暫。 異国色恋浪漫譚
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.04.17 *Sat*

異国色恋浪漫譚

公開初日に蟻巣を観にいってきた!
ええ。例に漏れずイカれ過ぎた帽子屋を見る為に。まっどはったー。
いやー。素敵にイカれてた。何処までがCGに頼ってるんだかさっぱりわからない。
あの動きといい(特に終盤で出てくる踊りね)。
最初はえええええって思った見た目だけど、話が進むにつれて段々可愛らしく見えてくるこの不思議。
しかしこの映画を見てから久しぶりにうぉんかさんの画像を見てみたら、ちょーフツーに見えたw
みんなも見終わる頃にははったーのことが愛しくなるに違いない。
物語自体は蟻巣らしいきもかわいさが上手く表現出来てたと思います。
カエルのぬめぬめとした質感とかもうすんごいの。
話の内容も意味があるようで意味が無い…というか、まぁぶっちゃけ単なる壮大な姉妹喧嘩だよねっていうオチなんだけど、蟻巣が自立して大人になっていくというのも主題にあるということで。
というか、映画を見る前までは強烈な姉に美人な妹という感じだったけど、映画見たら妹も大概だよなと思われ。
何だあの不思議ちゃんは。
『私、殺生はしないのぉ~』ってくるくる回りながら言っておいて、代わりに蟻巣に敵を殺させようとするあたりとか、「てんめぇええええ自分は手ぇ汚さねーのかよ!そりゃないぜ女王様★」みたいな突っ込みを入れながら見てたんだけど、そもそも蟻巣の原作自体不条理な話だから原作に忠実といっちゃー忠実なんだろうなー。
喧嘩に勝つには勝ったけども、妹の女王様もほんと大概。そんなエンディング。美人ならば許されるのか。まぁ無駄な人殺しをしない分はマシなのか?ベストではなくベターな選択ということか。まさに不条理。
そういえばはんぷてぃーだんぷてぃーが出てこないなーと思ってたんだけど、代わりに似たような双子が出てたね。
ちなみにちぇしゃ猫が好きなんだけど、素敵なニタリ笑い具合でかわゆかった。もさもさしたいもさもさ。
蟻巣好きの方は是非御覧になられるとよろしいかと。
もちろん、でっぷさん好きの方にも是非。


ということで。
本日の感想は、イカれ過ぎた帽子屋もかなりいっちゃってたけど、こちらも別の次元でぶっとんでるよねというか大概だよねというこの本の感想をば。


異国色恋浪漫譚 (ドラコミックス (No.040))異国色恋浪漫譚 (ドラコミックス (No.040))
(2003/04)
やまね あやの

商品詳細を見る




題名:異国色恋浪漫譚
作者:やまねあやの
初版:2003.5
発行:コアマガジン


****************************************

あらすじ:
豪華客船で結婚式を挙げた鸞丸は、酔ったはずみで船長・アルと一夜を共にしてしまう。
その後、イタリアの地で再会した2人は、大きなトラブルに巻き込まれてしまい!?
華麗なる恋の幕が、今開く!!

****************************************



ふんどして。表紙がふんどして。こんなの…しゅ×3の『押忍!寺子屋塾』とこの漫画位しかおれたちは知らないよ…!!
主人公の鸞丸は893の跡取息子でこうね、政略結婚的なもので幼馴染と式を挙げることになったんですが、そのハネムーン旅行の最中のクルージングで運命の出会いをアル(♂)としてしまうわけなんですよ。
その展開自体でなかなかぶっ飛んでるなぁ…と誰しもが思うんですが、この話はそれだけではないのですよ…!
鸞丸は若いにも関わらず江戸っ子気質で、常に着物。下着はラブふんどし。
そんな二人が出会って、ちょめちょめ致すんですが、おいおいおいちょっとまてよおぉぉいくら政略結婚とはいえ鸞丸よ。YOU新婚初夜だよね?なのに新妻をほっぽって何を致しておるか!
しかも貴方致す方ではなくて致される方ではないか!嗚呼もう日本語が何を言ってるのかわけわからんくなってきたではないか!
そこでまずこの話のぶっとび具合を堪能できます。
で、そんなあつーいアルと鸞丸も、船を降りると離れ離れになっちゃうんです。
つーかそもそも鸞丸は新婚旅行の真っ最中だし、アルは船長だしな!仕事!仕事!YOU仕事!!

こうして離れ離れになって本来の新婚旅行を楽しむ鸞丸なんですが、皆からおいてけぼりくって所謂迷子ってやつになってしまうんですねぇ。お頭、大丈夫か。お前、仮にも次のトップだろうよ…。
が。びっくりするくらい奇跡的に(笑)、アルがそこを通りかかると。イタリアの広さ舐めんなwwwwwwwww
そんなラブラブいたしてる二人のところへちょこちょこちょこちょこ出てくる鸞丸の幼馴染でありライバルみたいな龍司。所謂当て馬的役割なんですが、当て馬っていうよりも寧ろ苦労人?実を言うと結構好きなんだけどな。
そんなノンケの龍司はラブラブいたしている二人を見て、ショックを隠せないわけなんですよ。
で、話はとんとんと進んでいき、気づけば鸞丸、拉致(!)され人身売買(!!)されそうになってますがおーいだいじょうぶかー。お前がというよりも組の将来が(素)。
なんかもう迷子になったり拉致&オークションって…。
でーオークションにかけられた鸞丸を見つけた龍司は『てーへんだ!あんなおっさんに鸞丸が買われてしまう!』と焦って自分もオークションに参加してるっていうね。参加することに意義がある(?)たとえドルと円を間違っていたとしても。
挙句、弱っている鸞丸を見てドキがムネムネしてしまう龍司。おいたわしや。
そんな行方不明に陥っている旦那を探す妻、薫さん。男らしくてカッコヨス。でもおいたわしや。
っていうか薫さんが組をついだらよろしいがな。

さて話は全然変るけど、あたくしたち暫は、銀次が一番好きです。ばさらでいうところの小十郎みたいなね。
そんでもってそのサイドストーリーが7年の時を経て今月CDで発売されるんだってね…!
あははははっ銀次が出るなら聴いてみたいよ…!モノローグで『若さん…』とか言ってつぶやいてるんだろうな。うはぁ。スナ●キンになってしまった銀次…。

あと短編も一話収録されてるんだけど、やっぱやまねあやのーって感じです。
この方の描く話って、全てがこう…やまねあやのなんですよね。や、この方の作品を全く読んでない人には全くわからない説明ですみませんね。でも、やまねあやのはやまねあやのなんですよ。
絵が美しいんだけど、この人の絵って直ぐわかるのが凄いと思う。
そして、この本は7年前の出版なのに充分絵が綺麗なところが凄いよねとも。この時点で既に出来上がってたんだなぁって。

そんなこんなで、ふんどしを楽しみたい方には是非(総評がそれですか)。







「おい こいつらまさか近江を売り飛ばそうってのか!?
 
アイツはまがりなりにも極/道の息子だぞ?そんなことしたらイタリアに血の雨が…」



『50,000!』



『50,000です 他にございませんか?50,000!

なければそちらの方に…』



「くそ…ごっ…五万千円!!」



「おい権藤 ドルだからな一応」







↑この場面、丁度オークションで鸞丸(近江)が売られそうになってる場面なんだけども、龍司(権藤)がそれを見て慌てて何とかしようと自分もオークションに参加してみるんだけど、金額注意ね(笑)っていうシーン。




【勝手に評価】
ある意味一番のファンタジー作品度:★★★★★(突っ込みがいのある作品は大好きですよ)
B L度:★★★★(やまねあやの氏の作品はえろすシーンが多いよね)
総  合:★★★★



鸞丸みたいなのがお頭だったら日本も平和だよね。よきかなよきかな。







スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。