暫。 HOME
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.01.01 *Fri*

HOME

こちらではお初にお目にかかります。
初めての方もそうでない方もあけましておめでとうございます。
万里とおさるという浪速在住の姉妹です。
新年早々思う存分腐的なことを叫びたいと思い、その衝動のままにブログをレンタルしてきましたよええ。
そんなろくでもないボケと突っ込みのブログですがどうぞよしなに。
こちらでは、基本自分達の読んだボラ本(BL本のことをあたくしたちはそう読んでおります)の感想なんかをつれづれと書いていこうと思います。
一発目からきっついのを選んだと思いますが(苦笑)、今後は新旧及び小説に漫画ごちゃまぜでつづっていきます。
いろいろ脱線してたらすんません。
あ、そうそう誤字脱字も多いんで、そこんとこよろしくです(一発目から志の垣根が低すぎる…)。

ちなみに、あたくしたち姉妹の紹介がてらに、年末年始の喜怒哀楽を搦めてお送り致します。

喜:おみくじが大吉だった。小躍りする。

怒:つかおみくじが100円から200円に値上がりしてたんですけど!こんなところでも不況の波を感じる…。

哀:1月1日になり、「新年初風呂じゃ~w」と二人して風呂場に飛び込んだら、湯船がからっぽ。
  なぜだ。私達家族は今全員そろっていて7人もいるはずである。暫の前に5人も入っているはずである。
  いや、なんだかよく見たら底から1センチくらい?は湯(っていうかもはや水)がまだ残っていた。
  もういっそまったくなかった方がいいんですけどおぉぉぉおお!!!!つか寒っ!!寒すぎるわ!!!!
  真冬の風呂場に真っ裸でサブいぼを立ててうずくまる成人女性二人。馬鹿だ…。
  とにかくお湯を張るにしても寒くて我慢できないのでシャワーを出しながらお湯を出そうとしたら
  案の定シャワーの出が悪い…orz駄目だよこれ幸先悪すぎるよこんな新年。…おみくじの大吉USOだろ?

哀:年末からとりかかった大掃除がいまだ終わらない罠。ごみ袋6袋分も出たんですけど?
  いまだ腐海が広がっているのは暫家の土が汚れているからなんでしょうか。

哀:年越し本がHOMEだった…。心がばっきばきに複雑骨折する。

楽:これらを哀しく思いながらもどこかしら『日記のネタができたw』と感じている楽観的思考の私達。
  つか哀ばっかり…。


ってことで前置き長くなりましたが、ブログ一発目は年末に読んでこころがばっきばきに折れた木原氏の『HOME』でお送りしたいと思います。
夜を渡る月の船とか、月に笑うを読んだにもかかわらず、あえて一発目を古い本で選ぶ…。

HOME (アイスノベルズ)HOME (アイスノベルズ)
(2003/05)
木原 音瀬

商品詳細を見る



題名:HOME
作者:木原音瀬
挿絵:藤田貴美
初出:1999.7 小説アイス 
発行:オークラ出版



******************************************

あらすじ:
青木篤は好きだった男の姉の子供・直己を育ててきた。無口で笑顔の乏しい直己には、死んだ男の明るさも面影もなく、篤を嫌っているようにさえ見えた。直己が大学生になったのを機に、篤は別れて暮らすことを提案。しかし直己はガンとして同意しなかった。そのうえ、篤は無理矢理抱こうとし…。過れちがう二人の心を描いた待望の問題作が、長い月日を経て登場!衝撃の書き下ろし続編あり。

******************************************



これを読む前、すっごい不思議だったんですよね。
なんでこんなにHOMEっていう字が、こうまで殺伐とした字なのか…。
ほら、なんかホームって言ったら、ケンタッキーの我が家みたいな音楽が似合いそうなあったかそうなイメージじゃないですか。それがなんでこんな…って思って読み終わって、改めて表紙を見たら、脱帽した。
このカバーデザイン考えた人、凄い…!凄すぎる。
この物語の本質を、題名たった一言で見事に表現しているんですよ。
この話って、なんとなく書かれていた時期から考えても、COLDシリーズの原型っぽいような印象を受けました。
でも、心の衝撃度は木原氏の中でもかなり上位にランキングするんじゃなかろうか…。
氏の作品を全て読んだわけではないので、断言は出来ないんですが。
あれですね、この話の結末を端的にあらわすとしたら、オー=ヘンリー原作の『賢者の贈り物』の主人公二人。
妻は愛する夫の為に自慢の髪を切って売り、それをお金に換えて夫の所有している時計の鎖を購入した。
対する夫は、愛する妻に自分の時計を換金して妻の長い髪をくしけずる為のくしを購入した。
…っていう話。
ただひとつ、この話とHOMEの結末が大きく違うところは、賢者の贈り物の方は、愛する二人の気持ちが通じ合っており、未来が明るい展望だったこと。だって失われても髪は伸びるし、時計はお金が出来たらまた手元に戻るから。
でも、HOMEの二人の結末は違う。二人がそれぞれに喪ってしまったものは、おそらくもう二度と戻ってこない。
愛し合っていた筈なのに、紆余曲折あっても、なんとかお互いに気持ちは通じ合った筈なのに。
交わっていたと私達が感じていたのは、実はそれは錯角の関係だったのか。
…ああそうか、彼らは愛し合ってはいたけれど、愛の方向がずれていて気持ちが通じているわけではなかったんだな、と今更ながらに気づいてしまった悲しさ。
求め続けるけれども、永遠に割り切れることのない円周率のようだ。




「あんた、泣いてるの?」

慌てて首を横に振ったけれど、濡らした指先は誤魔化せなかった。

「痛いのか」

首を横に振る。

「じゃどうして泣くんだ」

問われて、涙が止まらなくなった。小さくしゃくりあげる。

「何が、悲しい?」

君が悲しいとは言えない。






そう心の中で告げる君も悲しい…。



まだ未読の方、普通のボラは飽きた方、心に自ら枷をかせたい方。そんな方にお勧め。
暫は心がばっきばきのぼっきぼきの複雑骨折になりました。
…なのに読み返してしまうのは、なぜなんだろうな。



【勝手に評価】
衝撃度:★★★★★
BL度:★☆
総 合:★★★★☆


スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

万里&おさる

Author:万里&おさる
万里とおさるの腐女子シスターズ。
姉なのにおさるに虐げられて過ごす、万年ディフェンス女、万里。
オフェンス担当、α派の笑顔で人をぶった切る(人に言われた)テラドSなオフェンス担当の妹おさる。
二人合わせて暫。

【当ブログについて】
・ネタバレしまくってます。基本的に最初は日常の日記、折りたたみで本の感想になっています。
・コメント大歓迎です。但し、ブログ内容と無関係と判断したものや、誹謗中傷の類は削除させて頂く可能性があります。
・御同類の方のみリンクフリーとさせて頂きます。でも一言ご報告頂けると小躍りして喜びます。



お気に召しましたらぽちっとしたって下さいまし^^



最新記事



FC2掲示板



カテゴリ

小説:英田サキ (13)
小説:暁由宇 (1)
小説:洸 (1)
小説:安曇ひかる (2)
小説:五百香ノエル (3)
小説:榎田尤利 (5)
小説:いつき朔夜 (1)
小説:音理雄 (1)
小説:鬼塚ツヤコ (1)
小説:神楽日夏 (1)
小説:華藤えれな (2)
小説:加納邑 (2)
小説:綺月陣 (1)
小説:樹生かなめ (14)
小説:久我有加 (1)
小説:楠田雅紀 (1)
小説:剛しいら (6)
小説:木原音瀬 (16)
小説:榊花月 (1)
小説:崎谷はるひ (1)
小説:砂床あい (1)
小説:沙野風結子 (3)
小説:愁堂れな (2)
小説:砂原糖子 (4)
小説:しみず水都 (1)
小説:清白ミユキ (1)
小説:須和雪里 (1)
小説:高遠琉加 (9)
小説:谷崎泉 (1)
小説:玉木ゆら (1)
小説:中原一也 (1)
小説:萩野シロ (2)
小説:花川戸菖蒲 (1)
小説:バーバラ片桐 (5)
小説:鳩村衣杏 (1)
小説:花郎藤子 (2)
小説:樋口美沙緒 (3)
小説:火崎勇 (3)
小説:ひちわゆか (2)
小説:日向唯稀 (2)
小説:真崎ひかる (2)
小説:松岡なつき (2)
小説:松野たばこ (1)
小説:御木宏美 (1)
小説:水戸泉 (3)
小説:水壬楓子 (2)
小説:睦月朔子 (1)
小説:夜光花 (6)
小説:夕映月子 (1)
漫画:秋葉東子 (3)
漫画:亜樹良のりかず (1)
漫画:麻生海 (1)
漫画:阿仁谷ユイジ (2)
漫画:阿部あかね (2)
漫画:あべ美幸 (2)
漫画:雨隠ギド (1)
漫画:天城れの (2)
漫画:ARUKU (5)
漫画:池玲文 (3)
漫画:石川ちか (1)
漫画:石原理 (5)
漫画:井上佐藤 (3)
漫画:海野サチ (1)
漫画:えすとえむ (3)
漫画:エンゾウ (1)
漫画:扇ゆずは (4)
漫画:桜巳亞子 (1)
漫画:岡田屋鉄蔵 (2)
漫画:奥山ぷく (2)
漫画:小椋ムク (1)
漫画:小山田あみ (1)
漫画:梶本潤 (3)
漫画:語シスコ (1)
漫画:雁須磨子 (2)
漫画:川唯東子 (3)
漫画:河井英槻 (1)
漫画:木下けい子 (4)
漫画:京山あつき (3)
漫画:琥狗ハヤテ (1)
漫画:草間さかえ (5)
漫画:九重シャム (1)
漫画:国枝彩香 (2)
漫画:九號 (1)
漫画:車折まゆ (1)
漫画:クロオ千尋 (1)
漫画:黄河洋一郎 (1)
漫画:寿たらこ (6)
漫画:サガミワカ (1)
漫画:櫻井しゅしゅしゅ (1)
漫画:サクラサクヤ (1)
漫画:定広美香 (1)
漫画:嶋二 (2)
漫画:志水ゆき (4)
漫画:蛇龍どくろ (1)
漫画:舟斎文子 (2)
漫画:SHOOWA (3)
漫画:神葉理世 (2)
漫画:杉原チャコ (1)
漫画:杉本亜未 (1)
漫画:鈴木ツタ (3)
漫画:関口かんこ (1)
漫画:高久尚子 (1)
漫画:タカツキノボル (1)
漫画:高永ひなこ (1)
漫画:高峰顕 (1)
漫画:宝井さき (1)
漫画:宝井理人 (2)
漫画:田倉トヲル (1)
漫画:館野とお子 (2)
漫画:環レン (1)
漫画:椿かつみ (1)
漫画:天禅桃子 (1)
漫画:トジツキハジメ (1)
漫画:直野儚羅 (1)
漫画:中村かなこ (1)
漫画:夏目イサク (4)
漫画:七織ニナコ (1)
漫画:楢崎壮太 (1)
漫画:南国ばなな (1)
漫画:二宮悦巳 (2)
漫画:ねこ田米蔵 (1)
漫画:葉芝真己 (3)
漫画:日高ショーコ (2)
漫画:びっけ (1)
漫画:秀良子 (3)
漫画:平喜多ゆや (1)
漫画:葛井美鳥 (4)
漫画:藤谷陽子 (1)
漫画:藤たまき (2)
漫画:古田アキラ (1)
漫画:ホームラン・拳 (1)
漫画:ホコ (1)
漫画:穂波ゆきね (1)
漫画:本庄りえ (1)
漫画:本間アキラ (4)
漫画:真枝真弓 (1)
漫画:まさお三月 (2)
漫画:斑目ヒロ (0)
漫画:町屋はとこ (1)
漫画:松尾マアタ (1)
漫画:松本花 (2)
漫画:麻々原絵里依 (3)
漫画:ミナヅキアキラ (1)
漫画:宮城とおこ (1)
漫画:宮本佳野 (1)
漫画:むとべりょう (1)
漫画:明治カナ子 (3)
漫画:萌木ゆう (1)
漫画:本木あや (1)
漫画:元ハルコ (2)
漫画:桃山なおこ (1)
漫画:もろづみすみとも (1)
漫画:門地かおり (3)
漫画:モンデンアキコ (1)
漫画:ヤマシタトモコ (2)
漫画:山田コウタ (1)
漫画:山田2丁目 (2)
漫画:山田ロック (1)
漫画:大和名瀬 (1)
漫画:山中ヒコ (3)
漫画:山本小鉄子 (3)
漫画:やまねあやの (4)
漫画:柚摩サトル (1)
漫画:ユキムラ (2)
漫画:吉池マスコ (3)
漫画:ヨネダコウ (1)
漫画:依田沙江美 (1)
漫画:わたなべあじあ (1)
一般書:岩本ナオ (1)
一般書:大武ユキ (1)
その他 (5)



FC2カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 暫。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。