暫。 SEX PISTOLS ⑤
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.04.24 *Sat*

SEX PISTOLS ⑤

今日、職場のバイト君がこんな質問をしてきた。

A君「あのね、この世界の昆虫が全て2メートルになったとします。どの昆虫が最強だと思いますか?」

おさる「…そもそも何故その考えに至ったのか、寧ろこっちが聞きたい方だが…。」

そしたら別のバイト君がこう答えた。

B君「蟻やろ。アリ。だってあいつら、自分より数倍もある虫とか食べ物を運ぶし、噛む力強いし、体も堅そうやし、なんてったって奴ら集団行動やろ?」

うああああああ想像したくねええええええ!!!!!!…と考えつつも、こう回答した。

おさる「蚊とかどうよ?奴らが2メートルになって血を吸ってきたら刺された時点で待つのは死じゃね?」

A君「確かに!!うわっほんまや!!!色々な人の意見を聞くもんだー!」

A君は猛烈に感動していた。十人十色。いろいろな意見があるよね。でも見た目的に嫌なのは蜘蛛かな。
ごっきーもやだけど。めっちゃやだけど。つーか無理。蜘蛛とごっきーは無理。絶対無理。


つーことで。
猛烈に感動…繋がりで、本日はこの本の感想をば。
月末に新刊ラッシュがあるから、それまでは古い本を攻めていこう。



SEX PISTOLS 5 (ビーボーイコミックス)SEX PISTOLS 5 (ビーボーイコミックス)
(2006/12/09)
寿 たらこ

商品詳細を見る




題名:SEX PISTOLS ⑤
作者:寿たらこ
初版:2006.12
発行:リブレ出版


****************************************

あらすじ:
絶滅してしまった幻の種「天狗」。その血を密かに継ぐ者がいた…。
一方、差別を受けるという理由から、身分を偽る「蝙蝠」の若葉。
まともな恋愛とは一生無縁だと思っていた若葉を、運命がある高貴な男へと繋いでゆく…。
そして、苦しい誤解の連続だった大将とシマの2人も、BABY誕生でついに幸福な(♂×♂)夫婦に。
待望の第5巻!

****************************************



あたくしたちの中でのゆるぎない名作です。
このシリーズの中では、カップリングとして一番好きなのは2巻メインの米国×イインチョがダントツなんですけど、物語としてはこの巻が秀逸だと思います。
ボラを超える名著。
でも、実は一回目読んだ時の感想は、『ふ~ん。』だったんですよ。しかも二人とも。
だけど、2回目に何となく読んだ時、『あれっ?これ…結構いい話じゃね…?こういう話だったっけ?』と思い。
更に3回目読んでみると、『こっ…これは…実は凄い話じゃないのか…?』となったんですよね。
今となっては1回目の自分達の感想が理解できないのだった。
名作以外の何者でもないじゃないか…。というのが到達した結論。大好きです。
4巻までの雰囲気とはがらっと変って御伽噺のような世界になっています。

うおお…そう言ってる間にじっくりと読み直してしまうじゃないか…(頭抱え)!!
もうこの話、何度読んでもいい話なのよ。
大まかに言ってしまうと、アラブものなんだけども多分他のアラブものとは一線を隔してるんですよ。
アラブってどうしても…攻がこう、王子様だったりとか偉い立場の人で、ハーレムを持ってる中で最初は奴隷だったりとかする受を、『お前だけを…』みたいな感じで一人だけ選んだりとかね。そんなのね。…あんまり数読まないから断言出来ないけど…。
というか、アラブものに限らずボラものでは『お前だけ』とか『愛する相手の為に自分の持つ地位を投げ出してまで相手のもとへ行く』みたいなのが好まれるし、多いと思うんです。
まぁ私達も、基本読むならやっぱりハッピーエンドがいいんで、上記の内容が悪いというわけでは決してないですよ、念のため。
でも、この話の凄いところで、他のアラブものと確実に一線を隔していると思ったのは、
攻のセスは受の若葉だけを選ばないんですよ。若葉だけを選ばないどころか、第二夫人で正妻は別にいるんです。
だけど、ハッピーエンドなんですよ。この上なく。
そこが凄いところなんですよ。

セスは所謂王子様で、次期国王。重種であり、幻の種の血を引く天狗の鷹。
対する若葉は至って普通の一般人…というか、種別としては軽種の、しかも蝙蝠。
蝙蝠は見栄えもあまりよくないし、あっちつかずこっちつかずというイメージの為に蝙蝠だとばれたら迫害される。
だから、すさんだ生活をしてたんですね。

簡単に言ったら身分違いの恋…なんだけど、とても重くてねぇ…。
お互いこれ以上ない位に相手のことを想いやってるんだけど、セスの選択は有力者の出身である婚約者との正式な結婚だったんです。
『俺はお前が好きだから!』と言って国を捨てて、相手のもとに行くと言うのは、本人達だけにとっては幸せでも、残された国民や王以下の臣下達のことは考えてないですよね。
セスはそこまで無責任になることが出来なかった。
若葉のことはこれ以上ない位に愛しているんだけども、それと同じくらいに国も愛しているから、その愛している国を捨てていくことは出来ない。
だから婚約者との婚約を破棄することも出来ない。
全てのことに誠実でありすぎる彼が選んだ結論は、ボラの中ではちょっと考えられないかもしれないけれど、より多くの人が幸せな結末を迎える為の、ベストではないかもしれないけれども、よりベターな選択をした…と考えるべきなのかも。

心から愛し合っていた二人ですが、事件に巻き込まれ、若葉は単身日本に帰ります。
そうして離れ離れになって2年後。
セスが迎えにやってくるのだけど、それも第二夫人、という椅子で若葉とその子供を迎える為でした。
それも最初は「えええええええ」って思ったんだけど、そこをハッピーエンドに持ってきたたらこ先生の筆力に乾杯。
ここまで来て、最後の最後で完璧なハッピーエンドになるんです。
たとえ第二夫人という立場であったとしても。

正妻がいるけど『やっぱりお前が…』っていうのじゃないんですね。
正妻は正妻として、あくまで若葉は第二夫人なのだけど、皆が悲しまない幸せな結末です。
この正妻のサラームがすっごくいい人でさぁ…。
なんていうか、多分、セスにとっては妻というよりも『同士』というか、国を支えていく共同統治者に近い感覚なんだろうなと思ったり。
サラーム好きだよ…。

こうして、あたくしたちはただただ脱帽するしかないのでした。
何回も磨り減るほど読み直して、コミック手垢にまみれてるし、このセクピスシリーズの中では読み直し率は一番高いかも。
でも、何度読んでも飽きない…というか、多分何年経っても好きなままなんだろうなって思う。
暫の中では、時の試金石に耐え得る作品の中の一つですね。







死なせやしない


限りなく生きて欲しい


あのクソ親父でさえオレをここまで生かしたんだから


ひとひとりを生かすのは大変だ


それはとても危険で


あのひとはオレを否定した


でも


命までは否定しなかった







↑若葉が砂漠で置き去りにされて生死をさまよっている時に、自分の父親のことを思い出したシーン。
この言葉は涙なしには読めないのですよ。
未読の方はよく判らないと思うんですが、是非読んで欲しい。
この巻は魚住君シリーズみたいに、心に沁み込むと思うので。





【勝手に評価】
永遠の名作度:★★★★★(好きなんです…本気の告白)
B L度:★★★☆(そこそこありますよ)
総  合:★★★★★


↑真面目に★を五つ。…なんだけど。★五つ作品の中でもベストスリーには間違いなく入るトップ中のトップ作品。
そして全然上の感想では書けなかったんだけども、主人公カプ二人の共通の友人、長持が好きだ。
箪笥長持ち。メガネにゴン。長持ナイスキャラだわー。
パイソンだけどヘビっぽくないなーと思ってたんだが、『つかみ所がない』という点ではやっぱりヘビなのかも。






スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。