら、なんとまさかの店長登場ですよえええええ^^^^
顔は一、性格はくがしゅうじですからね。無敵な店長ですよ。戦ってる時に腰いわさなくてよかったよねw
ということで、店長の振るったナタのおかげで、物語は収束に向かうのでありました。
店長のお話、続編で出ないかな…。





あいつは誰にでも優しいトコが好かん


…あとな 誰にでも心ひらいて手をさし出すふりして


自分が困ってる時には助けを呼ばないトコも嫌いだな


いつも余裕そうに笑って我慢強いとかそういうんじゃなく


拒まれてる感がするんだよ


それでいて懐いてるみたいに近くをうろつかれるとハラが立つ






【勝手に評価】
家族の絆度:★★★★★(とっても真剣でした。)
B L度:★★★(最後の最後でやっとこさ。上巻はちっすどまり。でもこれでいいんじゃないかな。)
総  合:★★★★



ノンケ店長が転がり落ちていく様を見てみたいなぁと思った次第でしたv




スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。